FC2ブログ
 シジュウカラを狙っていたらヤブからアオジが飛び出てきて、たまたまピントが合って良かった。
終点近くで青っぽい鳥を見つけて、もしかしたらと覗いて見たらルリビタキだ。
ここで出会ったのはもう4,5年くらい前だろうか?1,2度チャンスはあったが逃げられてばっかりだった。上手くいかなかったけれど一応シャッターを押してニヤニヤする。

近くの木にエナガも来ていた。しばらく止まっていてくれてチャンスだ。
帰りがけに大きな音がしたと思ったらカケスが林の中へ隠れようとしている。
生まれて初めてのカケスなのに散歩中のオジサンがやって来るので「これは困ったぞ」と思っていたら引き返してくれた。ありがとう、いいオジサンだった。

DSCN4896.jpg
アオジ

DSCN2466.jpg
ルリビタキ

DSCN2553.jpg
エナガ

DSCN2577.jpg
エナガ

DSCN1944.jpg
カケス

DSCN2459.jpg
カシラダカ
2021.02.26 Fri l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 定林寺湖に出たらミコアイサが来ているじゃないか。
ちょっとでも近くへ行きたかったので、撮影ポイントを探しながら湖を半周する。
まあこの辺りでいいか、1羽があんがい近くまで来てくれた。

東屋に同年配くらいのオジサン連中が集まっていて、熱いコーヒーをご馳走になった。
枯れ木の伐採などボランティア活動をしている元気のいいオジサンで、枯れ木を薪ストーブに使う人もいてけっこう楽しそう。
「あんた、砂糖はどうする?」「フレッシュだけ」
3月頃、北へ帰る途中にオシドリがここに立ち寄るそうだ。
焚火があったかくていい感じ、もう少し歩いてみた。

DSCN4167.jpg
ミコアイサ♂

DSCN4176.jpg
ミコアイサ♂

DSCN4264.jpg
ミコアイサ♂

DSCN4193.jpg
ミコアイサ♀

DSCN4202.jpg
ミコアイサ♀

DSCN3744.jpg
ジョウビタキ♂

DSCN4320.jpg
ジョウビタキ♀

DSCN0443.jpg
シジュウカラ
2021.02.23 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 2月の観察調査はタコノアシ湿地の枯草やヤブを刈って整備する。
タコノアシが生えているからタコノアシ湿地、他ではなかなか見られない希少植物だ。
たまたまカヤネズミがチョロチョロ動いていて逃げられてしまったが、大きさは5.6㎝くらいで小さかった。近くで巣も見つかってこの辺りに沢山生息しているかもしれない。

次はスハマソウの自生地に向かう。
ここは地元の人でも用のない人は絶対に来ないような所で、人の後について行く。
斜面をドンドン下って行って沢に出た所にスハマソウの群生地があった。
あまり日当たりが良くない場所が好きなようで、かなり荒れた所で笹ヤブがはびこっている。
これを刈って整備、花が咲いている頃にまた訪れてみたい。
皆さんお疲れ様でした。

P2110881.jpg
作業後のタコノアシ湿地

P2110866.jpg
カヤネズミの巣

P2110874.jpg
2月のタコノアシ

P2110933.jpg
スハマソウの自生地へ

P2110922.jpg
スハマソウ

P2110925.jpg
スハマソウ

P2110906.jpg
観察調査

P2110900.jpg
観察調査

P2110928.jpg
笹ヤブを刈って整備

P2110932.jpg
スハマソウがそこらじゅうに生えている
2021.02.19 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 ため池にホシハジロがスイスイ泳いでいた。
せっかく来たのにオシドリはどこにもいなくて、どうしようか?
しばらく待っていたら今まで木の陰に隠れて見えなかっただけで、
オシドリたちがゾロゾロ出てきた。
ここへ来るのは三度目などで大分慣れてきた感じ、もう少しこっちへ来いよと思いながらシャッターを押した。
もうすぐ北へ行っちゃうのだろう、オシドリさん来年も来て下さいよ。

DSCN4443.jpg
ホシハジロ

DSCN4449.jpg
オシドリたち

DSCN4745.jpg


DSCN4465.jpg


DSCN4516.jpg
 
2021.02.16 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 深沢川で遊んでいたら「オーイ美濃太田にヒレンジャクが来とったよ」
出会えるかどうか分からないが、ヒレンジャクと聞いていちおう行って見ないと気になって仕方がない。すっかり忘れていた。
ヤドリギの実を食べにヒレンジャクが来ている。オジサン、オバサン連中が大勢来ていて皆さん本格的な機材だ。
近くにもヤドリギがあって、この間を移動しているようで「あっちへ行ったぞー」
こういう時はシロウトはすぐ移動できる。一緒に2時間ばかり楽しんだ。
ここで見られるのは2月いっぱいで、どこか他へ移動するらしい。
いつもは一人で歩いているので気楽なものだが、こういう場所では周りのカメラマンに注意しながらシャッターを押す。
とにかくヒレンジャクに出会えてよかった、よかった。

DSCN5580.jpg
ヒレンジャクが来ていた 

DSCN5539.jpg 

DSCN5621.jpg


DSCN5398.jpg


DSCN5453.jpg


DSCN5362.jpg


DSCN5338.jpg


DSCN5204.jpg
2021.02.13 Sat l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 「忍びの国」を読んでいたら福地城を見たくなって、名阪国道・伊賀ICから芭蕉公園へ。
駐車場で忍者を見つけて伊賀の城へ来たなあという感じ、あんがい早く着いた。
資料を見ると福地氏は信長が伊賀を攻めたとき信長に味方して勢力を広げたが、本能寺の変の後、伊賀衆の残党に攻められ逃亡、廃城となった。

大手門へ上がって行くと写真で見た石垣が見えてきて、いよいよ城内へ入って行く。
周囲を高さ3~4mくらいの土塁の囲まれ石蔵跡、井戸がある。井戸は今でも使われているようだった。
松尾芭蕉は福地氏の一族だったと云われ、忍者だったかもしれない。
本丸に「芭蕉翁生誕之地碑」が建てられていた。
本丸の南側に出ると名阪国道を走る車の音がゴーゴー聞こえてきて、堀切など消滅していた。むかしは静かな所だったよ。
他にだあれもいなくて縄張り図を見ながら城内を見て廻った。

P1060694.jpg
福地城案内板

P1060688.jpg
城址碑

P1060645.jpg
大手門

P1060683.jpg
虎口の石垣

P1060648.jpg
本丸

P1060655.jpg
石蔵跡

P1060674.jpg
井戸

P1060659.jpg
本丸土塁

P1060658.jpg
芭蕉翁生誕之地碑

P1060676.jpg
土塁の上から虎口

P1060691.jpg
縄張り図

2021.02.09 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 ヤマガラ、ベニマシコなど野鳥が多い日でけっこう楽しんだ。
いつだったか、定林寺湖にミコアイサが来ていたのを思い出して、そんなに急いで帰ることもないし帰りがけに寄ってみたら♂と♀がのんびり泳いでいた。
この辺りはため池が多い所だが、ミコアイサが来ていたのはどういうわけか知らないが定林寺湖だけ、ここが好きな所なんだろう。
用心深い鳥なのでそっと近づいて行った。
慌てないでチャンスを待っていたが、なかなか近くまで来てくれないのでまあいいやとシャッターを押す。
相変わらずのパンダ顔で、派手な感じのオシドリもいいがミコアイサにまた会えて良かった。元々人があまり来ない所なので新型コロナのストレスも感じないし、ここは気が楽だよ。

DSCN0983.jpg
ヤマガラ

DSCN0968.jpg
ベニマシコ

DSCN3311.jpg
カシラダカ

DSCN3059.jpg
メジロ

DSCN1022.jpg
シジュウカラ

DSCN3889.jpg
ミコアイサ♂

DSCN3900.jpg
ミコアイサ♂

DSCN3878.jpg
ミコアイサ♀

2021.02.06 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 みたけの森はしばらく行かなかったが、林道を通ってみたけの森の一番高い所?に出ると白山が素晴らしい眺めだった。
オシドリが来ていないかとため池を覗いていたらツグミ、モズが来ていた。他に野鳥は少なくてどこへいったのか。
南山公園へ上がってみると白梅、紅梅が満開で綺麗、花は逃げないからいいなあなんて思いながら見ていたら、梅の密を吸いにメジロが飛んできて慌ててシャッターを押した。
けっこう忙しい。ミツバチも来ていてもう冬は終わったみたいだ。
野鳥探しには丁度いい日だったが、寒さに弱いので手先が冷たすぎる。シャッターを押すのに困るくらい。

DSCN4032.jpg
白山

DSCN0590.jpg
モズ

DSCN4024.jpg
ツグミ

P1270780.jpg
白梅

P1270770.jpg
紅梅

DSCN4065.jpg
メジロ
P1270788.jpg
ミツバチ
2021.02.02 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top