FC2ブログ
 朝から雲が多くてイヤな感じだったが、カタクリがどうなっているか気になって鳩吹山へ出かけた。頂上まで行く気はなくて麓のカタクリ群生地に入って行くと、たいして歩かなくてもそこらじゅう一面に咲いていた。
近くにニリンソウの群生地もあるので、来たついでに見に行く。
川沿いに入って行って開けた所に出るとニリンソウがビッシリ咲いていて綺麗、同じ所にイチリンソウ、キクザキイチゲも咲いていた。ウラシマソウも見つかった。
ここへ来た人は金もかからず楽に上高地へ来た気分になれるかもしれない?
いい所なのに観光客は少なくてのんびり見物できる。良かった。

P3251321.jpg
カタクリ

P3251311.jpg
カタクリ

P3251267.jpg
ニリンソウ群生地

P3251284.jpg
ニリンソウ

P3251287.jpg
ニリンソウ

P3251278.jpg
イチリンソウ

P3251304.jpg
キクザイチゲ

P3251298.jpg
ウラシマソウ

2021.03.30 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 深沢川に寄ってからいちおう大平のため池も覗いてみた。もう行っちゃったのだろうと思っていたらオシドリが来ている。
だいぶ要領が良くなったので、車の中で待っていると池の淵から出てきてくれた。
かなり遠くて、もう少しこっちへ来いと思いながら見ていたら一羽のオシドリが群れから離れて近づいて来た。今年はもういいやというくらい何回も出会っているので、最初の時より感激がだんだん薄くなってきたみたい。
他の池ではオシドリに出会うことなんか全くなかったが、ここはいつも来ているようだ。
そろそろ北へ帰る頃だと思うが、いつまで居るのだろうか。

DSCN8920.jpg
ベニマシコ

DSCN8945.jpg
ダイサギ

DSCN8973.jpg
オシドリ

DSCN9465.jpg


DSCN9316.jpg


DSCN9385.jpg


DSCN9238.jpg
キンクロハジロ

2021.03.27 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ベニマシコが来ていたが、ヤブの中へ入って行ってしまった。
しばらく待っていたら♀と一緒に♂も出てきて食事中だ。こんなことは初めてで、逃げられないようそっと近づいて行った。
戻る途中でヤマガラが枯葉を掘り返してチョコチョコ歩いている。
Oさんと出会って「こんにちは」ホタルの話が出て、そんなに綺麗な水でもないがカワニナらしいの見たことがあった。
6月に入ると、この辺りにホタルが飛んでいるそうだ。今までホタルなんか思ってもいなかったので見に行こうという気になってきた。よし、ホタルの撮影は初めてだがやってみようか。
「もう帰る?」「用事があるのでじゃあガンバッテ」「ありがとう」といって別れた。

DSCN7329.jpg
ベニマシコ♂♀

DSCN7303.jpg
ベニマシコ♂

DSCN7274.jpg
ベニマシコ♀

DSCN7343.jpg
ベニマシコ♂

DSCN9484.jpg
ヤマガラ

DSCN7384.jpg
コガモたち
2021.03.23 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 観察調査会に同行させてもらった。賎洞川の支流の奥へ入って行く。
ここへ来た人もいたようだったが、踏み跡もなくてちょっとしたヤブ漕ぎで上がって行くとようやく最初の目的地9-18地点に出てハナノキの観察調査をする。
シデコブシの群落もあってピンク色の蕾をつけていた。
ここから上流150mくらい上がって行って9-17地点に出る。
沢が終わった辺りにシデコブシの大木があって、周りはミズゴケがいっぱいのジュクジュクの湿地だ。
もと来た道を戻り、次は地図にあった9-14地点に向かった。
少々手間どったが斜面を上がって行ってハナノキの大木を発見、もう花をつけていた。
ショウジョウバカマ、ガの仲間、ヒメカンアオイ、シライトソウなど観察しながら5時間ばかり山の中を歩き回った。ありがとうございました。

P3111100.jpg
沢を渡り、人の後をついて行く

P3111109.jpg
シデコブシの群落

P3111111.jpg
観察調査

P3111122.jpg
観察調査

P3111132.jpg
観察調査

P3111134.jpg
観察調査

P3111165.jpg
ハナノキ発見

P3111154.jpg
観察調査

P3111103.jpg
ショウジョウバカマ

P3111148.jpg
シライトソウ

P3111144.jpg
ヒメカンアオイ

P3111138.jpg
シャクガの仲間

P3111152.jpg
ガの仲間
2021.03.19 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 どんな野鳥でも見つかれば楽しいもので、みたけの森へ行ってみたらシーンとしていて期待ハズレ。帰りがけに久々利の千村陣屋跡へ寄ってみた。
千村とあるから「せんむら」かと思っていたら「ちむら」が正解だった。
千村氏は関ヶ原合戦の後、4400石の旗本として明治維新まで続いていたそうだが上屋敷跡は郷土歴史館となって、下屋敷跡と庭園が残っているだけ。当時は東西300m、南北280mという広さだった。
上屋敷跡にミスミソウ、河津桜、白梅が咲いていてキレイ。
木曽古文書館も見たかったが、コロナ禍の騒ぎで閉館中だった。

P3081070.jpg
千村陣屋、上屋敷跡

P3081074.jpg
上屋敷石垣

P3081053.jpg
下屋敷庭園、春秋園

P3081036.jpg
ミスミソウ

P3081044.jpg
河津桜

P3081080.jpg
白梅

P3081090.jpg
スイセン

P3081058.jpg
椿

2021.03.16 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
何か珍しい鳥でも来ていないかとブラッと出かけた。Nさんが草刈りをしてくれたので見通しが良くなって歩きやすくなった。こんな広い道だったのか。
今までなかなか出会えなかったアオゲラがキョッキョッ鳴いていて良かったなあ。
ベニマシコ、エナガ、ジョウビタキも来ていて午前中遊んでいた。

里山を愛する会に「どうですか、入りませんか?」と誘ってくれたのですぐOKしたが「え、なんだって」近くの山の山頂一帯を整備して展望台を造ろうという計画らしい。
とりあえず展望台の材料を運び込む階段を設置しようというわけで、会員名簿を見ると平均年齢はかなり高くて最高齢は82歳だ。
体力のない人も完成まではガンバってやらないといけないだろうが、上がったり下りたりあまり長時間作業をしているとくたばってしまう。
今回は2時間半で済んでしまってヤレヤレだった。

DSCN8020.jpg
アオゲラ

DSCN4370.jpg
ベニマシコ♀

DSCN5709.jpg
ベニマシコ♂

DSCN4401.jpg
エナガ

DSCN4441.jpg
ジョウビタキ♀

DSCN8078.jpg
コガモ♀
2021.03.13 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 あい変らず野鳥なんか探して歩いているわけで、ベニマシコ、アオジが見つかったが今日はいくら歩いても野鳥は少なかった。
おかしい、時間はまだ早いしこれからどうするか?大平のため池も野鳥が多い所で、見に行ってみたらオシドリが来ている。
たまたま運が良くてあんがい近くまで来てくれたが、この後すぐ木の陰に入ってしまって見えなくなってしまった。
初めからそんなに期待もしてなかったのでここへ来て良かったなあ。
今年はもう会うことはないだろうなあなんて思いながら戻った。

DSCN7857.jpg
ベニマシコ♀

DSCN7846.jpg
アオジ

DSCN7721.jpg
オシドリ

DSCN7735.jpg


DSCN7758.jpg


2021.03.09 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 小原城はちょっと前まではヤブ山で、どうしようかと思っていたら情報によると最近、道が整備されたらしい。構造は本丸とその下の曲輪などで、どんな所か行って見ないと分からない。
まず御嵩町役場で資料を頼んだら「みたけの城址ガイドマップ」というのがあって助かる。
旧中山道の小原集落に入り、鳥居をくぐって上がって行く。

この白山神社の裏山一帯が小原城があった所で、東出丸を過ぎて尾根を下りて行くと二重の堀切があった所に出る。斜面を上がって曲輪が出てきたらすぐ本丸だった。
神武天皇の遥拝所であった石碑が建てられていて、スペースは思ったより広い所だったが、
周囲を林に囲まれ見通しは全くきかなかった。
山の中に弓矢の練習をした「矢場跡」が残っているそうだが、ヤブで分からない。
小原城は小倉織部の居城だったと云われ、武田信玄が東濃へ侵攻しその最前線だった。

P2030802.jpg
小原城址

P2030807.jpg
鳥居をくぐり上がって行く


P2030812.jpg
白山神社


P2030852.jpg
東出丸へ

P2030851.jpg
東出丸

P2030850.jpg
尾根を下る

P2030819.jpg
曲輪跡

P2030823.jpg
小原城本丸

P2030827.jpg
神武天皇遥拝所であった石碑


P2030843.jpg
無銘の石碑


P2030833.jpg
本丸の切岸


P2030836.jpg
切岸


P2030855.jpg
縄張り図

2021.03.06 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 カワセミにはしばらく出会えなくて、ここにはもういないんじゃないかと思っていたら繁殖のシーズンになったのだろうか、下流の方へ飛んで行った。
あい変らずのコバルトブルーで綺麗だった。よしと思って見ていたらヤブの中へ入ってしまってついに諦める。
上流に巣穴があるそうで、探してもいいがそう簡単に見つかるわけがない。
ちょっと前まではかなり寒くて散歩する人なんか一人もいなかったが、近頃ではよく見かけるようになって野鳥探しとしてはイヤな感じ。
とにかくここは野鳥が多くて最高の場所だ。チャンスの時は出会わないよう気をつけないといけないが、これがカワセミだったら「あっちへ行け」と言いたくなると思うよ。

DSCN5777.jpg
ベニマシコ

DSCN5915.jpg
ベニマシコ

DSCN5798.jpg
ベニマシコ

DSCN5806.jpg
シジュウカラ

DSCN5823.jpg
カシラダカ

DSCN5867.jpg
ホオジロ

DSCN5815.jpg
コガモ
2021.03.02 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top