FC2ブログ
先日天気も良かったから、K氏を誘い久しぶりに「納古山」へ出かけました。この山の標高は633mと低いが、頂上に方位盤が置かれ眺めは実に素晴らしい。何度も登っている山だ。山頂に出ると先客たちが弁当を広げていた。

5年前になるだろうか。往復3時間と予測して帰りの時間が気になるところだが、まだ知らない西尾根ルートを下った。行けば誰かがいるだろうという行き当たりバッタリだった。

最初は気楽なものだったが、徐々に踏み跡も無くなって二度ばかりルートを外してしまった。方向さえ間違えなければと引き返す気もない。

登山道ではないのに気が付かず、相当下ってからどうもおかしいと思う程度で、ずれた方向に下ってしまった。ようやく登山口付近まで来たがもう大分薄暗い。

この際 車道に出て農家でタクシーを呼んでもらうつもりだったが、親切に地元の人しか分からない近道を送ってくださった。初老の御婦人だったが、どんな顔だったか思い出せない。

ありがとうございました。「よかった。これで帰れる。今更急いで帰ることもないよなあ」と二人ともヤレヤレだった。


納古山登山口 
納古山中級登山口

登山道 
沢沿いの道を上がり最後の水場へ向かう

美濃太田市街 
途中の岩場から木曽川と美濃太田市街

納古山山頂 
納古山頂上

方位盤 
山々の方向と山名が紹介されている方位盤。この山には二等三角点がある

山頂広場  山頂の広場

白山  白山には新雪がきていた

御嶽山方面  御嶽山は雲でハッキリしない

伊吹山  西に霞んで見えるのは伊吹山
2013.10.22 Tue l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/28-a969a563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)