現場に行ってみるとヤブだらけでたどり着けなかった山城もあったが、阿木の
集落へ入ると案内板があって分かりやすい。明知鉄道が通っていて阿木駅の
駐車場を利用することにした。

木造モルタル造りの無人駅で懐かしい感じ。本数は少ないから電車が来るわけも
ないと思っていたら、ちょうど明智行の電車が入って来て阿木中の生徒がパラパラ降りてきた。
山の方へ歩いて行くと、麓に住んでおられる阿木城跡保存会の会長さんと出会って一緒に案内して下さったので、話を聞きながら後について行く。保存会の仕事も
うっかりしていると木が茂ってしまい、やりくりも大変だそうだ。

曲輪や土塁を見物しながら帯曲輪を一周、虎口から本丸へ上がる。こぶし大の石が沢山出て、会長さんの説明によると「石礫」らしい。見るのは初めてだ。

東西南北とも50mの円形という構造で、思っていたより広い所だった。「本当に
おかげさまで」とお礼を言って別れた。


P2130407.jpg
明知鉄道阿木駅

P2130392.jpg
明智行の電車がやって来た

P2130393.jpg
生徒たちが降りてくる

P2130395.jpg
待合室

P2160021.jpg
阿木城跡

P2160022.jpg
縄張り図

P2160018.jpg
阿木城登山口

P2160008.jpg
帯曲輪の端に土塁

P2160014.jpg
本丸の周りには帯曲輪

P2160004.jpg
虎口から本丸へ上がる

P2160010.jpg
本丸跡 中津川市指定文化財に指定されている

P2160012.jpg
出土した石礫
2017.02.24 Fri l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/336-35556ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)