FC2ブログ
ヤナ場へ行くのは10年振りになるだろうか?鮎の味も思い出せないくらいだが、10月中旬に中津川市の友人から鮎料理を御馳走になった。

場所は木曽川の支流・付知川沿いのヤナ場で、福岡町に入り幟を目標に入って行くのだが、入口が分かりにくく一度道を間違え予約した時間に間に合わなかったが、たいした遅れでもない。

献立は「みそ田楽」、「塩焼き」、「フライ」最後に「鮎雑炊」と定番の鮎コースはどれも大きなサイズで、塩加減も丁度よく旨い。天然の鮎らしく第一級の味だ。

飲み物はノンアルコールのビールという便利なものがあってありがたい。かなり待たされ川を眺めていたら、若い家族連れが落ち鮎が跳ねるのを捕まえているのが楽しそうだった。

パンフレットを見ると8月から10月末日までの数ヶ月で維持費やら、人件費やらをまかなおうとするのだから経営は大変なことも分かるが・・・などとボヤクが美味しいからまあいいか。

来年は借金をしてでも彼を招待しよう。大満足でごちそうさまでした。やっぱり鮎料理はいいものだ。

やな場 
キャンプ場へ入ってしまい少し手間取ったが

ローマンやな 
広々としたヤナ場はよかった。とりあえずビールで乾杯

やな 
山の中で食事をするとつい余計に食べてしまう

みそ田楽 
まず味噌田楽

塩焼き 
鮎といえば塩焼きだろう

フライ 
食べ終わった頃にフライ

鮎雑炊 
最後に鮎雑炊
2013.10.18 Fri l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/27-e9f66557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)