FC2ブログ
大手道を上がって行くと尾根上に幾つも曲輪が築かれていて、それを過ぎたら
小谷城本丸跡に出る。
番所跡まで車が入るので本丸跡までは簡単に来れるようで2,3人のグループと
出会ったが、観光客はここまでで山王丸跡から一旦清水谷へ下りて行く。

小谷山への道は傾斜がキツクて一汗かいてしまった。頂上はすぐ先でガンバッテ
上がって行くはずだったが、手前に展望所があるのでここで小休止して水分を補給。
正面に伊吹山が見え、谷筋にはまだ残雪があって見晴らしのいい所だ。

頂上に出たらスペースは相当広い、三角点の側で先客がくつろいでいた。
「こんにちは、次は安土城が見たいですね」「それならついでに観音寺城も行くといいですよ、岐阜城はきつかった」河毛駅からレンタサイクルでやってきた城好きオジサンだ。
「ごくろうさんでした」と言って別れ、帰りは織田信長が攻め上がったという清水谷
を下る。谷が終わって少し広くなった所に出たら浅井長政、お市の方と子供たちが
暮らしていたお屋敷跡や重臣たちの屋敷跡がある。
小谷城歴史資料館が見えてきて、下りは1時間ですんでしまった。


_3140597.jpg
河毛駅前に浅井長政とお市の方の銅像、奥に小谷山が見える

_3140607.jpg
竹生島が見え始めた

_3140621.jpg_3140628.jpg
信長が砦を築いた虎御前山           御馬屋敷跡

_3140647.jpg
本丸へ上がって行く

_3140644.jpg
城址碑

_3140652_1.jpg
本丸跡

_3140650.jpg
本丸の下には大広間

_3140681.jpg
展望所から伊吹山

_3140682.jpg
山王丸跡から清水谷へ

_3140691.jpg
大嶽城址

_3140689.jpg_3140693.jpg
三角点                         大嶽復元図

_3140700.jpg
浅井長政、お市の方が暮していた御屋敷跡

_3140701.jpg
復元図
2018.03.25 Sun l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんばんは。みのろーにんさん。
急に春めいたたかと思ったら、桜も一気に満開になりましたね。この調子だとなんだか、今年の夏が恐いです。

関ケ原を起点に動くとき小谷山の横を通るのですが、考えてみたら一度も訪れたことがありません。
北国街道から賤ケ岳を経て歴史街道を歩かないと駄目ですよね。
2018.03.27 Tue l 居酒屋与太郎. URL l 編集
Re: No title
居酒屋与太郎さん こんばんは

まあまあの車が見つかったので調子をみながら、たまには琵琶湖が見たくなって出かけました。
久しぶりに琵琶湖を見ましたよ!(^^)!
2018.03.27 Tue l みのろーにん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/444-c09260de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)