FC2ブログ
あい変らず若人の丘を歩いているわけで、散歩中のオジサンと出会って「おはようございます」
ホオジロがやけに多い日でシャッターチャンスはいくらでもある。カワラヒワも来て
いて楽しいが目的はオオルリなのでこの前見かけた場所へ行ってみると同じ所に
いるわけもなくて、鳴き声が聞こえてくるがどこにいるのか探しても分らなかった。

雲があらかた消えて高台に出たら御嶽山が良く見えるだろうと行ってみた。雪解けが進んでいて地肌が見える。
まだ噴火の恐れがあるので登らないことにしているが、いつまでもそんなことばかり言っていたら富士山だって登れない。御嶽山がどうなっているか気になって見て
みたいものだ。あとどのくらい経ったら元に戻るのだろうか。


DSCN7129.jpg
園戸池を一周する

DSCN7456.jpg
カルガモがスイスイ泳いでいた

DSCN7426.jpg
ホオジロ

DSCN7326.jpg
カワラヒワ

P5220258.jpg
タツナミソウ

DSCN7256.jpg
朴葉の花

_5240260.jpg
御嶽山

DSCN7267.jpg
不法投棄調査中、キビタキが逃げて行ってしまった
2018.05.30 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ヒマだけはいくらでもあるが、なかなか予定が立てられなくてやっと大日ヶ岳へ行った。ひるがの高原の登山口から頂上まで7キロ、ゆっくり歩いても3時間半も
かければ着くだろう。
登山道は新緑でいっぱい、一ぷく平を過ぎると傾斜がキツくなってくるが、屏風山で訓練しているのでそれ程驚くこともないし、疲れも感じない。
標高は1500mを超えたろうかチゴユリ、ショウジョウバカマ、タムシバがまだ咲いていた。
展望台に出たら北アルプスがズラリと並んでいて正面に大日ヶ岳が大きく見える。
眺めは実に素晴らしい、来て良かったなあ。

先客たちの中には豪華な食事をやっている連中がいるが、昼食はコンビニで買った定番のオニギリ、デザートはバナナだ。しばらく休んでいたら反対側の桧峠から
登山者が上がって来た。
頂上には1時間も居れば十分、そろそろ下山しよう。根曲がり竹を教えてくれたので
これを採って土産にした。久しぶりの本格的登山でかなりバテてきて
「オーイここで休むぞー」
山ガール三人組が追い越して行ったが休み休み下った。山から下りて来たら楽しそうに笑っていたがこっちはヤレヤレだ。あとは温泉へ向かうだけで一風呂浴びて戻った。

_5200131.jpg
大日ヶ岳登山口

_5200138.jpg
ブナ林の中を上がって行く

_5200158.jpg
一ぷく平でひと休み

_5200171.jpg
白山、別山が見え始めた

_5200168.jpgP5200151.jpg
タムシバ ギンリョウソウ

P5200199.jpgP5200187.jpg
イワナシ ミツバオウレン

_5200204.jpg
残雪があって涼しい

_5200237.jpg
谷筋にも残雪

_5200182.jpg
展望台から大日ヶ岳、ここまで来ると山頂は近い

P5200238.jpg
御嶽山

_5200236.jpg
北アルプス

_5200244.jpg
乗鞍岳

_5200228.jpg
白山、別山

_5200211.jpg
大日ヶ岳山頂

_5200218.jpg
先客たちがくつろいでいた

_5200252.jpg
根曲がり竹
2018.05.26 Sat l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
大高城へ行った時は大型連休の渋滞に捲き込まれて大分時間を損したので、
善照寺砦はしばらく経ってから出かけた。信長が兵を集めた所で、どんな砦か。

資料を見ると信長は清州城を出て熱田神宮の南あたりで鷲津砦、丸根砦から煙が
上がっているのを見たらしい。名鉄鳴海駅に出たら高台の方へ行けばいいだろうと
見当をつけてしばらく上がって行くとそこが善照寺砦跡で、カンは鈍っていないようだ。
周囲を住宅に囲まれ今は砦公園になっている。さすがに見晴らしの良い所で、
展望台に上がると「おけはざま山」が良く見える。ここから中島砦へ移り、
かかれかかれと今川軍へ向かって行った。

ちょっとした森が残っていてスズメがチュンチュン鳴いていた。善照寺砦のスズメは
他とは少し違う感じ。せめてこのままで残っていてほしいものだ。
この辺り信長が築いた砦が五つあるのでそのうち訪れてみよう。


_5010241.jpg
住宅地の前が登城口

_5010242.jpg
善照寺砦跡へ上がって行く

_5010243.jpg
曲輪跡

_5010254.jpg
曲輪のすぐ下まで住宅地

_5010258.jpg
曲輪跡

_5010236.jpg
善照寺砦跡の案内板

_5010238.jpg
櫓台跡は公園になっている

_5010232.jpg
展望台から「おけはざま山」
2018.05.22 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
そろそろミカワバイケイソウが咲いているんじゃないかと竜吟の滝へ行ったら予測どおりでピッタリ。管理所の前でクリンソウとエビネランも咲いていて苗から育てて
移植したものだそうだ。
他に行く所もないので水晶山へ登ってみよう。朝から雲が多くて頂上手前で
とうとう雨が落ちてきた。雨具は持ってきてないので東屋で止むまで待っていたら
本降りになっていつまでたっても止んでくれない。

仕方がない、濡れるだけだと下ることにした。もう少し待っておれば良かったのだが、管理所まで戻って来たら今頃天候が回復してきた。
野鳥が飛んできて枝に止まったので覗いてみたらキビタキらしい。慌ててバシャ
バシャやって思ったより写っていた。
もう一度戻ってもいいが、行ってみようという気にならない。こんなことではダメだが
近い所なので又来ればいいやと下った。


_5090015.jpg
ミカワバイケイソウ

_5090014.jpg
ミカワバイケイソウ

_5080350.jpg_5080356.jpg
クリンソウは花盛り

_5080357.jpg_5090010.jpg
クリンソウ

P5090005.jpg
エビネラン

_5090017.jpg
水晶山

_5090019.jpg
東屋

_5090018.jpg
竜吟湖

DSCN7046.jpg
本日の一枚
2018.05.19 Sat l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
5月の観察調査会に同行させてもらった。良く分らない所だが人の後をついて
行くだけでいいので気が楽だ。行ってみると灘場もなくて歩きやすく問題ない。

鳥屋洞川沿いに下るとモウセンゴケの湿地があって、ヒメタイコウチを見つけた。
めったに見られない絶滅危惧種で何十年ぶりだろう、お久しぶり。
下流の開けた所に出て川を覗くとアカハライモリがいたが、若い人はタモリは知っているだろうが、イモリなんか知らないじゃないか。

突然ホオジロが飛び立ったので見ると巣の中に卵がある。大きさはウズラの卵より
小さい。近くの木に親鳥が戻って来ていておじゃましました。
帰りは中電の巡視路を外れヤブの斜面を上がってトラロープが張られている所に
 出たら東濃鉄道駄知線の日帰トンネル跡で、反対側からなら簡単に来れる。

4時間半ばかり歩き廻って面白い。ありがとうございました。

_5100023.jpg
皆さん準備して出発

_5100027.jpg
ワイワイ言いながら観察調査

_5100037.jpg
モウセンゴケの湿地で観察調査 

P5100070.jpg
モウセンゴケ

P5100036.jpg
ハルリンドウ

_5100066.jpg
鳥屋洞川

P5100048.jpg
ヒメタイコウチ

_5100061.jpg
アカハライモリも発見

_5100068.jpg
巣の中に卵が5個

_5100055.jpg
コシアブラの大木

_5100071.jpg
煉瓦造りの日帰トンネル跡

_5100075.jpg
中は暗くて涼しい
2018.05.15 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
美濃陶芸村に寄ったらナンジャモンジャの花が真盛りで観光客もチラホラ。ここも野鳥が
多い所だが、遠くで鳴き声が聞こえるだけ、期待ハズレだった。
陶芸村の終点近くに塔みたいな岩がニョッキリ立っていて不思議な形ををしている。
気になってこれはいったい何なのかサッパリ分からない。

大同川に沿って上流へ上がって行けそうなので少し歩いてみたら踏み跡がある。
ヤブと林で行ける所まで行ってみよう。岩がじゃまして歩き難い所もあるので対岸へ渡ったり
して、源流まで行ってみようかと思いしばらく行くとミズゴケでビッシリ、靴を濡らしてしまい
冷たいこと。
装備もないし、この先がどうなっているのか分からないので沢が入り込んでいる所で
やめておくことにした。いつか行ってみようか。

_5050275.jpg
ナンジャモンジャ

_5050277.jpg
窯元むろ廻りの最中で観光客もチラホラ

_5050305.jpg
窯出しは明日らしい

_5050311.jpg
登り窯の煙突から煙がモクモク

_5050289.jpg
終点に不思議な岩が

_3230759.jpg
大同川沿いに上がって行く

_3230760.jpg
対岸へ渡る

_5040266.jpg
沢が流れ込ん来ている所で引き返した
2018.05.13 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
定林寺湖まで車が入るので気軽に来れる。そうしょっちゅう見つかるもんじゃないが、野鳥を探してキョロキョロしていたらヤマガラ、コゲラとメジロが来ていた。
メジロは枝が邪魔していて、あわてないでしばらく待つことにした。

たまたま道端で1株だけキンランを見つけたが、他に咲いていないかと探していたら
別の場所でもう1株咲いていた。
大きさ1cmくらいの可憐な花だ。花が咲いてなかったら周りの草に紛れて
分らなかったろう。注意して見ないと見落としてしまうところだった。
キンランは絶滅危惧種らしくまさかとは思うが心配、絶滅してしまったら
どうしようもない。
歩き始めてまだ1時間も経っていなくて疲れるわけもないのでもう少し歩いてみよう。
定林寺川に沿ってドンドン下って行くとイトトンボは相当多い。
キビタキが対岸の木に止まったが、もういっちゃたのか。中央自動車道が見えてきた所まで行ってみた。


DSCN7035.jpg
ヤマガラ

DSCN6989.jpg
コゲラ

DSCN6670.jpg
メジロ夫婦

P5060328.jpg
キンラン

_5060325.jpg
キンラン

_5060330.jpg
カザグルマ

_5060346.jpg
園戸小橋

_5060336.jpg
定林寺川

_5060335.jpg
イトトンボ

_5060339.jpg
中央自動車、ここで引き返した
2018.05.09 Wed l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
このところ膝の調子が気になっていて、市販の薬を飲んでみたら大分元に戻ったようだ。ブラッと若人の丘へ出かけた。
芝生広場にナンジャモンジャの花がまだ残っていた。近道して沢沿いに下るとあやめ池、突然オオルリの鳴き声が聞こえてきて木のテッペンに止まっていた。

珍しい鳥も飛んできてカワラヒワだろうか、逃げられてしまうだろうなぁと思いながらそっと近づいていく。今日はいい日だ。
市の沢池の奥に湿地があって、足元は悪いが山頂まで行ってみよう。水がチョロチョロ流れ込んでいて丁度ヘビノボラズが咲いていた。貴重な絶滅危惧種だ。

尾根を下って行くと市の沢池に出て、もと来た道に出られる。オバサンたちと出会って「散歩ですか、え、ワラビ?無かったしもう遅いよ」買い物袋みたいなのをブラさげている。近くから来た人らしいから多分まだ誰も知らない場所があるのだろう。


_4290184.jpg
ナンジャモンジャ

_4300226.jpg
あやめ池

DSCN7016.jpg
オオルリ トリミング処理

DSCN6937.jpg
カワラヒワだろうか

_4290201.jpg
湿地を通り抜けて

P4300223.jpg
ヘビノボラズ

_4290202.jpg
山頂へ

_4290204.jpg
頂上標識

_4290206.jpg
市の沢池が見えてきた
2018.05.06 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大高城は桶狭間合戦の時に家康が城番をしていた所で、今川義元が討たれ
その夜のうちに岡崎へ戻ったと云われている。
場所は名古屋市緑区、地図を見ると大高城から織田方の鷲津砦、丸根砦まで1キロもないくらい近い。
R1から離れていて案内板もないので知らずに通り過ぎてしまった。大高川を渡ってブラブラ歩いていたら案内板を見つけてヤレヤレ。

周りを住宅に囲まれ今は大高城址公園になっている。ほとんど整備されていない
ので当時の雰囲気を味わえるのでありがたい。
構造は山頂の本丸、その下に二の丸、三の丸など。二の丸は東西130m南北
50m、だだっ広い所で深さ7mの横堀が残っていて土橋で三の丸と結ばれている。

そんなにきつくはないが、歩き廻ってかなり暑い。一通り見物してこんな時はビール
なんだろうがガマンして来たついでだ、城下町も歩いてみた。
信長が入った善照寺砦は今度の楽しみにとっておこう。

_4250131.jpg
狭い路地へ入って行くと案内板

_4250097.jpg
登城口

_4250105.jpg
二の丸

_4250120.jpg
一段高い所が本丸

_4250101.jpg
本丸跡に城山八幡宮

_4250103.jpg
城址碑

_4250123.jpg
二の丸からの眺め

_4250118.jpg
土橋を渡ると三の丸

_4250108.jpg
三の丸の下にも曲輪

_4250113.jpg
横堀

_5020260.jpg
縄張り図
2018.05.03 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top