FC2ブログ
野鳥が見たくなって深沢川に沿って終点まで行ってみた。ホオジロが飛び出て
来ただけで他へ行った方が良かったかもしれないが、戻る途中ジョウビタキの♂と♀が一緒に来ている。
ダラダラ歩いてほとんどイヤになっていた時だったので急に元気が出てやる気に
なった。どうせ逃げられてしまうだろうなあとそっと近づいて行く。
シジュウカラがヤブの中にいることは分っているのでしばらく待ってシャッターを
押す。大分要領が分かってきたみたい。
クロジ?ベニマシコも来て諦めないで良かった。
午前中遊んでいてもう帰ろう。鳥撮りオジサンと出会って情報交換、ここで撮った
写真集を見せてもらって「カワセミですか」いいなあ。
「今年はまだ少ないようだ、あそこの柿が熟すとメジロとヒヨドリが来て取り合いに
なる」
オシドリが来る池も教えてもらって「ありがとうございました」と言って別れた。
原則として明るいうちはやらないことにしているが、今日はいい日だったよ。


下栗の里
ジョウビタキ♂

DSCN0710.jpg
ジョウビタキ♀

DSCN1254.jpg
シジュウカラ

DSCN1499.jpg
ベニマシコ♀

DSCN0890.jpg
クロジだろうか
2018.11.27 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大正村から串原へ向かって下って行くと右側に明智川が見えてきて紅葉の名所に出る。国鉄明知線の開通を記念してカエデが植えられた所で、これが下ヶ淵。
ずい分昔の昭和9年の話。
紅葉の時期には少し遅すぎた感じで、それでも十分キレイだった。いい所だなあと
見ていたら黒っぽい野鳥が来ている。
覗いてみたらカワガラスだ、後をついて行ったらとうとう何処かへ行ってしまって
なかなか難しい。
そのうち小雨が落ちてきてかなり冷える。すぐ下流に「ささゆりの湯」があるので
行ってみようか、雨が止みかけているので午後からにすれば良かった。


PB220010.jpg
1キロ近くカエデが続いている

PB220019.jpg

PB220039.jpg

PB220027.jpg

PB220034.jpg
2018.11.24 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ご近所のオジサン仲間が集まってどこか出かけようという話になった。
紅葉に間に合うはずだったが遅くなってしまってようやく出発。
西ウレ峠の紅葉は終わったとの情報。どうしてもと言うので、もしかしたらそれなりに綺麗だったらもうけものだと行ってみたらやっぱりダメでどうする?

来た道を戻って郡上辺りならまだ楽しめそうなので後は行き当たりバッタリ。
道の駅「馬瀬三輝の里」の足湯は故障中、仕方がない温泉スタンドは使えるので
「頭から被ってみようか」「よし下呂へ出よう」
東仙峡金山湖でトイレ休憩、普通通らない所で紅葉がけっこう綺麗だった。
黄金姫街道に沿って「横谷峡四つの滝」というのがあってここも見物する。
それでも戻ったのは17時だった。
Tさんは調子が悪くなって止めたと聞いていたが良くなったのだろう「反省会をやろう」ごくろうさんでした。


PB130103.jpg
馬瀬美輝の里、静かでいい所だ

PB130101.jpg
紅葉も楽しめる

PB130112.jpg
岩屋ダムは東海の水がめ

_B130120.jpg
オジサンたち

PB130113.jpg
岩屋ダムの紅葉

PB130132.jpg
横谷峡白滝

PB130128.jpg
横谷峡二見滝 
2018.11.21 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
曾木公園はモミジのライトアップで有名な所だが、近場の穴弘法だって逆さモミジを楽しめる。
案内を見ると穴弘法の石仏は戦国時代に命を落とした人の霊を弔うために高山城址の岩の凹に納められている。そんなに観光客が来るような所でもなくてチラホラ
おかげでゆっくりできる。
霊が出てきそうな雰囲気でもないが、もしかしたら落武者の霊がそこらじゅうにいる
かもしれない。考えてみるとそんなことはないよなあ。分らないことはあまり考えない方が良さそう。


PB140183.jpg
逆さモミジがキレイ

PB140189.jpg
まちおこしと読める

PB140169.jpg
竹あかり

PB140156.jpg
穴弘法

PB140165.jpg
穴弘法
2018.11.17 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
なかなか行く気にならなかったが、ツアーに参加しないかと誘ってくれたのですぐOK。
藤内小屋→国見峠→山頂まで距離6キロ、4時間半かける一日コース。
まだ歩いたことがない裏道ルートだし、何も考えなくていいし、人の後をついて行くだけで
どんな所か入ってみよう。
帰りはロープウエイを利用して湯の山温泉で入浴もでき、お土産付だ。
順調に進み藤内小屋で水分を補給、気楽なはずだったがこのあと傾斜がキツくなって6合目
まで上がって来たら上からタオルをブラ下げただけの若い人が下りてきて猿より身が軽そう、あっという間に見えなくなった。
ようやく1090mの国見峠に出てキツイ登りだった。
ここまで3時間、昼食を摂って小休止。これといった決まったものがなくていつも迷って困るが、普段食べなれているものが一番、山の中では空腹感が無くなればいいだけのことで
オニギリとデザートはバナナ。
そんなにノンビリしていられないので後は気力だけで三角点を確認、かなりバテた。

_B110003.jpg
御在所岳

_B110007.jpg
沢沿いに上がって行く

_B110012.jpg
いくつもの渡しが出てくる

_B110024.jpg
藤内小屋

PB110023.jpg
藤内小屋からの紅葉

_B110035.jpg
岩がゴロゴロしている

_B110036.jpg
兎の耳

_B110049.jpg
藤内壁出合

_B110059.jpg
藤内壁を眺めながら上がる

_B110060.jpg
ロッククライマー発見

_B110066.jpg
国見峠へ

_B110070.jpg
国見峠

_B110072.jpg
御在所岳一等三角点

_B110076.jpg
鎌ヶ岳

_B110080.jpg
国見岳

_B110084.jpg
ロープウエイで下山
2018.11.14 Wed l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
午前中に帰ってくるつもりで岩村町へ出かけた。
小沢渓谷へ入って行ったら一番いい時に来たなあという感じで、紅葉が綺麗な
所だった。遠くまで行かなくてもけっこう楽しめる。
紅葉を眺めながらしばらく岩村川に沿って歩いて行くと下流に「虹の中橋」というのがあって一応対岸へ渡ってみた。
もう少し先まで行くと二ツ森山が見えてきて水鳥がスイスイ泳いでいる。
紅葉の真っ盛りの季節なのにだあれもいなくて静か。野鳥も多そうでいい所だなあ、まあこの辺りまでかと引き返した。
行きたい所はいくらでもあるが、やっぱり涸沢カールの紅葉は一度見てみたい。
シマッタ行っておけば良かったなんて思わないように来年こそ計画しよう。

_B040786.jpg
岩村川沿いに1キロくらい紅葉が見られる

PB040834.jpg 

_B040814.jpg


PB040830.jpg


PB040813.jpg


_B040817.jpg
虹の中橋

PB040826.jpg
虹の中橋
2018.11.10 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小渕ダムへ行ったら完全に干し上がっていて昔の氷田跡の石垣がそのまま
残っていた。
サギを見つけたのでそっと後をつけて行く。珍しくイソシギが来ている。
この辺りノラネコが多い所で、どうやら餌付けされているみたいだ。黒ネコはデカくて重そう、ニャーニャー鳴いてこっちをジッと見ていたが、まあこれからも元気でやって
くれよ。
もう少し歩いて上流のため池まで行ってみよう。野鳥が来ていてなんだ又ホオジロ
かと思ったがゼロよりいいか。
林道を上がって脇道へ入った所でヤマガラ、エナガを見つけてしばらくねばって
いたが逃げられてしまった。
ダム湖を一周してそろそろ帰ろうとしていたらジョウビタキが飛んできて近くに
止まってくれた。お久しぶりです、又会えて良かったねぇ。


_A250729.jpg
日本最古のロックフィルダム

_A250734.jpg
昔使われていた氷田跡

DSCN0462.jpg
アオサギが湖底で餌探し中

DSCN0498.jpg
イソシギ

_A250728.jpg
ノラネコさん

_A240715.jpg
ノラネコさん

_A250724.jpg
ため池も干し上がっている

DSCN0973.jpg
ホオジロ

ヒヨドリ
ジョウビタキ
2018.11.06 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
寒かったが早起きして若人の丘へ、ここは飽きるくらいで何度でも入って行く。
御嶽山に新雪がきていてキレイ、冬山は登らなくても下から見ているだけで十分満足。
春にキンランを教えてくれたオジサンと出会って、ツルリンドウが咲いていたとの
情報。ツルリンドウが咲いていたのは陶史の森だったが、定林寺湖に咲いているとは気付かなかった、よし見つけに行こう。
山側らしいから見つけるのは難しそう、その気になって探してついに見つける。次は市の沢池、湿地の近くでヘビノボラズが実を付けていた。
園戸池のセンブリは盗掘されてしまったが、別の場所で一株咲いていた。
園芸店でも売られているらしいから商売目的で採られたかもしれない。
カマキリが勢いがなくなってしまってジッとしていた。

PB010748.jpg
御嶽山

PB010779.jpg
中央アルプス

PA140509.jpg
ツルリンドウ

PB010764.jpg
市の沢池

PA140502.jpg
ヘビノボラズ

PB010772.jpg
センブリ

DSCN0389.jpg
ズミ

PA140494.jpg
リンドウ

PA130491.jpg
カマキリ

DSCN0725.jpg
本日の一枚
2018.11.03 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top