FC2ブログ
 肥田川も歩いてみたいと思っていた。
橋を渡った所で川の中を覗いていたら、小さな動物がチョロチョロ動いている。
ヤブの中へ隠れて見えなくなったと思ったら突然出て来て、人を知らないのだろうかこっちを見ているようだった。大きさは30センチくらい、多分イタチだろう。
近くで見たのは初めてのことで、そんなに好きでもないがけっこう可愛い。

この辺りどういうわけかイタチが多い所で、そう珍しくないと農家のオバサンが話してくれた。
昔は水田だったそうだが、畑にイノシシ、ハクビシンも出てきて道路でトウモロコシを食べたりしているが、どうしようもないらしい。
稚児岩大橋が見えてきた所まで来て引き返した。

DSCN7412.jpg
イタチ

DSCN8368.jpg
アオサギ


DSCN8380.jpg
モズ

DSCN8384.jpg
モズ

DSCN8837.jpg
ダイサギ

DSCN8407.jpg
稚児岩大橋

2020.11.28 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 駐車場に出るとジョウビタキが来ている。ちょっと前にも出会った場所で、ここが好きな所なんだろうか、そっと近づいて行った。
ため池を見ながら芝生広場の方へ歩いていると、カワセミが水面スレスレをものすごいスピードで飛んで行った。よし見つけに行こう。
多分あの辺りだろうと探していたらついに見つけた。ここでは二度目だ。
もう少しこっちへ出て来てくれないかなあと思ったが、まあこんなところか。
南山公園へ上がってみたらモズ、カシラダカ、ホオジロも来ていた。
カワセミに出会えていい日だったよ。

DSCN8158.jpg
ジョウビタキ

DSCN8184.jpg
カワセミ

DSCN8262.jpg
モズ

DSCN8245.jpg
ホオジロ

DSCN8279.jpg
カシラダカ

DSCN8289.jpg
御嵩の町並み
2020.11.24 Tue l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 11月の観察調査会に同行させてもらった。
曾木公園の中を通って中馬街道を歩いていると馬頭観音などあって、ちょっとだけ当時の雰囲気が残っている。
スッポンタケはスッポンの頭に似ていて見た目はともかく食用になるらしい。
フウセンタケ、シュレーゲルアオガエルなど調査、ワイワイ言いながら人の後について行く。
葉に虫のようなものがブラ下がっていて、良く見れば間違えるはずがないと思うが、擬態だろうと思って見たら小枝だったのでなんだと二人で大笑い。

白玉神社からため池の方へ向かうとニホンアマガエル、ヤマラキョウなどが見つかった。
山道の終点近くに堤があって、ため池まで上がった所で引き返した。
ちょうど時期が良かったのでモミジの赤もタカノツメの黄葉も綺麗、ありがとうございました。
皆さんと別れて帰りがけにタコノアシ湿地を見て帰った。

PB120117.jpg
曾木公園から出発

PB120150.jpg
中馬街道

PB120151.jpg
馬頭観音

PB120152.jpg
中馬街道

PB120158.jpg
白玉神社へ

PB120171.jpg
白玉神社

PB120132.jpg
トキワロウバイ

PB120147.jpg
スッポンタケ


PB120153.jpg
フウセンタケ


PB120173.jpg
シュレーゲルアオガエル


PB120223.jpg
ニホンアマガエル


PB120201.jpg
マルバノキの花


PB120189.jpg
ヤマラッキョウ


PB120195.jpg
テンナンショウ


PB120194.jpgPB120204.jpg
ムカゴ                 ムラサキシキブ

PB120218.jpg
リンドウ

PB120212.jpg
ため池

PB120108.jpg
タコノアシ
2020.11.20 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 新型コロナの騒ぎで曾木公園のモミジのライトアップは中止との情報。
観光客がドッと来ていて大変な混雑だったので、もしかしたらと思っていた。

どうするか、大正村から明智川沿いに下って行った先に「下ヶ淵」という所があって、ちょっとした紅葉の穴場で、川沿いにカエデ並木が続いている。
小さいけれど渓谷もあって、遠くまで行かなくてもここで十分だという気になる。
車は1,2台駐車していただけだったのでラクに紅葉を楽しめ良かった。
後は「ささゆりの湯」へ向かうだけで、露天風呂にのんびり浸かった。

PB080048.jpg
紅葉のライトアップも行われる

PB080023.jpg
川沿いのカエデ並木  

PB080076.jpg


PB080032.jpg
下ヶ淵渓谷

PB080070.jpg
2020.11.17 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 松下屋敷は別名「頭陀寺城」
子供の頃の秀吉が奉公していたそうだが、現場に行ってみると今は頭陀寺第一公園となって、周りを民家と畑に囲まれ石碑が残っているだけだ。
親子ずれが楽しそうに遊んでいた。
近くに「豊臣秀吉鎌研ぎ池」という所があって、案内板を読むと松葉で手裏剣の稽古をしていたらしい。今でも水が湧き出ていた。
頭陀寺の境内へ入って行って裏手に廻ってみたら家康、秀吉、直政の三公像を見つけた。
竹千代時代の家康公も度々訪れていたようで、井伊直政公も幼少期に松下家の養子に入っている。
浜松と云えばウナギもあるし、ギョウザもある。見物しているうちにスッカリ忘れてしまったと思ったが、今度こっちへ来た時にしよう。

P9261314.jpg
松下屋敷跡碑

P9261313.jpg
松下屋敷跡

P9261279.jpg
松下屋敷想定図


P9261293.jpg
天白神社の境内に


P9261288.jpg
豊臣秀吉公鎌研ぎ池

P9261295.jpg


P9261303.jpg
頭陀寺


P9261300.jpg


P9261305.jpg
本堂


P9261309.jpg
秀吉公、家康公、直政公

2020.11.13 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 定林寺湖へ行ってみたが収穫ゼロ、こういう時は「みたけの森」へ行ってみよう。
林道を下って行くと白山にうっすら新雪が来ていてよく目立っている。
ため池の周りを探していたらモズが飛び出てきた。
エナガも来ていてこっちかと思ったらもうあっちへ、相変わらず難しい野鳥だが良くやったよ。

南山公園へ上がってベンチに腰を下ろし景色を眺めながらのんびりする。ひょっとしたらと思い、もう一度ため池に出て下りて行くと野鳥撮りのオジサンと出会って、ここが撮影ポイントらしく、すぐ前にビタキの仲間が来ている。
何度も飛び上がったり止まったりして面白い、たぶんサメビタキだろう。
地味な鳥だと思っていたがよく見るとけっこう可愛い、近くに止まってくれていいサメビタキだった。

DSCN8604.jpg
白山

DSCN8088.jpg
モズ

DSCN7632.jpg
エナガ

DSCN7633.jpg
エナガ

DSCN8046.jpg
サメビタキだろうか


DSCN8064.jpg
サメビタキだろうか


DSCN7742.jpg
御嵩の町並み
2020.11.09 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 ため池を覗いてみたらカイツブリがのんびり泳いでいた。
ポチャーンと音がして、見るとカワセミが池から飛び出てきて林の中に止まっている。
チャンスは一度だけで、あわててシャッターを押した。
露出不足で残念だったが、又出会えて良かったなあ。
コゲラも来ていて、どういうわけか木にジッとして止まっている。これは良く見ないと分からなかった。
天気も良かったので御嶽山がよく見えるだろうと思い、野鳥を探しながら展望台へ上がってみた。山にかかっていた雲がとれてきて御嶽山が美しい。
しばらく眺めていたら又雲が出てきて見えなくなってしまったが、これだけ見えれば十分だ、なんて思いながら下った。

DSCN8165.jpg
カイツブリ

kawasemi3.jpg
カワセミ

DSCN7887.jpg
コゲラ

DSCN7901.jpg
コゲラ

PB030002.jpg
御嶽山

PB030006.jpg
笠置山

PB030008.jpg
屏風山
2020.11.07 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 10月上旬に浜松城へ行った。地図を見ると浜松城、引馬城の近くに松下屋敷もあって、今回は三ケ所も見物できておおもうけだった。
家康が引馬城を改修して浜松城と改め、当時は南北500m、東西400mという広さだったが、今は天守曲輪と本丸の一部が浜松城公園となっていた。

天守曲輪に出ると復興天守閣が建てられていて立派。入場料を支払い上がってみると見晴らしは良くて浜松市街、三方ヶ原方面が広がっている。天気が良ければ富士山も見えるらしい。

東の小高い森が引馬城址だった。家康公を祀る浜松東照宮となって城址碑と土塁の一部が残っていただけ。境内に家康公と秀吉公のブロンズ像が置かれていた。
まだ見落としてしまった所もあったと思うが時計を見ると13時半、もうあまり時間もないだろうから次の松下屋敷へ向かった。

P9261219.jpg
天守門

P9261212.jpg
復興天守閣

P9261227.jpg
浜松市街

P9261224.jpg
二の丸発掘現場

P9261216.jpg
若い日の家康公

P9261233.jpg
復興天守閣

P9261237.jpg
井戸跡


P9261239.jpg
埋門


P9261244.jpg
2020.11.03 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top