小牧山城は「東海百城」にも選ばれ、見てみたいお城だがたまたま近くまで行っても素通りしていただけだった。信長が見た景色がどんな感じなのか行ってみよう。

小牧市内に入るとポツンと小牧山城が見え、よく目立っている。まず虎口から歩いて行くとかなり広い帯曲輪があって大小いくつもに分かれている。

中でも一番広いのが信長の屋敷跡だった。信長も家康も歩いたかもしれない大手道を上がり本丸へ。
入場料100円を支払い入って行くと中は資料館になっていて、家康がここに本陣を置いて秀吉と戦った小牧・長久手の戦いがジオラマで展示されていて分かりやすい。

展望室に上がり辺りを見渡すと眺めは実に素晴らしい。100円を支払っただけの価値があったというものだ。
むかしは石垣で囲まれていたが今は一部が残っているだけで、崩れ落ちてきた石がそのまま置かれていた。

PC240348.jpg
小牧山城

PC140188.jpg
合瀬川

PC240344.jpg
信長の屋敷跡

PC140195.jpg
山全体を取り巻いて土塁が築かれ内側に帯曲輪

PC140216.jpg
縄張り図

PC240326.jpg
本丸へ

PC140225.jpg
崩れ去った石垣

PC240332.jpg
小牧市街

PC240337.jpg
尾張富士と本宮山
2017.01.01 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/322-da4a9c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)