FC2ブログ
飯地町の山の中に平瀬滝といういい所があるらしい。
農家のオジサンと出会って滝を見に行くと言ったら「滝はあるが人手不足で道が
荒れているし、水は少ないよ」
林道は木や草が茂っていて滝の入口を見落としてしまったようで、通行止めまで来たがどうも分からない。もっと注意して来れば良かった。
もう少し下りて行ったらカラスアゲハが飛び廻っていて相当多かった。クロアゲハ、
ツマグロヒョウモンも飛んでいる。
道の先がどうなっているのか分らないし、何が出て来るか分からないので
気分はあまり良くない。ここで引き返した
なんで間違えたのか、おかしいなあと思いながら戻る途中で橋を見つけたが、
もう行く気もなくなってカラスアゲハに出会えてたことだし、まあ良かったということに
しておこう。

_8210606.jpg
通行止めまで乗りつける

_8210588.jpg


_8210595.jpg
大沢林道を下って行く

DSCN1099.jpg
水場にカラスアゲハが集まっていた

P8210603.jpg
カラスアゲハ

野鳥
カラスアゲハ

DSCN1076.jpg
ツマグロヒョウモン

_8270818.jpg
クロアゲハ

P8270853.jpg
クロアゲハ
2019.08.31 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
東海百城に長島城が載っている。三重県の城を全部訪問するのはいったい
何年先になるのか。地図を見ると長島温泉からも近いのでちょうど良かった。
現場へ行って見たら長島中部小学校、長島中学になっている辺りが長島城跡
だった。
正門前に案内板があって分かりやすい。信長が陸と海から攻め、降伏した二万の
門徒宗は一ケ所に集められ殺害された。家康も一向一揆にに悩まされていたが
どうだったのか。
小学校の校庭に本丸西南櫓にあった「長島の大松」があっただけ。子供たちが
遊んでいて楽しそう、不審者と思われても困るので遠くから眺めていた。
むかし堀だった長島川に沿って行った先に大手橋があって、これを渡って行くと
旧長島城の大手門が蓮生寺の山門として残っていた。
この後一向一揆の拠点だった願証寺まで来たら「長島一向一揆殉教之碑」が
建っている。静かな所だった。
あちこち見て廻っているうちに長島温泉のことはスッカリ忘れてシマッタ、いつか
神戸城へ行った時にのんびりしよう。


_8100400.jpg
長島中学校

_8100399.jpg
長島城跡案内板

_8100473.jpg
長島中部小学校

_8100479.jpg
長島の大松

_8100432.jpg
長島川

_8100416.jpg
大手橋

_8100419.jpg
蓮生寺山門

_8100439.jpg
長島川遊歩道

_8100447.jpg
願証寺

_8100449.jpg
一向一揆殉教之碑
2019.08.28 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
どこか涼しい所を探していたら根の上高原があるじゃないか。恵那山に近くて標高は
930m、汗もかかないくらいだった。
サギソウやミズギクの湿地を見て根の上湖を一周した辺りから林の中の道を下って行ったらチュイチュイ鳴き声が聞こえてくる。
ソウシチョウに出会ったのは久しぶり、ハデな感じの鳥だ。
他にヤマガラ、シジュウカラ、エナガも来ていて根の上高原の野鳥はなかなか出てきて
くれないし、枝が邪魔してシャッターチャンスは少なかったけれどけっこう面白い、また
来たくなった。
保古の湖に出たらマツムシソウ、ゲンノショウコが咲いていた。もう夏は終わったかな?
それにしても今年の夏は暑かった!
突然夕立がきてドシャブリだ、逃げ場はなくてちょうど駐車場の近くまで来た時だったので
走って戻ってヤレヤレだった。

_8170488.jpg
湿地園へ

P8170491.jpg
コバギボウシ

P8190553.jpg
ミズギク

P8190557.jpg
サギソウ

DSCN0851.jpg
ソウシチョウ

DSCN0885.jpg
ヤマガラ

DSCN0847.jpg
シジュウカラ

DSCN0877.jpg
たまたま写っていた1枚

P8190571.jpg
ゲンノショウコ

P8190566.jpg
マツムシソウ
2019.08.24 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
深沢川はいつ来ても静かでいい所だが、しばらく行かなかったら草がはびこっていてカワトンボがフワフワ飛んでいる。
野鳥はカワセミがアッという間に飛んで行ったのを見ただけ。蜘蛛の巣が顔に
ひっかかってもうやめて定林寺湖へ行ってみたら良かった、カシラダカ、メジロが
来ていた。
先日「青春18きっぷ」というのがあるのでこれを利用して行ってみようかと
いう話になった。まさかそんなことを考えているとは思わなかったのでビックリ。
舞鶴、亀岡など知らない所へ行って見たい気もするが、列車に長時間も
乗っているのは考えものだ。
反対だなんて言わないが計画しただけで終わると思うよ。


DSCN0339.jpg
メジロ

DSCN0344.jpg
メジロ

DSCN8461.jpg
スズメ

DSCN8580.jpg
カシラダカ

DSCN8623.jpg
カシラダカ
2019.08.20 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
広河原に出て白鳳峠の登山口へ向かった。シラビソの林を過ぎてハイマツの中を上がって行くと、ガレ場にホシガラスがギャーギャー鳴いていたり、近くのハイマツの実をくわえている
のもいる。岩の上に松ボックリが食い散らかしてあった。
いつまでたってもガスがとれなくてせっかく来たのだから北岳さん、何とか出て来てくれないかなあと思いながら白鳳峠へ上がって来た。ドンドン上がって行って高嶺を超えて尾根を
下って行く。
アカヌケ沢の頭に出たら一瞬だけ地蔵岳が姿を見せてくれたが、その後すぐガスが出てきて
二度と見えなかった。
地蔵岳はすぐそこだがここまでもう大分疲れているし、予定の時間に山小屋へ入れそうもないのであきらめて鳳凰小屋へ下ることにした。ようやくたどり着いたという感じで、水が冷たくて
旨かったこと。
翌日はどうするか迷ったけれど御座石鉱泉へ下った。初めて富士山、甲斐駒ケ岳、八ヶ岳が見えホットしたが、下りもけっこう時間はかかってバテバテになってもう登ってやろうという気にならないくらい、よくがんばったよ。
下山後、温泉で二日間の汗を流しサッパリして戻った。

_8030210.jpg
白鳳峠登山口

_8030224.jpg
斜面を上がって行く

_8030223.jpg
白鳳峠へ

_8030230.jpg
シラビソの林は苔でベッタリ

_8030231.jpg
ハイマツのガレ場に

P8030245.jpg
松ボックリが食い散らかしてあった

P8030240.jpg
北岳はガスの中

_8030244.jpg
白鳳峠

_8030252.jpg
高嶺

_8030255.jpg
高嶺からアカヌケ沢の頭へ

_8030259.jpg
正面に地蔵岳が見えはじめた

_8030274.jpg
アカヌケ沢の頭から

_8030270.jpg
地蔵岳

_8040294.jpg
鳳凰小屋

P8040301.jpg
富士山

P8040320.jpg
甲斐駒ケ岳

P8040318.jpg
八ヶ岳

P8030221.jpgP8030275.jpg
ハクサンシャクナゲ                 タカネビランジ

P8040288.jpgP8040292.jpg
タカネグンナイフウロ                クルマユリ

P8040290.jpg
ホソバトリカブト 
2019.08.16 Fri l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月の観察調査会に同行させてもらった。人の後について山道を上がって行く。
そろそろこの辺りだろうと見当をつけて、右のヤブの斜面を下りて行って開けた所に出たらかなり広い湿地だった。
夏の湿地は花や昆虫が多くて楽しいが、どうしてもヤブを漕ぐことになる。
今回の場所も人が来たことはあるようだったが、踏み跡もろくになくてひどいヤブだ。
ちょうどサギソウが真っ盛りで、これだけ沢山生えていると飽きるくらいそこらじゅうに咲いていた。
湿地の奥の方でヒメタイコウチが見つかった。2センチくらいの大きさで
これでも大人かな?ずいぶん小さい。
相変わらず朝から暑い日だったので汗ビッショリになって歩き廻った。それにしても
暑すぎるが、皆さんあんがい元気そう。
早めに切り上げて戻った。ありがとうございました。


_8080333.jpg
準備して出発

_8080336.jpg
斜面を下って行く

_8080337.jpg
ようやく目的の湿地に出る

_8080351.jpg
観察調査中

P8080358.jpg
サギソウ

P8080388.jpg
サギソウ

_8080360.jpg
真っ黒なバッタ

P8080380.jpg
ヒメタイコウチ

_8080377.jpg
ハッチョウトンボ
2019.08.13 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
桜洞城を見たかったので飛騨萩原までドライブする。美濃と飛騨の境だった所に出たら境橋というのがあるので寄り道して行くことにした。
下呂を過ぎたら飛騨萩原、桜谷公園を目標に狭い道に入って行くのだが、分りにくい所だった。山城はこういうことがあるので困る。
坂道を上がって台地状に開けた所に出る。
構造は二重の堀に囲まれ、城内の広さは長さ147m幅90m、三木氏の居城だった所だが金森可重に攻められ落城。
堀は埋められ土塁も壊されてしまっていたが、ひょっとしたらと思いながら林の中を見て廻っていたら堀の一部が残っていた。
どんな所か楽しみに来たのにガッカリしたが、飛騨萩原の町並みや飛騨川が
見える。見晴らしの良い所だった。
後は温泉へ向かうだけ、帰りがけに下呂温泉でドップリ湯に浸かった。

_7052103.jpg
下呂市金山の境橋

_7052105.jpg
橋の袂に伊能忠敬の飛騨測量初め地点

_7052149.jpg
桜谷公園へ

_7052111.jpg
桜洞城へ上がって行く

_7052116.jpg
桜洞城跡碑

_7052121.jpg
桜洞城跡は水田や畑が広がっていた

P7052133.jpg
堀跡

_7052125.jpg
飛騨萩原の町並みが見える
2019.08.09 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ツユが明けたらドッと暑くなって毎日うだっている。
30分も上がると展望台に出るが、傾斜がキツイのはあまりやりたくないので池の周りを
歩くことにした。
湿地にサギソウが咲いていて綺麗だった。やっぱり今頃の湿地と言えばサギソウだろう。
ミミカキグサは足場が悪いのであきらめて先へ行ったらミズギクも咲いている。
なるべく日陰の道を選んで歩いていたが、日中の暑さはかなりのもので体温以上になっているかもしれない、大汗をかいてしまった。
ミソハギ、キキョウの広場に出てひと休み、500mlくらい飲んで水分を補給、ウマイ!
体重は1キログラムばかり減ったようでよかった。

P7290162.jpg
サギソウ

P7290153.jpg
サギソウ

P7290123.jpg
ミズギク

P7290175.jpg
キキョウ

P7290185.jpg
ミソハギ

P7290137.jpg
ハッチョウトンボ

DSCN0628.jpg
シオカラトンボ

ハルリンドウ1
オニヤンマ
2019.08.05 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
明智の森は2,3度行ったことがあったが、たまたま「明智の森で最高地585m」
の案内板の前に出る。
1mでも高い所へ登りたがるので気になってしかたがない。上がって行くと東屋があって休憩するにはピッタリだが、見晴らしはなくて展望台へ行ってみよう。
明智の町並みが見え、風が涼しく感じて気分のいい所だ。
山から下りて来て大正池に出ると山にかかっていた雲が消えてしまって恵那山が
見える。
池の覗くとトンボがスイスイ飛んでいたり、湿地にノカンゾウ、ギボウシ、サワシロギクが咲いていた。
目的の野鳥はメジロが来ていたがとうとう逃げられてしまった。収穫はカシラダカだけだったけれど、初めからこんなもんだろうと思っていたのでそんなにガッカリもしなくて3時間くらい遊んでいた。


_7260109.jpg
明智の森の最高地へ

DSCN0747.jpg
近所に住んでいるネコだろうか

P7260088.jpg
展望所から明智の町並み

_7260108.jpg
大正池

DSCN0582.jpg
連結トンボ

P7260097.jpg
恵那山

P7260074.jpg
ノカンゾウ

P7260083.jpg
ギボウシ

P7260093.jpg
シモツケソウ

P7300200.jpg
サワシロギク

DSCN0470.jpg
本日の1枚カシラダカ
2019.08.01 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top