FC2ブログ

大きな地図で見る
山友達・K氏だが、最近山から足を洗ってしまったらしい。ブナオ峠に続いて今度は火打峠へ行きましょうと誘ってくれた。

JR高山線・飛騨金山駅に出ると雑貨店に入り、老夫婦に道を教えてもらった。高山線沿いの道を下呂方面へ向かえばいいらしい。

峠まで来ると2体の石仏が安置されており、文化文政の文字がかすかに残っていた。むかしは荷馬が鈴を鳴らしながら行き来した峠だったろうが、今では火打峠の石碑が建っているだけだ。

このところ運動不足で体重が少し重くなった。峠から続いている高天良林道に入り、1時間ばかり歩いて一汗かいた。

ヤマメの稚魚が養殖されている池の水の冷たいこと。帰りがけに県の棚田21選にも選ばれている長瀬家の棚田を見せてもらった。

飛騨金山駅 
JR高山線・飛騨金山駅

火打峠 
当時の県知事、上松陽介氏の筆による石碑

高天良林道 
高天良林道入り口

火打峠石仏 
火打峠の石仏

福来の棚田 
長瀬家先祖代々の棚田

棚田21選 
福来棚田の道標
2013.07.04 Thu l 街道 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/7-a39c9487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)