FC2ブログ
サッパリしたかったので散髪を済ませたついでに堤防道路を歩いてみよう。
年末は混んでいるだろうし、待っている時間がもったいないので少し早めに出かけ
たらいつもの時間より早くやっていた。
もう4人ばかり先客が待っていて、客筋は全部同年配だ。この店は早いのが取り柄で、今時こんなに早くやってくれる店は他にはないので都合が良い。
結局大分待たされたたがまあ仕方ない。
土岐川にカルガモ、カワウ、サギが来ている。どういうわけかこの辺りに集まっていて水鳥たちが好きな場所なんだろう。
カルガモは相当多くて茂みに隠れていたカルガモたちが出て来た、まだ子供かな。
親ガモも餌を探してスイスイ泳いでいる。
けっこうおもしろいので見ていたら子ガモの後ろを親ガモが心配そうについて行く
ように見える。以前カワアイサも来ていたが今年はまだ来ていないようだった。


_C110323.jpg
アオサギ

_C110310.jpg
カワウ

_C110299.jpg
カルガモ

_C110366.jpg
ダイサギ、カルガモ

_C110373.jpg


_C110338.jpg


_C110346.jpg
ダイサギ

_C110354.jpg
セキレイ
2018.12.28 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
定林寺湖に初めてホシハジロが来ていた。
若人の丘には他にも溜池があって、どういうわけか分らないが来ていたのは定林寺湖だけ、
多分ホシハジロが好きな場所なんだろう。
もう少しこっちへ来いと思っていたら近くまで来てくれた。
野鳥もいるはずだが、いくら探しても見つからなくて今日は収穫ゼロか。ほとんどあきらめて
東屋から上がった林の中でやっとシジュウカラ、ヤマガラを見つけた。
展望所まで上がって行く途中で、この時期にちょっと考えられなかったがツマグロヒョウモンがいる。
他にもまだその辺にいるんじゃないかと。よく見たら連結していてそのままヒラヒラ飛んで
行った。あんがい元気そうでどこへ行ったのか、あの後どうなってしまうのか、もしかしたら
越冬するかもしれないということにしておいた。

DSCN0144.jpg
ホシハジロ♂

DSCN0113.jpg
ホシハジロ♀

DSCN9971.jpg
シジュウカラ

DSCN0048.jpg
ヤマガラ

DSCN0105.jpg
ツマグロヒョウモン
2018.12.25 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
さいしょに御大の館へ行ったのは5年くらい前で、また絶景を見たくなった。
林道がそろそろ通行止めになるかもしれない、ボヤボヤしていられない。
温泉同好会のオジサンを誘って飯田市に出たらまず県道59号を大鹿村へ。

観光案内所があった所は「道の駅・歌舞伎の里大鹿」になっていた。昼食に冷えた
オニギリなんか考えものでどうかと思ったが「チンしましょうか」
お礼を言って鳥倉林道を上がって行くと仙涯嶺から木曽駒ヶ岳までズラリと見えて
きて素晴らしい。
夕立神パノラマ公園に出たらこんないい景色なのにだあれもいなかった。すぐ前に
赤石岳がドカッとそびえていて大沢岳の間に聖岳も見える。
荒川東岳は手前の山に隠されて見えなかったが前岳、中岳が綺麗。飽きるくらい
見ていたが風が出てきたのでそろそろ下りようか。
あとは御大の館へ向かうだけだ。
パノラマ公園からは見えなかった仙丈ヶ岳、北岳、塩見岳などなど眺めながらドップリ浸かって来て良かったなあ。
帰りがけに土産を探していたら岩魚の骨酒が見つかった。これはいい。

_C150510.jpg
中央アルプス

_C150477.jpg
仙涯嶺、南駒ヶ岳、空木岳

_C150483.jpg
宝剣岳、木曽駒ヶ岳

_C150516.jpg
夕立神パノラマ公園へ

_C150514.jpg
夕立神パノラマ公園展望台

_C150492.jpg
荒川前岳、中岳

_C150507.jpg
赤石岳

_C150501.jpg
聖岳

_C150530.jpg
玄関ロビーに御大と呼ばれた故島岡監督

_C150538.jpg
高森町は島岡御大の出身地

_C150519.jpg
御大の館から仙丈ヶ岳

_C150521.jpg
北岳、間ノ岳

_C150522.jpg
塩見岳
2018.12.21 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
またまた観察調査会に同行させてもらった。泉北団地東湿地を調査しよう
というわけで、まず乙塚古墳、隠居山遺跡を見物する。
太陽光発電所がある所に出て沢沿いに上がって行くとだだっ広い湿地があって、
入って行ったらはまってしまってマイッタ。
二つ目湿地に出たらミミカキグサ、ホザキノミミカキグサがまだ咲いていた。
モウセンゴケが紅葉していて真っ赤だ。
来年はどんな花が咲いているか楽しみで、本当に自然が好きな皆さんだなあと
感心する。
その上にも踏み跡らしい所があるから人が通ったことがあるのは間違いないが
行き止まりだった。
帰りは沢が終わった辺りから急斜面を上がり、一旦谷へ下りたら強引にヤブを
すり抜けたり、くぐり抜けたりして団地に出る。これで楽に戻れる。
5時間くらい歩き廻った。ありがとうございました。


_C130381.jpg
乙塚古墳

_C130389.jpg
1600万年前の全身骨格化石が発見された

_C130397.jpg
隠居山

_C130395.jpg
隠居山から屏風山

_C130410.jpg
ひとつ目の湿地

_C130416.jpg
二つ目の湿地で観察中

_C130433.jpg
沢の終点も調査

PC140457.jpg
ミミカキグサ

PC140448.jpg
ホザキノミミカキグサ

PC130422.jpg
トウカイモウセンゴケ
2018.12.18 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大垣には「西高木屋陣屋」「岡山本陣」が残っているが今回は大垣城を
見に行った。東門から城内へ入って行くと奥に天守が見えてくる。
復元図を見ると鉄門跡は本丸と橋でつながっていた二の丸だった。

城下町を含めると東西1,3キロ、南北1,2キロの広さだったが、今の大垣城は
堀は埋められ、商店街や市街地に囲まれ大垣公園になっている。
入城料100円を支払って天守に上がってみた。景色を眺めていたらご夫婦と
出会って、なんと弘前の人だった。
「あれが岐阜城ですか?岡崎城を見て来ました」
「ここから岐阜城も犬山城も近いですよ」
ひととおり見物して水門川に沿って行った先に「四季の広場」というのがあって
カルガモがのんびり泳いでいる。
「奥の細道むすびの地」で一句捻っている人もけっこう多くて観光客で賑やか、
今日は2度楽しんだ。
喫茶処芭蕉庵でひと休み、やっぱり水まんじゅうを買って土産としよう。

_C070135.jpg
東門

_C070145.jpg
天守

_C070129.jpg
鉄門跡付近が二の丸

_C070161.jpg
復元図

_C070165.jpg
天守からの眺め

_C070168.jpg
遠くに金華山が見える

_C070173.jpg
天守の石垣に大洪水の跡

_C070124.jpg
初代藩主・戸田氏鉄公

_C070125.jpg
西門

_C070213.jpg
住吉灯台

_C070201.jpg
もやい船と住吉橋

_C070205.jpg
松尾芭蕉

_C070210.jpg
喫茶処芭蕉庵
2018.12.14 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年は暖かい秋だったが急に寒くなった。風呂好きはなにより温泉だ。
ここの露天風呂は御嶽山を眺めながら湯に浸かれるので天気の良い日をねらって、今日はお隣さんも一緒だ。
薬湯は「みかんの湯」神経痛、肩こりにも効いて美肌の湯だった。最近少し薄くなったかな、効能表に血流が良くなって抜け毛予防にいいとあるので丁度良かった。
御嶽山に雪が来ていて綺麗、その左に見えるのは白山だろう、名前の通り
真っ白だ。
むかし通っていた近所の風呂屋は今では考えられないくらい熱い湯で、先客が
入っているので薄めることも出来なくて困った。電気風呂というのがあったので入って見たら電気がもれていたかもしれない。
ビリビリして感電したみたいで今でも覚えている。
それ以来やめていたが思いきって入ってみたらマッサージみたいでこれなら
マッサージ器にかからなくてもいいや。サウナの中は85度、もう少し汗を流して
1グラムでも減量したかったがガマンできない。
寝湯は身体を伸ばして寝れるから楽だ、ここなら長湯できそう。


PC110282.jpg

_C100268.jpg

_C100271.jpg
2018.12.11 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
そろそろメジロが来ているんじゃないかと期待して出かけたがダメだった。上流
の橋を渡った所にも柿の木があるので一応見に行ったがヒヨドリがピーツピーツ
鳴いていてあっちへ行けと言いたくなる。
シジュウカラは相当多くてベニマシコ、ヤマガラが実をくわえて食事中だ。
他に珍しい鳥でも来ていないかと探していたらカワセミがものすごい勢いで飛んで行った。
コバルト色の良く目立つ鳥ですぐ分かった。見つけられないだろうと諦めていたら
木の枝に小さな鳥が来ている。
ジョウビタキかもしれないと良く見たらカワセミだった。もう少し近くまで行きたかったが、逃げられてしまいそうでどうしようか、かなり遠かったがヤッター、良かったなあ。
モタモタしているうちにもう行っちゃったのかとガッカリ。
また出会えるチャンスはいくらでもあるだろうからこれで帰ろう。野鳥探しとしては
最高の場所だ。
とうとうズームレバーがおかしくなった、10日で戻ってくるらしい。


DSCN4026.jpg
シジュウカラ

DSCN2138.jpg
ヤマガラ

DSCN1429.jpg
ベニマシコ♂

DSCN5333.jpg
カワセミ

DSCN1297.jpg
セグロセキレイ
2018.12.08 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ガイドブックに越百山→仙涯嶺→南駒ヶ岳を周回するコースが載っている。
南駒ヶ岳は中央アルプスの中でも有名な山だし、考えただけでもワクワクしてくる。

頂上まで行くつもりはなくて、伊奈川ダム上登山口から入って越百山がどんな所か
見に行こうというわけで「よし行こう」
日暮れは早いし暗いうちから起きて出発、伊奈川ダムまで乗りつけるつもりだったがダム1キロ手前で通行止めだ。
登山者はどこにもいなかったが、ポストに越百山へ行った登山者の名前が残って
いた。
林道が豪雨で崩れ大変なことになっていて、福栃橋を渡って南駒、越百山の
分岐に出たら道が消えていたが指導標に従って右へトラバースして登山道へ入る。
斜面を上がって行くと尾根が出てきて越百山、仙涯嶺の頂上部がチラッと見えた。
来年はあそこへ行ってみようなんて考えながら五合目辺りまで上がった所で
引き返した。
林道を下っていた時、「オーイ」と呼ぶので見るとどでかい熊のウ○コだ。直径15cmくらいでまだ新しい。ちゃんと熊ベルをぶら下げているし、こっちからチョッカイを
出さなければ心配ないが、もし出会ったらどうしようかと。
とにかくこの計画だけはやっておきたい。


_B290052.jpg
伊奈川ダム

_B290055.jpg
林道が崩壊していたが徒歩での通行は可能

_B290059.jpg
豪雨で崩壊

_B290060.jpg
ようやく空木・南駒・越百の入口に着いた

_B290064.jpg
分岐に出たら南駒・越百山へ

_B290078.jpg
分岐から越百山へ

_B290108.jpg
越百山への指導標

_B290085.jpg
登山道に出て斜面を上がって行く

_B290097.jpg
仙涯嶺がチラッと見える

PB290093.jpg
越百山

_B290103.jpg
やせ馬の背を上がる

_B290113.jpg
クマの落し物

_B290120.jpg
猿の集団に出くわした 
2018.12.04 Tue l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
近くまで行ってもいつも通り過ぎていたたけだったので、うだつの上がる町並み
も見たいがまず小倉山城へ行ってみた。
構造は小倉山山麓の本丸と二の丸、三の丸などで、本丸跡に天守風の櫓があって
これが本物だったら価値があるのだが。当時の石垣が残っていて立派なものだ。
二の丸は駐車場に、三の丸には美濃市図書館が建っている。
山頂の展望広場まで上がってみたら長良川、誕生山そして城下町が広がっていて
眺めのいい所だった。
ここまで来る人は誰もいなくて静か。長良川の方へ下りて来たら美濃橋が見えて
くる。川湊灯台を眺めながら曽代用水に沿って歩いていると小さな橋があったので
これを上がってみたら八幡神社に出られる。
金森家の菩提寺・清泰寺があるので見ておこう。境内に城主・金森長近を祀った
金森大権現と裏手に廻ると跡継ぎ長光公のお墓も見つかった。
もう大分歩き廻った感じで、うだつの上がる町並みは今度にしよう。


_B180264.jpg
小倉山の展望台

_B180277.jpg
本丸の石垣

_B180278.jpg
本丸の石垣

_B180266.jpg
二ノ丸から本丸へ上がって行く

_B180267.jpg
本丸広場

_B180221.jpg
展望広場から長良川

_B180220.jpg
誕生山

_B180227.jpg
城下町

_B180229.jpg
美濃橋は工事中

_B180235.jpg
川湊灯台

_B180252.jpg
八幡神社

_B180259.jpg
清泰寺金森大権現
2018.12.01 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top