FC2ブログ
 みたけの城址ガイドマップに顔戸城址が載っている。
室町時代に斉藤妙椿が築いたと云われ、応仁の乱の頃は西軍として戦ったそうだが、もともと応仁の乱も亨徳の乱も分かり難くて困るが、どんな所か行って見ないと分からない。

縄張り図を見ると周りを土塁と空堀に囲まれた東西180m、南北150mというだだっ広い所で、外周を歩いていると虎口らしい所があるので、ここから城内へ入って行く。
宅地や畑のなっている所があって、斉藤妙椿が住んでいた居館跡も一部畑になっている。
これは一体どうなっているのか。
イヌと散歩している人に出会った。供養塔が残っているそうだが、探しても分からない。
近くに斉藤妙椿が修理した顔戸八幡神社があるので帰りがけに寄ってみた。
静かな所だった。

P4091667.jpg
可児川の向こうに顔戸城

P4091656.jpg
城址碑

P4091654.jpg
縄張り図

P4091619.jpg
空堀

P4091621.jpg
空堀

P4091626.jpg
虎口から城内へ

P4091631.jpg
城内

P4091632.jpg
居館跡

P4091638.jpg
城内から北側土塁

P4091643.jpg
土塁跡

P4091645.jpg
土塁跡

P4091648.jpg
空堀跡


P4091623.jpg
顔戸八幡神社
2021.04.20 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/761-4fe86d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)