「左 中山道西の坂」の碑から坂を上がった所に「秋葉坂の三尊石窟」や「鴨之巣道の馬頭文字碑」がある。

それを過ぎたら平らな道になって三叉路に出ると鴨之巣辻の道祖神と旧鎌倉街道
まで一里の道標があった。鎌倉街道まで行ってみたいと思ったが、これは次に来た時にしよう。
指導標を見るとクマの出没情報、出てこられても困るが今は冬眠しているはずだから心配はない。
「鴨之巣一里塚」から先は当時の雰囲気が良く残っている気分のいい所で、ドンドン下っていくと殿様も泊まった「山内嘉助屋敷跡」に出て、家の跡には石垣が残っているだけだった。
ここまで下って来ると久しぶりの人家、津橋の集落が見えてきた。道の観音が置かれているくらいでシーンとしている。初めて出会った古老からあれこれ話を聞かせてもらった。
「むかしは造り酒屋もあった」「春先には外国人も多いよ」。謡坂を越えて中山道が
続いているが帰りの行程を考えると、こんなことではダメだが引き返した。


P1030107.jpg
「左中山道西の坂」から歩き始めた

P1030112.jpg
秋葉坂の三尊石窟

P1030114.jpg P1030115.jpg
馬頭文字碑から少し上がった所にあった

P1030157.jpg
鴨之巣辻の道祖神と旧鎌倉街道の道標がある

P1030121.jpg
指導標にクマ出没注意

P1030122.jpg
むかし村人が強盗に切られたという切られ洞と過ぎると

P1030124.jpg
鴨之巣一里塚

P1030126.jpg
道の左右両側に残っている

P1030128.jpg
津橋へ下って行くと

P1030132.jpg
藤上坂の馬頭観音がある

P1030136.jpg
山内嘉助屋敷跡の石垣

P1030138.jpg
津橋の集落が見え始めた

P1030149.jpg
集落に入って行く
2017.01.12 Thu l 街道 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/325-59b5b679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)