FC2ブログ
田んぼアートが見頃だと聞いて山岡町へ半日くらいドライブする。
イワクラ公園に出ると田んぼアートが素晴らしい、やっぱり「半分、青い」だった。

展望台のいい席は三脚を構えたカメラマンの連中が占領していてどうにもならないが
そんなに違わない。側に明知鉄道が通っていて、すぐ来るわけもないので観光客、
カメラマンたちと一緒に待っていたら電車がやって来た。
バシャバシャやるがあっという間に通り過ぎてしまって難しい。

帰るにはまだ時間が早いし、飯高観音があるので一応寄ってみる。境内をウロウロ
していたら「茶室園月」というのがあって、覗いてみたら四畳半の明るい茶室だ。
むかし三畳一間の陽当たりが悪い部屋に住んでいたことがあってケッコウ広い感じ。

山側に道が通じていて景色が良く見えるだろうと上がって行くと白山神社が祀られている小高い所に三角点があったが見通しはきかなかった。
戻る途中でいい匂いがしてきて、ちょうど小腹が減ってきたときだったので五平餅を注文、漬け物も付いていてこんな美味いものはない。

P8261074.jpg
イワクラ公園展望台

P8261080.jpg
田んぼアート

P8261077.jpg
ふくろう商店街のキャラクター「ふくろう」と「エーナちゃん」

P8261092.jpg
明知行の電車がやって来た

P8261171.jpg
山岡駅の森の列車カフェ

P8261133.jpg
茶室園月

_8261152.jpg
茶室園月

_8261122.jpg
小高い所に白山神社

_8261123.jpg
三角点がある

P8261125.jpg
飯高観音茶屋で腹ごしらえ

P8261128.jpg
ビールも置いてあるが

_8261131.jpg
五平餅
2018.08.31 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
妻木城は何度も行ったことがあったが、士屋敷跡や城下町もある。
まず妻木公民館に寄ってみたら散歩マップがあったのでちょうど良かった。

士屋敷に井戸跡、タガネ跡がある岩があってこれはその気になって探さないと
なかなか見つからない。ブラブラしていたら民家の奥さんと出会って面白いものを
見せてもらった。
カブトムシの小屋、メダカの水槽、野鳥の巣箱、ミツバチの巣箱の前にニワトリの
肝がブラ下げてあって砂糖水も用意してある。
自然が好きだと聞いていい奥さんだなあ。ミツバチを食べに来たオニヤンマをタモで簡単に捕まえてたいした人だ。
下って行くと士屋敷跡はかなりの傾斜地で見晴らしの良い所だった。春日神社に
切支丹灯篭というのがあって案内板を読むと「宣教師を思われる異国風の像が・・・隠れ切支丹の信仰ぶりをよく示しています」

古い町並に庄屋だった屋敷が残っていていい雰囲気、「右おろしときつ左かさはら
たじみ」の道しるべから下って行くと妻木川に出てしまった。そこから何となくもと来た道に出て2時間くらいの散歩コースだった。


_8210954.jpg
士屋敷跡

_8210951.jpg_8211000.jpg
井戸跡                         タガネ跡がある岩がある

_8210961.jpg
巣箱の出入り口に鶏の肝と砂糖水

_8210956.jpg
オニヤンマがミツバチを食べに来ていた

_8210996.jpg
妻木城士屋敷跡碑

_8221010.jpg
士屋敷跡からの眺め

_8210965.jpg
春日神社

_8210967.jpg
切支丹灯篭

_8210971.jpg
城下町らし枡形道路

_8210976.jpg
上郷の日東庄屋

_8210979.jpg
常夜燈

_8210980.jpg
上郷の木村庄屋
2018.08.28 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ひょっとしたら野鳥に出会えるかもしれないと出かけたがセミがミーンミーン
ジィージィー賑やかなこと。
鳴き声も聞こえてこないしやっぱりダメだったかというわけでそんなにもガッカリ
しなかった。
遊歩道沿いにブルーベリーが植えてあって食べごろのようだったので、どうせ野鳥に食べられてしまうのかなあと一粒食べてみたら旨い。この実を沢山採ってきて
ブルーベリージャムを作ってみようか。
さとやま庵から峠に出たら突然巨大な太陽光発電所の前に出てゴーと音が
している、野鳥が逃げてしまいそう。
考えてみれば何もしないのが一番の環境保護なんだろうがもうそんな時代でも
ないようで、正解かどうか誰も分らない。
もう歩く気になれない、それよりかえってビールをやろう。

_8170860.jpg
小里川小橋

P8170895.jpg
ブルーベリー

_8170886.jpg
シオカラトンボ

DSCN9457.jpg
キチョウ

DSCN9453.jpg
カマキリがカメラにしがみついてきた

P8170884.jpg
クズの花がまだ咲いている

_8170867.jpg
道の駅の水車が見える所に出る

_8170881.jpg
さとやま庵

_8170874.jpg
スイレンの池を過ぎて上がって行く

_8170878.jpg
太陽光発電所
2018.08.24 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
岐阜市内に東海百城がまだまだ残っている。ナビで検索できるので迷うことも
なかった。
加納城は関ヶ原合戦後に大坂方への備えのために家康が築いた城でかなり
大きい、国の史跡に指定されている。
大手門跡から歩いて行くと正面に本丸の石垣が見えてきて左側が三之丸跡、今は
加納小学校の敷地になっていた。堀はすべて埋められ二ノ丸跡も住宅や岐阜地方
気象台になって当時の石垣の一部が残っているだけだ。

二の丸跡を歩いていたら小さな公園があって、トイレ休憩でもしようと寄ってみたら
たまたま「加納領膀示石」を見つけた。運がよかった。
いよいよ本丸へ入って行くと石垣に囲まれた広い所で「まえは自衛隊が使っていた、良く見たよ」「アアそうですか、いなくなって良かったねェ」近所のオバサン、オジサンたちがゲートボールで遊んでいて楽しそう。
全部見ておこうと2時間半ばかり歩き廻ったが疲れも感じなかった。
近くに革手城もあるのでいつか行ってみよう。


_7270466.jpg
加納城大手門跡

_7270474.jpg
加納小学校と正面が本丸の石垣

_7270463.jpg
加納小学校に三之丸跡碑

_7270490.jpg
二ノ丸跡の岐阜地方気象台と当時の石垣

_7270483.jpg
荒田川

_7270481.jpg
長刀堀は暗渠の水路

_7270429.jpg
本丸の石垣

_7270438.jpg
本丸の石垣と埋められた堀

_7270432.jpg
本丸跡

_7270450.jpg
本丸跡

_7270502.jpg
東南の石垣

_7270452.jpg
縄張り図

_7270455.jpg
復元図
2018.08.20 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
塞神峠から美佐野街道を下ってみた。
この辺り湿地が多い所で道端でヘビノボラズやミヤマウメモドキが実を付けて
いたり、サワシロギク、コバノギボウシが咲いていた。

開けた所に出たら大富池、チョロチョロ流れ込んでいる沢があるのでそんなに期待もしていなかったがサギソウが見つかった。湿地と言えばサギソウだろう。
二つ三つばかり湿地を覗いていたらちょうどミミカキグサが沢山咲いていて良く目立つ黄色の花だ。
ホザキノミミカキグサも同じような所に咲いているはずだから探していたらついに
見つけた。
湿地の先を下って「旧美佐野街道」の分岐に出たらここから旧街道へ入って終点まで行くつもりだったが、笹がかなりキツそう。
たいしたヤブでもなさそうだったが、先のことを考えるとマムシに注意だし、帰りは
ほとんど登りだし車までの距離が遠くなってしまう。
もう行かなくてもいいかと引き返した。こんなことではダメだが。


P8140844.jpg
サワシロギク

P8140854.jpg
コバノギボウシ

P8120771.jpgP8140858.jpg
ヘビノボラズ                     ミヤマウメモドキ

P8140851.jpg
小さな湿地を覗いてみたら

P8140847.jpg
ハッチョウトンボ♀

P8120768.jpg
大富池

P8120774.jpg
サギソウ

P8120781.jpg
ミミカキグサ

P8120801.jpg
ホザキノミミカキグサ

P8120799.jpg
トノサマバッタ

_8120800.jpg
旧美佐野街道に出た所で戻ることにした
2018.08.17 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
滝探しをやっていたら「山岡滝」というのがある。山岡温泉があったが大分まえに閉館したらしい。場所は明知鉄道・山岡駅に近い山の中でどんな所か。

数年前まで営業していたのでそんなに古くもないが荒れ放題、当時は賑やかだったよ、多分。門をくぐり廃屋の側を通って入って行く。
こんな所に人がいるはずがないが、何が出て来るか分からないしあまり気分の良いところでもなかったが、通り抜けたら橋が見えてきてそこが山岡滝だった。

滝と言うよりは滑り落ちていると言った方がいいくらい。石戸不動尊が祀られていた。
川沿いの側は歩き難かったがもう少し上がって上流へ行ってみよう。
2センチくらいの小さなカエルがいた。
帰りがけに道の駅に寄ったら観光地図にも載っているが、誰も来なかったので
かえって良かった。

_8100666.jpg
道路沿いに古い案内板

_8100671.jpg
閉館した山岡温泉

_8100674.jpg
案内板を見るとこの奥らしい

_8100677.jpg
廃屋を通り抜けると

_8100681.jpg
赤い橋と石戸不動尊が見えてきた

_8100712.jpg
山岡滝

_8100698.jpg
山岡滝

_8100696.jpg
橋の向こうにも廃屋

_8100702.jpg
川沿いに上流へ

_8100700.jpg
上流にも滝

_8100708.jpg
2018.08.13 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月いっぱいは暑い夏だったが、8月に入っても暑すぎる。五宝滝があったのを
思い出してブラッと出かけた。
周回コースが造られていて滝に出たらヒヤヒヤするまではいかないが涼しい、喉が
渇いたら滝の水を飲めばいいかもしれない。

一の滝から見下ろすと東屋が小さく見え、その先は急な下りで円明の滝、二天の滝が出てくる。戻ってきたら1時間くらいで済んでしまった。渓谷は武蔵渓谷という名前が付いているから昔は宮本武蔵が修行したところに間違いないだろう。

時間はまだ早いし、上流へ上がった所に「山小屋カフェ山なんや」というカフェ、音楽、アウトドアの山小屋風のお店があった。
どこだったか良く似た感じで山小屋が見え始めたとき「オーイ着いたぞー」
と言いながら歩いていくようで、テラスでコーヒーでもと思ったが
「Closeお休み中です」仕方がない、眺めていただけで諦める。

野鳥の鳴き声が聞こえてきて、小さな鳥が来ていた。もう少し歩いてみたが荒れた
感じになってきて引き返した。地図を見ると行けそうな気がするのでいつか行って
みようか。

_8040589.jpg
3段滝

P8040604.jpg
一の滝

P8040606.jpg
一の滝

P8040607.jpg
一の滝から東屋

_8040614.jpg
円明の滝

_8040618.jpg
二天の滝

P8040621.jpg
宮本武蔵レリーフ

P8040635.jpg
武蔵渓谷

_8040628.jpg
山小屋カフェ 山なんや

_8040631.jpg
山なんや
2018.08.10 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みたけの森に二つ湿原があってまず高原湿原を見に行こう。東屋から林道を少し下って行くと湿原が見える所があるので、これを下って行った方が近そう。

夏バテ気味で少しでも楽しようと斜面を下って行くと水ゴケがいっぱい。靴を濡らしてしまってこんなことなら長靴で来るのだったが、気にしないことにしてドンドン入って行く。サギソウの花が綺麗だった。
水たまりに虫がはねていたりハッチョウトンボが飛んでいたり、ホザキノミミカキグサ、ミミカキグサも咲いていた。足元を気にしながら歩かないと踏みつけてしまいそうで
うんと小さい。
もう十分満足だが、岩の沢湿原も見てみないと気が済まないので車を置いた所まで戻り行ってみたら木道が崩れて立入り禁止だ。
この辺りホオジロが住んでいるようで沢山見かけたがまあいいやと戻った。


_7300534.jpg
林道から木道が見える

P7300556.jpg
サギソウ①

P7310576.jpg
サギソウ②

P7310577.jpg
ミミカキグサ

P7310566.jpg
ホザキノミミカキグサ

P7300547.jpg
モウセンゴケ

P7300535.jpg
ハッチョウトンボ♀

P7310564.jpg
ハッチョウトンボ♂

P7300519.jpg
ノリウツギ

P7300531.jpg

2018.08.06 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ちょうど高山植物が真盛りで、名前が良く分らない似たような花もケッコウ多い。
コマクサは聖岳には咲いていないようだ。
タカネグンナイフウロ、ニネウスユキソウなどなど、尾根に出たらチシマギキョウが
そこらじゅうに咲いていて高山直物はいいもんだなあ。

夜、シカの鳴き声が聞こえてきた。聖平一帯はニッコウキスゲの群生地だったが
シカの食害で絶滅してしまったようで、防鹿柵で囲まれた中で残っていただけだった。

バイケイソウの先が食いちぎられていて、ここのシカは毒のあるバイケイソウまで
食べるようになったそうだが、トリカブトは食べないみたい。

ライチョウには出会えなくて残念だったけれど、お達者でどこかで会いたいね。

P7220267.jpg
ウメバチソウ

P7220305.jpg
チシマギキョウ

P7220314.jpg
タカネツメクサ

P7220369.jpg
ミネウスユキソウ

P7220333.jpg


P7220371.jpg
タカネグンナイフウロ

P7230398.jpg
ミヤマキンポウゲ

P7220378.jpg
イブキジャコウソウ

P7220374.jpg
ヨツバシオガマ

P7220379.jpg
タカネコウリンカ

P7220380.jpg
タカネマツムシソウ

_7220390.jpg
ニッコウキスゲ

P7230410.jpg
タカネナデシコ

P7230408.jpg
ホソバトリカブト
2018.08.02 Thu l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top