FC2ブログ
毎年ゴールデンウィークには”定林寺まつり窯元巡り”で賑わう所だが、普段はひっそりしている。一度ゆっくり見たいと思っていました。

定林寺地区に入って行くと橋のたもとにかなり古い木造の陶房があって、何年経った建物か分からないが川沿いの壁はツタで一面ビッシリ覆われている。

もしかしたら有名な陶芸家さんかもしれないとしばらく眺めていたがいつになったら廻りきれるんだろうかと。

橋を渡り左の細い路地に入って行くとこの辺りにひとつしかないという煙突が見える。

窯元にはやっぱり煙突が良く似合う、来た甲斐があったなどと思いながら、傾斜はかなりキツイ所もあったが1時間半ばかりブラブラしました。

P7240008.jpg
じょうりんじ橋を渡ると”陶房澄”

P7240044.jpg
陶房澄から

P7240013.jpg
細い路地を下ると

hasi.jpg
ずいうんばし 親柱も陶製

P7240033.jpgP7240036.jpg
 路地に煙突がある窯元が残っていた

P7240040.jpg
煙突がニョッキリ立っていて良く目立つ

P7240007.jpg
てらやしき橋にはカッパ
2015.07.28 Tue l 散歩 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
橋を渡る時はよく見てからですね。
2015.08.01 Sat l 民虎. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2292228.blog.fc2.com/tb.php/181-1faf4f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)