FC2ブログ
10月というのは天候に恵まれることになっていたが、なかなか行けなかった。時間はまだタップリあるし、明日は暗い中から歩き出すから受付を済ませたら仙水峠まで上がってみよう。

うわさ通り夕食のゴウカなこと、山小屋の中でも第一級だろう。

早朝に出発、温度計を見ると3度とかなり冷える。仙水峠から日の出を眺め、いよいよ駒津峰への登りが始まる。ハイマツが目立つようになると駒津峰、仙丈ヶ岳が近くに見え美しい。

とんがっているのは北岳、その右は間ノ岳、やっぱりメダマがなくてはつまらなくなって
しまうが、鳳凰三山の隣に富士山が見えホットする。

六方石から直登コースと巻道コースに分かれ、迷わず巻道を選んだ。砂ザレの斜面は滑りやすく、体力的にもキツクなってくるがようやく頂上に立った。

遠くに霞んで槍ヶ岳、穂高、大キレットも見える。日本の高山ベスト5だ。もっと居たかったが
バスの出発時間までもう時間も無いだろうからノンビリしていられない。

駒津峰から双児山を越えて下るコースは2時間くらいなのに3時間もかかって北沢峠に着いた。何とか間に合ってヤレヤレ。

PA110014.jpg
北沢峠から仙水小屋に向かう

PA110025.jpg
丸木橋を渡って対岸へ

PA110043.jpg
仙水小屋

PA110045.jpg
岩がゴロゴロしている

PA110055.jpg
ここまで来ると仙水峠は近い

PA110057.jpg
仙水峠から摩利支天

PA110064.jpg
甲斐駒ヶ岳の山頂部

PA110062.jpg
ナナカマド 葉は台風で飛ばされ実だけが残っている

PA120075.jpg
翌朝仙水峠から日の出を楽しむ

PA120080.jpg
展望所から仙丈ヶ岳

PA120093.jpg
シラビソ、コメツガの原生林を上へ

PA120102.jpg
駒津峰へ上がる

PA120107.jpg
駒津峰から甲斐駒ヶ岳

PA120103.jpg
御嶽山

PA120109.jpg
北岳、間ノ岳

PA120106.jpg
鳳凰三山の向こうに富士山

PA120110.jpg
ヤセ尾根が出てくる

PA120114.jpg
駒津峰からいったん六方石へ下る

PA120145.jpg
六方石と中央アルプス

PA120144.jpg
見上げると山肌が白い

PA120123.jpg
砂のザレ場を上がる

PA120129.jpg
摩利支天分岐

PA120141.jpgPA120135.jpg
駒ヶ岳神社と三角点

PA120136.jpg
甲斐駒ヶ岳にやって来た

PA120150.jpg
もう一度甲斐駒を見上げて双児山へ 
2016.10.21 Fri l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんばんは。
甲斐駒ケ岳、お疲れ様でした。
やはり甲斐駒ケ岳は美しいですね!
駒ケ岳と名のつく山は多々あれど、山容といい、山肌の白色といいやはり甲斐駒が一番です。

朝焼けと雲海のコントラストも素晴らしいですね。
2016.10.22 Sat l 居酒屋与太郎. URL l 編集
Re: No title
居酒屋与太郎さん おはようございます。

天気も良くて富士山まで見え、ついてました。
遠くまではなかなか行けませんが、北沢峠までは4時間とまあまあです。

平ヶ岳は知りませんでした。姫の池から池の岳、いい所ですね!!

2016.10.23 Sun l みのろーにん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/303-3995e4ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)