FC2ブログ
案内板にカキラン、アクシバの写真が展示してある。カキランは特に珍しいというもので
もなくて陶史の森に沢山咲いていた。
同じような所にコバノトンボソウも見つかった。次はアクシバを見つけに行こう。
ジュンサイの池を通って山側へ上がった所に踏み跡があって、少し下りた所が撮影ポイント
らしい。小さくて淡いピンク色で数も少なかった。注意して探さないと見落としてしまいそう。

ため池にカワセミの巣があって、上の池まで飛んで来ると聞いていたので行ってみたら
カイツブリ、アオサギがいただけ。
シジュウカラ、ウグイスが近くの木に止まっていて、そんなに人の来ない所だったので
良かったなあ、午前中遊んでいた。

P6251206.jpg
カキラン

P6251208.jpg
カキラン

P6261248.jpg
コバノトンボソウ

P6261243.jpg
ハッチョウトンボ

P6251212.jpg
アクシバ

DSCN2169.jpg
アオサギ

DSCN4515.jpg
カイツブリ

DSCN4458.jpg
ウグイス

DSCN4475.jpg
シジュウカラ
2020.06.30 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
カワセミに出会えるかもしれないと深沢川を覗いてみた。そう簡単に見つかるような鳥でもなくて、このまま帰るのもシャクだから若人の丘へ行ってみよう。
最初のポイントに出たらカシラダカが来ている。もう少し上がっていくとホオジロがチチッチチッ鳴いていて逃げられないようにそっと近づいて行った。
ササユリ、オカトラノオ、ウツボグサが咲いていて静かでいい所だが、山の中でも日中は
かなり暑かった。
久しぶりにサッパリしたかったのでスーパー銭湯へ寄ってみたら、館内はマスク着用で
住所、氏名、連絡先を記入してやっと温泉に浸かれる。
ソーシャルディスタンスを守って、なるべく人に近づかないように注意して入浴すればいいのだろうが、何となく気分が違っていて落ち着かない。
露天風呂に入ったり出たりして、まああまり気にしないでのんびりやろう。

DSCN4026.jpg
カシラダカ

DSCN3938.jpg
カシラダカ

DSCN3939.jpg
ホオジロ

DSCN3964.jpg
ホオジロ

DSCN4001.jpg
スズメ

P6201125.jpg
ササユリ

P6201127.jpg
ウツボグサ

P6201113.jpg
オカトラノオ
2020.06.26 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
遠江は浜松城、二俣城など家康ゆかりの城が多い所で、これからひとつひとつ
訪ねてみよう。
井伊谷城は大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台になった所で,柴咲コウさんが
綺麗だったこと、良かったなあ。今でもハッキリ覚えている。
観光客がドッと押し寄せてきて地元に金を落としていったそうだが、今はブームも
終わって訪れる人もいないみたいだった。おかげでゆっくり見物できる。
本丸に出ると龍潭寺の森、三方ヶ原方面が広がっていて、井伊家の本城だった三岳山も近くに見える。
思っていたより小さな城で、城内を歩いていたら「御所の丸」の側に三角点があった。
「井殿の塚」「井伊氏居館跡」を見物して、地域遺産センターも寄ってみたら二階に戦国の井伊谷コーナーがあって、ここへ来ればいつでも柴咲コウさんに会える。
直虎が足を癒したという足湯を見つけて休んでから帰りたかったが休業中だ、仕方がないだろうと諦めて戻った。

_5200690.jpg
井伊谷城

_5200649.jpg
登城口

_5200658.jpg
大手口

_5200660.jpg
城址碑

_5200661.jpg
縄張り図

_5200664.jpg
井伊谷城案内板

_5200670.jpg
本丸跡

_5200666.jpg
井伊谷城は御所の丸と呼ばれていた

_5200665.jpg
三角点

_5200673.jpg
本丸から井伊谷宮、龍潭寺の森

_5200685.jpg
三方ヶ原台地方面

_5200669.jpg
井伊家の本城、三岳山

_5200704.jpg
井殿の塚

_5200706.jpg
井伊氏居館跡

_5200698.jpg
浜松地域遺産センター

_5200695.jpg
柴咲コウさん
2020.06.22 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新型コロナウイルスの大騒ぎでしばらく行けなかったが、6月に入って久しぶりに
観察調査会に同行させてもらった。
ササユリ自生地に出るとそこら一面に咲いていて、みたけの森の一番いい季節だった。メタセコイアの森を通って自然歩道を上がって行く。
テイカカズラ、ママコナ、ムラサキシキブが咲いていたり、ヤマボウシは遠くからでも良く目立っている。オオヒキヨモギ、アキエハギなどの他にクスサンも見つかった。
梅雨前線がグズグズしていた時だったのでイヤな感じがしていたが、とうとう雨が
落ちてきた。初めから予想していたので雨具はちゃんと用意してあるし、たいした雨でもなくて2時間半ばかり楽しんだ。
東海自然歩道まで上がって、少し行った東屋で昼食を摂って駐車場へ戻った。
ありがとうございました。

_6111027.jpg
準備して出発

_6111039.jpg
ササユリ自生地

_6111050.jpg
観察調査

_6111058.jpg
ササユリ

P6111049.jpg
ササユリ

P6111053.jpg
メタセコイアの森

_6111080.jpg
ヤマボウシ

P6111066.jpg
テイカカズラ

P6111067.jpg
ムラサキシキブ

P6111092.jpg
ママコナ

P6111073.jpg
ヤマボウシ

P6111095.jpg
クスサンの幼虫

P6111055.jpgP6111060.jpg
オオヒキヨモギ                    アキエハギ
P6111064.jpgP6111062.jpg
イヌヨモギ                      ホタルカズラ
2020.06.19 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鳴き声はしなかったがエナガの群れが来ていてあちこち飛び回っている。
茶色っぽい色をしていてまだ子供かな?相変わらずかわいい姿で出会ったのは
久しぶり。
キビタキも林の中で鳴いていることが多いので今まで出会えなかったが、覗いて見るとあれはキビタキじゃないか。大きさはスズメくらいで美しい鳥だ。
もう少し近くまで行きたかったが、逃げられてしまうような気がしてどうするか難しい。
定林寺湖へ下りて歩いていたらシジュウカラが近くの木に止まっていた。
たまに散歩している人に出会うことがあって、こっちへ来るなとは言えないからその時は
運が悪かったと諦めるより仕方がないだろうと思いながら見ていた。
来たついでにあやめ池を見ておこうと行って見たらアヤメと一緒にスイレンも咲いていて綺麗だった。

DSCN3399.jpg
エナガ

DSCN3422.jpg
エナガ

DSCN3440.jpg
エナガ

DSCN3780.jpg
キビタキ

DSCN3475.jpg
シジュウカラ

P6090928.jpg
スイレン

P6090910.jpg
アヤメ

_6090937.jpg
アヤメ

2020.06.15 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
若人の丘に出るとすぐヤマガラ、シジュウカラ、セキレイ、コチドリが一緒に来ていてこんな忙しいのは初めて。
園戸池を半周した辺りまで来たら、後ろの方から「こんにちは」又あのオバサンたちと
出会って「あそこにカザグルマが咲いとったよ」
鳴き声が聞えてきて枯れ木にオオルリが来ている。そんなに期待もしていなかったが
案外簡単に見つかった。
オバサンたちと分かれて1人になった時だったので良かったなあ、ホント。
もう少し近づいて行ったら逃げられてしまった。
沢沿いに下って行くと定林寺湖に出られる。足場は悪いが近道、
定林寺湖が見えてきてけっこう良い景色だ。帰りは遊歩道を戻った。

DSCN3190.jpg
ヤマガラ

DSCN3172.jpg
セグロセキレイ

DSCN3177.jpg
コチドリ

DSCN3204.jpg
シジュウカラ

DSCN3234.jpg
オオルリ

DSCN3220.jpg
オオルリ
2020.06.11 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どこかで野鳥に出会えるかもしれない、川沿いに定林寺湖まで遡ってみよう。
定林寺川の谷の奥へ入って行くと小さな滝がいくつも出てきて涼しくて、こんないい感じの所なのに誰もいなかった。
定林寺川が終わった辺りから定林寺湖へ上がって行った時、カワセミが飛び上がって
きて一旦ヤブの中へ入ってしまったが、探していたら近くの木に止まっている。
モタモタしていたら逃げられちゃうだろうと思いながら急いでシャッターを押したが
やっぱり焦ってしまった。
せっかくのチャンスだったのにすぐ飛び立ってしまって、もう少しだけでいいから止まっていてくれたらなあ。
民家の庭にヤマガラが来ていた。こんな近くに止まっていてくれてあのヤマガラは
いいヤマガラだったよ。

DSCN3085.jpg
定林寺川のカワセミ

DSCN3139.jpg
ヤマガラ

_5300849.jpg
定林寺川

_5300822_1.jpg
定林寺川

P5300830.jpg
川トンボ

_5300835.jpg
川トンボ

_5300841.jpg
定林寺湖へ上がって行く

2020.06.08 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
美濃に最後まで残っていた篠脇城へやっと出かけた。
今までずいぶんやってきたつもりだったが、まだ伊勢、駿河、伊豆など半分以上も
残っている。こんなペースでやっていたら全部を見て回るのは難しそう、ボヤボヤして
いられないぞという感じ。
場所は郡上八幡ICからR156を通って20分ばかり行った山の中で、案外近い所
だった。
篠脇城は鎌倉時代から二百数十年続いた東氏の居城だった所、まず東氏館跡庭園を見物して新道を上がって行くと妙見集落がチラッと見えた。
井戸跡があるのでここも一応見ておく。本丸、二の丸など山頂部のスペースは3500
平方メートルとあるから計算するとおよそ1000坪、相当広い所だった。
山頂からの眺めは期待はずれで、周りを林に囲まれていて見通しは全くきかない。
帰りは竪堀を見ながら大手門道を下った。
次はどこにしようか、早く計画を立てよう。

_5170648.jpg
東氏庭園跡

_5170597.jpg
篠脇城址

_5170604.jpg
縄張り図

_5170605.jpg
登り口

_5170642.jpg
妙見集落

_5170607.jpg
ジグザグに上がって行く

_5170610.jpg
井戸跡へ下る

_5170614.jpg
井戸跡

_5170615.jpg
本丸

_5170618.jpg
東家之碑

_5170629.jpg
本丸

_5170638.jpg
大手門道を下る

_5170625.jpg
竪堀

2020.06.04 Thu l 散歩 l コメント (4) トラックバック (0) l top
竜吟の森へ入って行ったら上の方から「自然ふれあい館にオオルリが来とったよー」
元気なオジサン達で、枯れ木を伐採したり登山道を整備したりご苦労さんです。
自然ふれあい館の軒下にオオルリが巣をかけていたのでしばらく待ってみることにしたが、そうタイミング良く来てくれるわけがない。

今年に入ってたいしたこともやってなくて、膝痛なんかになるとは思ったもいなかった。
4月に入った頃からおかしくなってしまったようで、こんなことは生まれて初めて。
いつか足が動かなくなって山へ行けなくなる日が来るかもしれないが、まだまだ山から足を洗うつもりはないし、何とか元に戻ってくれないと困る。
急な階段はやりたくないので鳥屋尾根をテクテクやって頂上へ来た。
案外回復しているような気がしてこれならと思ったが、明日はどうなっているのか
なんて思いながら戻った。

_5270788.jpg
自然ふれあい館にオオルリの巣

_5270751.jpg
ミカワバイケイソウ

P5270782.jpg
コアジサイ

P5270781.jpg
タツナミソウ

P5270772.jpg
カザグルマ

_5270792.jpg
水晶山

_5270793.jpg
鳥屋尾根を上がる

_5270803.jpg
東屋が見えて来た

_5270805.jpg
水晶山

P5270806.jpg
釜戸の集落

DSCN3309.jpg
名古屋行の列車がやって来た

P5270807.jpg
恵那山

2020.06.01 Mon l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top