FC2ブログ
広報に面白そうな記事が載っているとTさんが教えてくれたので、さっそく見物に行くことにした。
江戸中期に磨崖仏が彫られ、高さは2mを超えるものらしい。肥田町と駄知町の境
あたりから山側に入るのだが、地図も無いしよく分からない。

しばらくモタついたが、いったん民家の前に出ると石段が見える。おそらくこれだろうと上がって行くと一本歯の下駄を履いた役行者像が風雨にさらされ残っていた。今は地元からもまったく忘れられてしまって周りはヤブだらけ。

奥へ踏み跡が続いている。入って行くとハデなキノコがいくらでも生えていて薄暗い感じになってくる。いくつもの石仏が置かれ、首の無いのも多くてあまり快適な所とはいえない。

斜面を進むとその下に道の駅・どんぶり会館に通じている道がでてくるという地形で、ついでにひと休みしていこう。


PA040052.jpg
石段を上がる

PA040054.jpg
左手には石仏群

PA040056.jpg
磨崖仏①

PA040104.jpg
磨崖仏②

PA040074.jpg
石仏

PA040081.jpg
斜面を上がると下に道が出てくる

PA040069.jpgPA040072.jpg
出会ったキノコたち
PA040080.jpgPA040083.jpg

PA040073.jpgPA040101.jpg

PA040094.jpgPA040093.jpg
PA060116.jpg     
2016.10.25 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/304-be81214d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)