FC2ブログ
嵐山の手前に広い原っぱがあって何年も前から草だらけで何になるのかサッパリ分からないが、どこかのオジサンたちが集まってラジコンヘリや飛行機で遊んでいた。ニコニコして楽しそう。いい所だなあとしばらく眺めていた。

何か動いている気がして立ち止まるとルリビタキが枝に止まっていたがタイミングが悪くて、野鳥とは何の関係もない散歩中の人がやって来る。
その時はどうしようもなかったので「こんにちは」「おはようございます」どこかへ逃げて行ってしまった。
この辺りではめったに見られない、仕方がないだろうとあきらめたがそれにしても
惜しかった。
この後ベニマシコ、アオジやソウシチョウも来ていたのでまあいいかということにしよう。沢沿いに下って行って中央自動車道を渡った所まで行ってみた。

DSCN0170.jpg
ラジコンヘリ ラジコンカーで遊んでいる人も

DSCN0157.jpg
嵐山

DSCN0121.jpg
ベニマシコ

DSCN0236.jpg
ベニマシコ

DSCN0669.jpg
アオジ

DSCN0263.jpg
ソウシチョウ

DSCN0433.jpg
東海環状自動車道をくぐり上がって行く

DSCN0442.jpg
鉄塔を過ぎて

DSCN0444.jpg
中央自動車道
2017.12.30 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
信長公ゆかりの万松寺はまだ見たことがないので一度行ってみよう。
当時の建物がそのまま残っているはずもなくて、今は五階建てくらいのビルになっている。

ちょうど1回目のカラクリ人形が始まる時間だったので見上げていたら「人間五十年 下天の
うちをくらぶれば・・・・・」信長公が敦盛を舞い始めた。見ているのは二人だけなので多少気恥ずかしい思いもあるが、面白いものがあるもんだと。

観音通りをブラブラしたり、信秀公の墓を見たり、真央ちゃんが通った「互楽亭」があるので
ここも見ておく。店の名物は真央ちゃんチャーハンだ。
「百老亭」はまだやっていないから最近オープンした「大須DEステーキ」店で昼食を摂って
他に行く所もないので骨董市を覗いていたら賀茂鶴の前掛けを見つけた。

高かったら買う気にもならないが、欲しかったので「これいくら」「そんなバカな」やっぱり土産としよう。KING OF SAKE 酒好きの人、気になる人は是非どうぞ。

_C180384.jpg
萬松寺

_C180395.jpg
信長公が敦盛を舞う

_C180376.jpg
織田信秀公墓

_C180413.jpg
百老亭

_C180435.jpg
真央ちゃんチャーハンが名物

_C180434.jpg
真央ちゃんが小中学校時代に通った互楽亭

_C180431.jpg
行列して大須deステーキ

_C180422.jpg_C250460.jpg
骨董市で見つけました

_C180419.jpg
骨董市は大変な賑わい
2017.12.27 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
林道天狗線とは面白そうな名前なので行ってみようかということになった。
今回の予定は林道天狗線を行って終点から不動川の沿って上がりグルッと廻るコース。
行ってみたら天狗川沿いに林道が続いていてどうってこともないごく普通の林道だった。しばらく下って行って道の駅どんぶり会館や稚児岩大橋が見える高台で一休み。

不動川沿いに参道を上がって行くと不動滝があって不動大瀧神社が祀られている所に出る。ここまで順調に来たがその上は用がないのか参道は終わっていて、行ける所まで行ってみようと地図上にあった破線を辿って上流へ上がって行く。

前人未踏というわけでもないが、そのうち踏み跡もなくなって途中で引き返す気もないので笹ヤブより通りやすい所を探して対岸へ渡ったり、あそこをああやって
「こっちへいくぞ」「ハァイいいですよ」
水量が多かったら無理だろう。エナガの群れに出会ったがただ上がって行くだけだ。突然小さな平地があって耕運機が置かれている田んぼに出た。車の通る音が聞こえてきてヤレヤレ。「ここはもう二度と来ないよなあ」それでも知らない所を見て歩いてケッコウ楽しんだ。

PC030294.jpg
「みぎかきの・・・」の道標

PC030298.jpg
天狗沢川に沿って下って行くと

PC030299.jpg
道の駅どんぶり会館と

PC030300.jpg
稚児岩大橋が見える

PC030304.jpg
参道を上がる

PC030307.jpg
不動滝

PC030312.jpg
不動大瀧神社

PC030311.jpg
参道はここまで

PC030313.jpg
不動川を上がって行く

DSCN7180.jpg
堰堤を過ぎて

DSCN7179.jpg
とにかく上がって行く
2017.12.24 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
寒波がやって来た時だったのでかなり寒かったが、ハナノキの自生木調査に初めて同行
させてもらった。園戸池の周回道路から外れて笹ヤブを漕いで奥の方へ入って行く。

この辺りらしいから後について行くと、まだ知られていないハナノキを見つけて周囲のササを刈ったり、計測したり、メモをとったりして楽しそう。こちらはせいぜいササを刈るくらいで
それ以外は見ているだけだからタダの参加者というところか。
ハナノキ探しをやるとどうしてもヤブくぐりをやることになるが、強引に進むとその先にも2,3本のハナノキがあった。地元の人でもまったく知らない所だろう。

水たまりがあって、この辺り一帯は湿地だ。どういうわけか分からないがハナノキはこういう所が好きらしい。靴を濡らしてしまって冷たいこと、長靴で来るのだったが後の祭りだ。

春にはピンクの花を付けるので楽しみにしておこう。カワモズク、ホラシノブなどこれは
なかなか出来ない経験だよ。ついでながら貴重なカワモズクを食べてしまったと聞いたが、
本当がどうか分からない。

_C110327.jpg
皆さん集まって出発の準備中

_C110331.jpg
あやめ池にて

PC110334.jpg
あやめ池のスイレンが紅葉していて綺麗

_C110335.jpg _C110352.jpg
ハナノキを眺めて

_C110338.jpg
葉の裏側は白っぽい

_C110340.jpg
ハナノキの高さと太さを計測

_C110347.jpg
ハナノキ発見

_C110350.jpg
計測中

_C110361.jpg
その奥は湿地が広がっていた

_C110362.jpg
斜面を上がる

_C110367.jpg_C110329.jpg
カワモズクとホラシノブ
2017.12.20 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小渕ダムから奥へ奥磯林道が続いていてここは野鳥が多い所だが、人気のない所ばっかり歩いているので行くのは止めて小渕ダムを一周することにした。
展望所に上がって辺りを眺めていたら松にヤマガラが沢山やってきて逃げもしないで飛び回っている。こっちで良かったなあと。

ダム湖の下流に小さな滝があって、その上にも滝が見える。近くまで行って見ると
何とか遡れそうな気もするが、装備もないしこれは日をあらためてからの方がよさそう、名前が無いから小渕の滝。

夢中になっていて時計を見るともう14時を廻っていた。小腹が減ってきて長麺うどんで腹ごしらえをして、野鳥はいつ来るか分からないのでもう半周しよう。ダム湖の上流でオシドリがスイスイ泳いでいた。
駐車場へ戻ってそのまま帰るか、それとも奥磯林道へ行ってみるか迷ったが、今日はもうこれで十分だ。

DSCN0068.jpg
小渕ダム

DSCN9988.jpg
展望所へ上がってみる

DSCN0024.jpg
松の実を食べにきていた

DSCN9993.jpg
東海環状自動車道がまたいでいる

DSCN0367.jpg
周りを岸壁に囲まれた二段の滝

DSCN0374.jpg
上の滝まで上がってみた

DSCN0088.jpg
ホオジロ

DSCN9950.jpg
メジロ

DSCN0314.jpg
シジュウカラ

DSCN9900.jpg
コガモ

DSCN0058.jpg
オシドリ
2017.12.16 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ちょっと前に日暮し乃瀧を見に行ったことがあって、その先を歩いてみようという話になった。「里道の道標」に右は大川 明知左は小里 大井、中馬街道の抜け道として
使われた道だ。
蘭仙の集落へ入って行くとだだっ広い所で、今は使われなくなった牛舎が一軒残っていた。たまたま古老と出会ってくわしく話をしてくださった。
戦争が終わって満州から引き揚げてきた2世で、戦前はゴルフ場の用地だった所を開拓したそうだ。これが昭和23年、ほとんどが次男三男で今は3世の時代になっていると。
蘭仙神社に開拓記念碑が置かれていた。「ここはいい所ですね」「夏は涼しくていいが、冬は寒い所だ」
市道を上がって行くと見晴らしの良い所で中馬街道が出てくる。やっぱり気になる
からドンドン下って行って県道に出た所で引き返した。郷之木川に沿っ下り、もと来た道に戻る。
かなり冷えるので一風呂浴びて帰ろう、薬湯は美肌成分コラーゲン入りなので
ちょうど良い。二人とも金はともかくヒマだけはある、次はどこにしようか。

PB240129.jpg
蘭曽川に沿って上がって行くと里道の道標がある

PB240133.jpg
蘭仙の集落に牧場跡

PB300189.jpg
バス停の裏手に蘭仙神社

PB240144.jpg
蘭仙神社

PB240143.jpg
神社から蘭仙の集落

PB240141.jpg
開拓記念碑

PB240150.jpg
峠に出ると

PB240153.jpg
中馬街道が出てくる

PB240168.jpg
中馬街道を下って行く

PB240156.jpg
この場所で果てた僧侶の墓所
2017.12.14 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
愛岐トンネル群が特別公開されているので見に行く。たいがいの人は知らない
だろうと思って来てみたら観光客がドッと来ていて行列ができていた。人がゾロゾロ
いない時ならゆっくりできるがそうはいかない。
入場料100円を支払い廃線跡へ入って行く。昭和41年に廃線となったが、市民
グループの皆さんが40年振りに歩けるようにしたもので春にも公開されるので又
歩いてみようか。
東屋で熱いお茶をご馳走になって4号トンネルを歩いていたらSLが通っているわけがないが、SLの通過音とボーという汽笛が聞こえてきてひょっとしたらSLが来ているんじゃないかと。
通り抜けると大モミジ広場、遠くまで行かなくても紅葉が素晴らしい所だ。売店で
絵葉書、弁当と一緒に汽車土瓶を売っていた、懐かしい感じ。

最後の6号トンネルは長くて暗くて懐中電灯を持ってくるのだった。次は古虎渓駅
だが県境の先は行止まりで、帰りは玉野古道に入り戻る。軽い3時間の散歩コースだ。

PC010192.jpg
庄内川沿いに廃線跡へ入って行く

PC010195.jpg
3号トンネル入口に実物大のSL

PC010234.jpg
線路跡

PC010228.jpg
4号トンネルを抜けると大モミジ

PC010246.jpg
5号トンネル手前のマルシェ広場

PC010249.jpg
汽車土瓶

PC010261.jpg
C57の動輪が展示されていた

PC010216.jpg
5号トンネル

PC010221.jpg
5号トンネル入口には木が育っていた

PC010265.jpg
6号トンネル

PC010270.jpg
6号トンネル出口

PC010276.jpg
樹齢200年以上という大エノキ

PC010285.jpg
廃線沿いに玉野古道を通って戻る
2017.12.10 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 きのこ山入山禁止が11月いっぱいで終わったので、定林寺湖から市の沢池へ
でられるようになった。その時になってどっちがいいか決めるつもりだったが、天気も良かったのでまず展望所へ行くことにした。

近くに三角点があって誰が見てもこっちの方が高い所だと思うが、三角点は正確な
はずだからどういうわけか。納得いかないがまあいいかということにして高みに
出たら御嶽山から中央アルプス、恵那山にかけて素晴らしい。高い所から眺める
のは楽しいものだ。
下って行くと、野鳥探しはずい分やったがヤマガラは初めてでちょうど松の実を食べに来ていた。
なかなかシャッターチャンスがないのでこの際あわてずにしばらく待つことしにたがケッコウ時間がかかった感じで、そのうち飽きてきてバシャバシャやる。初めからこうすれば良かった。
市の沢池のスイレンが紅葉しているだろうと来たついでに見に行く。ここは花と紅葉を楽しめる。ヤマガラは同じ所で食事をするかもしれないと帰りがけにもう一度来て
みたが、考えてみればいつまでもいるはずがない。また出会えるチャンスはあるだろうと戻った。

PB210112.jpg
御嶽山

PB210110.jpg
中央アルプス

DSCN9882.jpg
恵那山

PB210108.jpg
屏風山

DSCN7065.jpg
ヤマガラ①

DSCN7074.jpg
ヤマガラ②

DSCN7172.jpg
ハクセキレイ

DSCN9851.jpg
ヒヨドリ

DSCN9874.jpg
市の沢池

PB210116.jpg
紅葉真っ盛り
2017.12.06 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりに行ったらスッカリ綺麗になっていた。シルバーのオジサンと出会って、
ツツジを植えたが手入が行き届かないので少なくなってしまった。

あの松も切りたいが足場が悪くてもっと早く切っておけば良かった、元気のいい
メンバーだったが難しいとボヤく。たしかに急な岩場で、下手に切るとヒカゲツツジがダメになってしまう。プロでも難しそうでごくろうさま。

しばらく世間話をして別れた。野鳥を探して歩くから陶芸村の終点まで来てしまったがホオジロ、コゲラ、シジュウカラが来ていた。腕はいいが機材がイマイチだなんて思いながら、帰りがけに高根山古窯跡へ上がって行くとホウバの葉がいっぱい、一周して戻る。
次に来たときはもっとキレイになっているといいのだが、ごくろうさまです。

PB130087.jpg
陶芸村の入口に冬桜

PB130049.jpg
陶芸村へ入って行く

PB130055.jpg
終点のギャラリー

PB130057.jpg
ここで一休み

PB130065.jpg
高根山古窯跡へ

PB130073.jpg
公園の東屋が見えてくる

DSCN6801.jpg
シジュウカラ

DSCN6756.jpg
コゲラ

DSCN7131.jpg
ホオジロ
2017.12.02 Sat l 散歩 l コメント (1) トラックバック (0) l top