FC2ブログ
「山城へ行こう」のパンフレットを見ると、あの春風亭昇太師匠が訪れていた。
城内へ入って行くと井戸跡があるので一応覗いてみる。

構造は三の丸、二の丸、本丸、東出丸と尾根に上がると見晴郭があるが見通しは
きかない。東出丸から北側をのぞくと、断崖絶壁でここに城を築いたわけが分かる。帯曲輪はイメージとは違ってまだ整備中だった。

北の尾根を行くと左右は50度はあるだろうか、急斜面という地形で二重の堀切が造られていた。その先は人が来るような所でもなさそうだが、ヤブの斜面を上がると
平坦な所に出る。

見晴らしも何もなく頂上はその先で、気になるから上がってみたいが、薄暗くて来たルートを戻るつもりだったが、東の尾根を下ってしまってどーもおかしい。途中で引き返した。
久々利氏の家紋は土岐一族の桔梗紋、かっては室町幕府の奉公衆だった。本丸
から見下ろすと武家屋敷があった所は今は民家があるだけだ。
東美濃は武田と織田が攻防を繰り返し、山城が多い所でひとつひとつ訪ねてみたい。


PB280405.jpg
久々利城の縄張り

PB280404.jpgPB280374.jpg
城内に入ると石積みの井戸がある

PB280400.jpg
二の丸から本丸

PB280401.jpg
二の丸から上がると正面に東出丸

PB280385.jpg
本丸跡

PB280397.jpg
本丸から二の丸、三の丸

PB280398.jpg
東出丸と帯曲輪

PB280388.jpg
東出丸から本丸

PB280386.jpg
久々利城跡城守隊により整備中

PB280393.jpg
一つ目の堀切

PB280384.jpg
本丸の南東に武家屋敷があった
2016.12.09 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/316-eb16d79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)