FC2ブログ
美濃市の先輩宅に行った帰りに東白川村をドライブしました。入口に「白川茶発祥の地」の看板がある。高台に上がると、茶畑のすぐ下に住んでいるという農家の御主人に出会った。

住職が宇治からお茶の実を持ち帰ったのがそもそもの始まりだと教えてもらいました。600年前の話だ。東へ5キロばかり行くと「つちのこ館」というのがある。

新聞にも載ったツチノコだが、もう20年も探し続けているらしい。捜索隊は何だったのだろう、未だに見つかっていない。

実際見た人の復元図が展示されているというので、たいしたこともないかもしれないが、見てみないとどんな珍しいものか分からない。入館料300円也を支払い入ってみた。
パンフレットを見るとビール瓶くらいの胴から三角形の頭がチョンと出ている。「捕獲賞金100万円+α、今年こそ捕えましょう!!それでは成功を祈ります・・・」。道の駅・茶の里東白川でツチノコの丸焼きを売っていました。


DSCN1801.jpg 
東白川村の入口に白川茶発祥の地の看板

DSCN1810.jpg 
先祖代々住み着いているという農家の御主人

DSCN1802.jpg 
高台に上がるとヒガンバナが咲いている

DSCN1806.jpg 
茶畑から見下ろす

DSCN1784.jpg 
つちのこ館に寄り道しました

DSCN1787.jpg 
平成5年5月4日付け中日新聞に掲載

DSCN1785.jpg 
館内に入ってみるが、だあれもいない
2014.09.15 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/84-0ccab34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)