グズグズした天気が続いていてどうせ景色は無いだろうと思ったが、訓練だから行ってみることにした。
笹平登山口で待ち合わせ出発。月山から下りてきて湿地に出たらカルガモがノンビリ泳いでいた。花の盛りの頃が最高なのだが、青々として気分の良い所だ。

もう小腹が減ってきて、時間はまだ早いので寿老の滝まで行って昼食としよう。
林道を下って行くとフクロウが「ホーホー」鳴いていた。
道端で何か動いている、こんな所にサワガニじゃないか。もう少しで踏みつけてしまうところだった。「素揚げにするとウマイぞ」今日はやめておこう、ガンバッテ繁殖して
下さい。
胸突き八丁を上がり屏風山へ、恵那山の景色はゼロだった。林道で出会った登山者から12,3人のパーティーが来ていると聞いて、昼時なので出会ってもいいくらい
だが誰もいなかった。おかしい、どこへ行ったんだろう。

駐車場へ戻って来たのが15時、山の中に7時間くらいいた。大分疲れている感じで、さっさと帰ってビールをやろう。


_5170082.jpg
月山から湿地へ下って行く

_5170083.jpg
黒の田東湿地、だあれもいない

_5170120.jpg
湿地にカルガモが来ていた

P5170092.jpg
マムシグサ

P5170097.jpg
相当怒っている

_5170099.jpg
寿老の滝

_5170100.jpg_5170108.jpg
東屋で昼食、元気が出たところで北屏風山へ

_5170112.jpg
山頂からの眺めはゼロ

_5170111.jpg
天気が良ければ・・・

P5170114.jpg
2018.06.02 Sat l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
あい変らず若人の丘を歩いているわけで、散歩中のオジサンと出会って「おはようございます」
ホオジロがやけに多い日でシャッターチャンスはいくらでもある。カワラヒワも来て
いて楽しいが目的はオオルリなのでこの前見かけた場所へ行ってみると同じ所に
いるわけもなくて、鳴き声が聞こえてくるがどこにいるのか探しても分らなかった。

雲があらかた消えて高台に出たら御嶽山が良く見えるだろうと行ってみた。雪解けが進んでいて地肌が見える。
まだ噴火の恐れがあるので登らないことにしているが、いつまでもそんなことばかり言っていたら富士山だって登れない。御嶽山がどうなっているか気になって見て
みたいものだ。あとどのくらい経ったら元に戻るのだろうか。


DSCN7129.jpg
園戸池を一周する

DSCN7456.jpg
カルガモがスイスイ泳いでいた

DSCN7426.jpg
ホオジロ

DSCN7326.jpg
カワラヒワ

P5220258.jpg
タツナミソウ

DSCN7256.jpg
朴葉の花

_5240260.jpg
御嶽山

DSCN7267.jpg
不法投棄調査中、キビタキが逃げて行ってしまった
2018.05.30 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ヒマだけはいくらでもあるが、なかなか予定が立てられなくてやっと大日ヶ岳へ行った。ひるがの高原の登山口から頂上まで7キロ、ゆっくり歩いても3時間半も
かければ着くだろう。
登山道は新緑でいっぱい、一ぷく平を過ぎると傾斜がキツくなってくるが、屏風山で訓練しているのでそれ程驚くこともないし、疲れも感じない。
標高は1500mを超えたろうかチゴユリ、ショウジョウバカマ、タムシバがまだ咲いていた。
展望台に出たら北アルプスがズラリと並んでいて正面に大日ヶ岳が大きく見える。
眺めは実に素晴らしい、来て良かったなあ。

先客たちの中には豪華な食事をやっている連中がいるが、昼食はコンビニで買った定番のオニギリ、デザートはバナナだ。しばらく休んでいたら反対側の桧峠から
登山者が上がって来た。
頂上には1時間も居れば十分、そろそろ下山しよう。根曲がり竹を教えてくれたので
これを採って土産にした。久しぶりの本格的登山でかなりバテてきて
「オーイここで休むぞー」
山ガール三人組が追い越して行ったが休み休み下った。山から下りて来たら楽しそうに笑っていたがこっちはヤレヤレだ。あとは温泉へ向かうだけで一風呂浴びて戻った。

_5200131.jpg
大日ヶ岳登山口

_5200138.jpg
ブナ林の中を上がって行く

_5200158.jpg
一ぷく平でひと休み

_5200171.jpg
白山、別山が見え始めた

_5200168.jpgP5200151.jpg
タムシバ ギンリョウソウ

P5200199.jpgP5200187.jpg
イワナシ ミツバオウレン

_5200204.jpg
残雪があって涼しい

_5200237.jpg
谷筋にも残雪

_5200182.jpg
展望台から大日ヶ岳、ここまで来ると山頂は近い

P5200238.jpg
御嶽山

_5200236.jpg
北アルプス

_5200244.jpg
乗鞍岳

_5200228.jpg
白山、別山

_5200211.jpg
大日ヶ岳山頂

_5200218.jpg
先客たちがくつろいでいた

_5200252.jpg
根曲がり竹
2018.05.26 Sat l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
大高城へ行った時は大型連休の渋滞に捲き込まれて大分時間を損したので、
善照寺砦はしばらく経ってから出かけた。信長が兵を集めた所で、どんな砦か。

資料を見ると信長は清州城を出て熱田神宮の南あたりで鷲津砦、丸根砦から煙が
上がっているのを見たらしい。名鉄鳴海駅に出たら高台の方へ行けばいいだろうと
見当をつけてしばらく上がって行くとそこが善照寺砦跡で、カンは鈍っていないようだ。
周囲を住宅に囲まれ今は砦公園になっている。さすがに見晴らしの良い所で、
展望台に上がると「おけはざま山」が良く見える。ここから中島砦へ移り、
かかれかかれと今川軍へ向かって行った。

ちょっとした森が残っていてスズメがチュンチュン鳴いていた。善照寺砦のスズメは
他とは少し違う感じ。せめてこのままで残っていてほしいものだ。
この辺り信長が築いた砦が五つあるのでそのうち訪れてみよう。


_5010241.jpg
住宅地の前が登城口

_5010242.jpg
善照寺砦跡へ上がって行く

_5010243.jpg
曲輪跡

_5010254.jpg
曲輪のすぐ下まで住宅地

_5010258.jpg
曲輪跡

_5010236.jpg
善照寺砦跡の案内板

_5010238.jpg
櫓台跡は公園になっている

_5010232.jpg
展望台から「おけはざま山」
2018.05.22 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
そろそろミカワバイケイソウが咲いているんじゃないかと竜吟の滝へ行ったら予測どおりでピッタリ。管理所の前でクリンソウとエビネランも咲いていて苗から育てて
移植したものだそうだ。
他に行く所もないので水晶山へ登ってみよう。朝から雲が多くて頂上手前で
とうとう雨が落ちてきた。雨具は持ってきてないので東屋で止むまで待っていたら
本降りになっていつまでたっても止んでくれない。

仕方がない、濡れるだけだと下ることにした。もう少し待っておれば良かったのだが、管理所まで戻って来たら今頃天候が回復してきた。
野鳥が飛んできて枝に止まったので覗いてみたらキビタキらしい。慌ててバシャ
バシャやって思ったより写っていた。
もう一度戻ってもいいが、行ってみようという気にならない。こんなことではダメだが
近い所なので又来ればいいやと下った。


_5090015.jpg
ミカワバイケイソウ

_5090014.jpg
ミカワバイケイソウ

_5080350.jpg_5080356.jpg
クリンソウは花盛り

_5080357.jpg_5090010.jpg
クリンソウ

P5090005.jpg
エビネラン

_5090017.jpg
水晶山

_5090019.jpg
東屋

_5090018.jpg
竜吟湖

DSCN7046.jpg
本日の一枚
2018.05.19 Sat l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top