FC2ブログ
Tさんが瀧が洞石仏群が面白そうだから行こうと誘ってくれた。
どこがいいのか分からないが、八十八弘法巡りマップを見ると地元の保存会の
皆さんがつい最近整備したもので、現世のご利益と来世の成仏を願って巡るのも
良いとあるのでまあいいか。
かなり高年齢なのでどうかと思ったが、お隣さんも行くと言うので「よし一緒に行こう」
コース一周、1時間くらいだろうと予測して出発、弘法地蔵に出会いながら斜面を
上がって行く。
お隣さんもあんがい元気そうで、後ろからついて上がって来るがもう大分疲れているようだ。尾根が出てきてこれを下ると磨崖仏の前に出る。
江戸中期に彫られたものでご立派、けっこう良い所だったよ。

_2171142.jpg
稚児弟岩

_2171139.jpg
弘法地蔵

_2171143.jpg
柿の木弘法

_2171147.jpg_2171148.jpg
常夜燈、観音堂跡

P2171156.jpg
三十三所観音

P2171153.jpg
磨崖仏
P2171150.jpg 
磨崖仏(役の行者)

_2171135.jpg
八十八番弘法
2019.02.26 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
午前中に戻って来るつもりで若人の丘へ出かけた。
定林寺湖にメジロ、エナガの群れが来ていたが全部逃げられてしまった。
このままゼロでは帰れないのでどうするか、こういう時は深沢川へ行ったら
出会えそう。
ちょっと大きめの鳥が来ていてイカルだった。実をくわえて食事中だ。近づいて行っても逃げたりしなくてあわててシャッターを押さなくてもいいので楽だ。
上流の方へ行ったらベニマシコ、メジロ、アオジも来ていてやっぱりここが一番好きな場所でいい所だなあ、これでやっと帰れる。

DSCN4080.jpg
初めてイカルが来ていた

DSCN3979.jpg
ベニマシコ♀

DSCN4049.jpg
ベニマシコ♂

DSCN3948.jpg
メジロ

DSCN3407.jpg
アオジ
2019.02.23 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ツグミと云えばむかしは普通に食べられていてこんな旨いものはないが、
今はそんなことは考えられなくて禁鳥だ。
ミヤマホオジロはここにはいないみたいで、ブラブラ歩いていたらルリビタキが飛んで来た。しばらくジッとしていたら下りて来てくれた。
沢沿いの道を下ってみたらひどいヤブで倒木をまたいだり、くぐったりしてして
ガサガサ歩いているとやっと明るい所に出てあやめ池とつながっていた。
ヤレヤレ、沢に行き止まりなんかあるわけがない。

小腹が減ってきたので何でも良かったのだが、初めて入った店でラーメンを注文
「年中無休ですか」「12時から3時頃までだよ」
「カワウが増えてしょうがないから木の上の卵を採りに行ったことがある」
サッポロラーメン風で安くて旨かった。
これならわざわざ北海道まで行かなくてもいいくらい。面白いオジサンだった。


DSCN3144.jpg
ツグミ

DSCN3146.jpg
ルリビタキ

DSCN3833.jpg
ヒヨドリ

_2051058.jpg
芝生広場

P2051053.jpg
園戸池

_2161133.jpg 
_2161131.jpg

_2161127.jpg
ミソラーメン
2019.02.19 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
美濃陶芸村も野鳥が多い所で、どんな鳥が来ているか行ってみた。
窯元の庭先に紅梅、フクジュソウが咲いていて綺麗、もう春がきた。
運動としては少し物足らない感じで、終点近くから高根山古窯跡公園へ上がって広場に出ると高根山はすくだが、ヤブ山で装備の用意も無いし初めから行くつもりないので遊歩道を
下りて行く。
この辺りはツグミの渡りコースになっている所らしいがどこまで行ってもいなかった。
ドンドン下って行って東屋が見えてきたらヒカゲツツジの群生地、いっぱい花芽を
つけている。
野鳥はどうだったかと言うと収穫ゼロだったが、花は逃げたりしないので気楽だよ。

P2081066.jpg
紅梅

P2081064.jpg
福寿草

_2101073.jpg
高根山古窯跡公園へ

_2101081.jpg
ホオバの山道を上がって行く

_2101082.jpg
広場の東屋

_2101091.jpg
この辺り一帯、野鳥保護区

P2101099.jpg
東屋が見えてきた

P2101097.jpg
ヒカゲツツジの開花はまだまだ先のよう
2019.02.16 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今頃の松野湖はだあれもいなくてのんびり出来る。
何かが動いているようだったので覗いてみたらミヤマホオジロだ。他ではなかなか
見つからない鳥なので、もう少しこっちへ来てくれないかなあと思ったが
逃げられてしまっては元も子もない。
コゲラが木をつつく音がしてキョロキョロ探していたらすぐ近くの木にいる。今日は
コゲラが多い日だった。
ボランティア仲間のSさんは調子が悪くなって入院していたが良くなったようで、
夕方から新年会をやることになっているが、時間はまだ早いので東海自然歩道に
出て蓮華岩まで行ってみた。
水たまりに珍しい鳥が来ていたが名前が分からない、いったい何なのか。
そろそろ帰ろう。
まずビールでカンパイ、料理も酒も旨くてワイワイ言いながら大将こっちはぬる燗で。
しばらくしたらアルコールが効いてきて酔っぱらってきた。
頭がクラクラする、もう十分だ。

DSCN2715.jpg
ミヤマホオジロ

DSCN2750.jpg
コゲラ

DSCN2836.jpg
シジュウカラ

DSCN2559.jpg
ヤマガラ

DSCN2695.jpg
ルリビタキ♀

DSCN2651.jpg
蓮華岩から松野湖、笠置山

DSCN2656.jpg
蓮華岩休憩所でひと休み

DSCN2853.jpg
すごく気になるが名前が分からない

DSCN2859.jpg
2019.02.12 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大垣からR365を南へ行くと西高木家陣屋があって立派な石垣が残っていた。
2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は光秀だが、生誕地は各地にあるようで明智光秀生誕の地・多羅城の幟が立っている。
ここもそうなのかと。
長屋門の中は非公開なので見られないが、せっかくここまで来たのだから
塀のすき間からのぞいてみたらかなり荒れている様子だった。
隣に郷土資料館があるので寄ってみた。オバサンが番をしていて豊久公のお墓も
見たいと言ったら近くの瑠璃光寺にあると教えてくれた。お礼を言って次は島津豊久公の墓所へ。
周りからはほとんどビョウキだと言われているがけっこう楽しい。敵中突破の看板
から境内に入って行くと島津豊久公墳墓之地碑があった。
豊久は義弘を逃がすため烏頭坂で殿軍をつとめ自刃したと云われ、今でも島津に
縁のある小中学生が毎年墓参に訪れている。
美濃飛騨だけでもまだ半分残っているのでこれは今年中にやっておきたいが
どうなるか。

_1120792.jpg
陣屋東の石垣

_1120793.jpg
埋門跡

_1120797.jpg
西高木家陣屋へ上がって行く

_1120789.jpg
上石津の町並み

_1120806.jpg
ここにも明智光秀生誕の地

_1120820.jpg
長屋門

_1120802.jpg
西高木家陣屋の様子

_1120808.jpg
敵中突破 れきしの里の案内板がある

_1120811.jpg


_1120812.jpg
瑠璃光寺の境内へ入って行く

_1120813.jpg
島津豊久公墳墓之地碑
2019.02.08 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
水晶山は標高は低いが見晴らしは良くて滝も野鳥も一緒に楽しめる。
不動川に沿って上がると一の滝、二の滝が見えてきて、野鳥探しに来たのに
見つからなかったらガッカリだぞと思っていたらメジロが飛び回っていた。
大きいのはカワガラスだろうか。
野鳥と出会って上がって行くと、アルプスの小径は傾斜がきつくて一休みしたくなるが、そんなことでは訓練にならないのでガンバッテ上がって行く。
頂上の東屋に出たら中央アルプスが素晴らしい眺めだった。恵那山にも薄くきていて今年はあそこへ行ってみよう。
帰りがけに湿地に寄り道して木道を行くと野鳥観察小屋があってしばらく探していたらヒヨドリが見つかっただけ。
メジロ、カワガラスがまた来ていないかと一の滝まで下りてきたが同じ所に
いるはずがない。他にすることもないので来た道を帰った。


P1270960.jpg
一の滝

_1270961.jpg
二の滝

_1270968.jpg
鳥屋尾根の分岐から水晶山へ

_1270970.jpg
急な階段だが頂上は近い

_1270982.jpg
頂上の東屋

P1270972.jpg
恵那山方面

P1270978.jpg
中央アルプス

_1270986.jpg
やすらぎの小径を下り木道を進む

_1270990.jpg
野鳥観察小屋

DSCN2488.jpg
カワガラスだろうか

DSCN2486.jpg
メジロ
2019.02.05 Tue l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top

山城はどこも分かりにくくて困るが、美濃赤坂駅に出ると観光案内板があるので助かる。まず赤坂本陣を見物した、古い町並みが残っていていい所だ。
将軍専用の宿泊所・お茶屋敷もあるのでこれもついでに見ておこう。
資料を見ると家康も三回ほど利用しているらしく、大阪夏の陣のあと秀忠も立寄っている。
二重の土塁に囲まれ東西は最大170m、南北164mという広さだったが今は半分が学校の敷地になっていた。
ここから南の小高い所に家康が関ヶ原合戦に備え最初に本陣を置いた岡山本陣がある。
わざわざ観光客が来るような所でもないので案内板もなかったが、安楽寺の境内
から裏山の方へ上がって行くと平坦な所に出て周りはヤブだらけ
「関ヶ原合戦岡山本陣址」の碑が残っていただけだ。
多少ガッカリしたがやっと来れた。


_1281010.jpg
大正8年開業の美濃赤坂駅

_1281012.jpg
中山道赤坂宿

_1281022.jpg
古い町並みが残っていた

_1281023.jpg
赤坂宿本陣址

_1281025.jpg
御茶屋敷址へ入って行く

_1281028.jpg
当時は高さ4mあった土塁

_1281033.jpg
移築された表門

_1281034.jpg
いよいよ岡山本陣へ

_1281036.jpg
安楽寺

_1281049.jpg
裏山を上がる

_1281048.jpg
広場に出る

_1281043.jpg
関ヶ原合戦岡山本陣址の碑

2019.02.02 Sat l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top