FC2ブログ
瀬戸に「品野城」という所があって東海の百城にも載っている。松平清康に攻められ落城
したが、その後信長が攻め焼失、廃城となったと云われている。
品野交番前から入って稲荷神社に出たら山側に入って行った所らしいが、情報が少なくて
Tさんはこういう山にケッコウ強い「よし一緒に行こうか」

神社の手前に「城前」というバス停があって間違いない。上がって行くと東海環状自動車道で寸断されてしまって分かりにくいが、正面に山頂が見える所に出る。

これをくぐってとにかく上がって行けばいいわけだが、傾斜はかなりキツくて東海環状自動車道を走るゴウゴウという車の音が聞こえてくる。しばらく上がって行くとゆるい尾根が出てきて
本丸に来た。
周りを林に囲まれた薄暗い所で、壊れかけた神社が祀られていただけだった。丸太に腰を
下ろして「よく来たなぁ」「他に物好きはいないなぁ」この後堀切や曲輪を見て廻った。

帰りは来た道だから気楽なハズだったが、落ち葉で滑りやすくどこも同じような景色、どうも
おかしいと思いながら強引に下りやっと境内に出た。

PB120002.jpg
稲荷神社の手前に「城前」のバス停があった

PB120003.jpg
稲荷神社に入って行く

PB120036.jpg
境内から上がって行くと

PB120035.jpg
東海環状自動車道の向こうに山頂が見える

PB120011.jpg
高架をくぐり

PB120017.jpg
斜面を上がって行く

PB120019.jpg
岩に印がある所に出る

PB120020.jpg
ゆるい尾根を過ぎると

PB120021.jpg
品野城本丸、見晴らしは良くない

PB120023.jpg
堀切

PB120026.jpg
土塁、曲輪跡

PB120041.jpg
麓から品野城址 
2017.11.28 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お隣さんが「中央アルプスが白いぞ、見に行かないか」出かけるところだったが
まあいいや「じゃあ道の駅へ行こうか」となった。
御嶽山、中央アルプスに新雪がきていて綺麗。こうなってくると北アも南アも
見たくなってきた。覗いてみたら御嶽山が煙を噴いているのが良く見える。冬山は
登らなくても下から見ているだけで十分。

たしか鳥羽一郎の「中山道」なんていう歌があったなぁ。「鳥居峠の御嶽山よ恋しじゃないか、オヤジもう一杯冷でついでくれ」ファンというわけでもないがいい歌だ。

ため池があるので来たついでにテクテクやっていたらちょうどカルガモ、カイツブリ、オオバンは来ていた。ジョウビタキはどこでも見られる野鳥だからチャンスが
ありそうな気がして池を一周することにした。
シジュウカラも見つけてそっと近づいていったが落ち着きがない鳥でなんだもう
行っちゃったのか、どこにもいなかった。


DSCN6807.jpg
道の駅から中央アルプス

DSCN6812.jpg
御嶽山

DSCN6818.jpg
あれから3年、噴煙が続いている

DSCN7053.jpg
杉焼ため池

DSCN6936.jpg
オオバンだが雄か雌か見分けがつかない

DSCN6893.jpg
オオバン

DSCN6860.jpg
カイツブリ

DSCN6948.jpg
ジョウビタキ♀

DSCN6961.jpg
ジョウビタキ♀

DSCN7033.jpg
スズメたち
2017.11.24 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
堤防道路を歩いていたら山側に鉄梯子が架けられている所があって大日不動尊が祀られている。どんな所か上がってみると、雨や雪で崩れてきた岩がゴロゴロしていて怖いような所だ。今は誰も来なくなってしまったようだ。

カルガモ、サギがケッコウ多くて、民家の屋根にとまっているのもいる。肥田川のサギはノンビリしている感じ。しばらく行くと大きさ30センチくらいのネズミそっくりの動物が歩いていた。ヌートリアだった。
肥田川で見るのは初めてで、あまり気分のよい動物でもないなあと思いながら見ていたらヤブの中へ入って行った。目的の野鳥だが、鳴き声が聞こえてきて近くにいるハズだがセキレイを見つけただけであきらめる。

困ったのは車をどこにを置いてきたのか、歩き始めてからまだ1時間半も経っていないがその日によって場所が変わるから困る。そうだ今日はあそこだったと思い出して正解だった。


DSCN6651.jpg
堤防道路から鉄梯子を上がる

DSCN6577.jpg
岩石を切り崩した道を進むと

DSCN6576.jpg
大日不動尊が祀られていた

DSCN6604.jpg
カルガモ

DSCN6608.jpg
アオサギ

DSCN6670.jpg
チュウサギ

DSCN6673.jpg
突然飛び立った

DSCN6622.jpg
ヌートリア

DSCN6630.jpg
セグロセキレイ
2017.11.21 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
散策マップに「日暮し乃瀧」「不動明王」が載っている。地元のNPO法人曾木
まちづくり協会が発行したものだ。
ひやり谷に行ってみると地図上にあった場所はウォーキングコースから外れている
ようでどうも分からない。林道入口から左の山側へ入った所らしいからキョロキョロ
探していたらそれらしい山道を見つけた。

参道らしい道が出てきて、秋葉神社が祀られている小高い所に出る。その先は
ひどいヤブで、踏み跡もろくに無くて郷の木川の出合いでは靴を濡らしてしまった。

どこにもないなあと思いながら奥へ入って行くと、周囲は薄暗い感じになってくる。
流木のような木が倒れている所まで来たら瀧が見えてきてこれが日暮し乃瀧だった。
高さ2.5mくらいだろうか、水量はかなり多い。不動明王も祀られている。
人が来るような場所でもなさそうでチョット入っただけで奥深い感じ。幻の瀧だ。

戻って少し歩いてみた。この辺りは中馬街道の抜け道として使われていた所で、
たまに軽トラが通るくらいで人影は無かった。


PB070761.jpg
肥田川を渡って左の山道へ入って行く

PB070793.jpg
参道らしい道が続いている

PB070771.jpg
秋葉神社が祀られていた

PB070790.jpg
郷の木川に小川が流れ出ている

PB070774.jpg
沢を上がって行くと

PB070778.jpg
日暮し乃瀧

PB070785.jpg
上から瀧を眺める

PB070786.jpg
不動明王

PB070765.jpg
街道沿いに馬頭観音

PB070766.jpg
郷の木石仏群
2017.11.17 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ミッドランドシネマ名古屋空港で「天国と地獄」「野良犬」を連続して上映している。
監督はもちろん黒澤 明だ。
天国と地獄は何年か前に見たことがあったがもう一度見たい作品だし、野良犬の方は見落としていたのでこちらも見に行く。三船敏郎の演技はさすがでこたえられない。仲代達矢、山崎努も若くて、菅井きんがチョイ役で出ていた。やっぱり大スクリーンで見るのはいいものだ。

この映画を見て面白いと思わない人はいないと思うが、好みはそれぞれだから人が何と言ってもいい映画だ。
1949年に公開された「野良犬」は拳銃を盗まれた刑事がベテラン刑事の志村 喬と犯人を
追うサスペンス映画。まだ知らない黒澤作品と出会ったらこれからも楽しんでいくつもり。
名作ファンの方にはぜひ見ていただきたい。ではまた。

PB010675.jpg
御前10時の映画祭8

PA160417.jpg
若手刑事とベテラン刑事のコンビが犯人を追う

PA160420.jpg
誘拐犯と警察との対決を描いたサスペンス  十分楽しんだ
2017.11.13 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
定林寺湖にイヌセンブリが咲いているとの情報、それによるとたしかこの辺りの
ハズで、探していたら一株見つけた。その気になって見ないと分からないくらい。
近くでもう一株見つけましたよ、ありがとうございました。ついでに池めぐりをしよう。

沢沿いに市の沢池に出られる近道があるが草木がうっそうと生えていて、おまけに11月いっぱいは「きのこ山入山禁止」だ。
かなり遠回りになるがそんなに急がないのでブラブラ歩いて行くと、なんとセンブリじゃないか。知らずに踏みつけたりしたら申し訳ない。

園戸池にカルガモが4,5羽来ていてスイスイ泳いでいた。たしか近くにセンブリが
沢山咲いていた所があるので行ってみたら、おそらく盗掘されてしまったのだろう、
探しても無かった。ひどいもんだ、他の場所にしてもらいたい。あやめ池に出て
駐車場へ帰った。軽い3時間の散歩コースだ。


PA310647.jpg
定林寺湖

PA300593.jpg
イヌセンブリ 良く見ると白毛が目立つ

PA300600.jpg
 誰もいないと思うが、もし見つかったら大変

PA310656.jpg
湿地にリンドウが咲いていた

PA310658.jpg
足元を見るとセンブリ

PA300603.jpg
園戸池

DSCN6566.jpg
カルガモが来ていた

DSCN6538.jpg
ルリタテハが翅を開いている

DSCN6531.jpg
ツマグロヒョウモン
2017.11.10 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
富士山に新雪がきているから見に行こうと誘ってくれたので「よし行こう」初めから頂上まで行くつもりもなくて南アルプスの展望台まで行く予定。

紅葉が真っ盛りで素晴らしい。しばらく本谷川に沿って上がって行くと、ぎゃあぎゃあという鳴き声が聞こえてきて山側から下りてきた20匹くらいのサルの群れに出くわした。
さすがに身の軽い連中で、川を渡って対岸の木にぶら下がっているのや、河原で
ノンビリ日向ぼっこをしている親子連れもいる。この辺りはサルだらけかもしれない。もう少し見ていたかったがまあ元気でやってくれ。

紅葉を眺めながら上がって行く。恵那山まで1.6キロ地点を過ぎると南アルプスが
見える所に出て、3000m級の山がズラリと並んでいる。とんがっているのは北岳に間違いない、その左は仙丈ヶ岳、甲斐駒だろう。富士山は見えなかったが、これだけ見えれば十分だ。
頂上まで行ってもたいした景色はないだろうからここで昼食を摂って食後にコーヒー、しばらく眺めていたが20分もおれば満足する。

下って行くと、行く時には分からなかったが御嶽山が煙を噴いているのがチラッと
見えた。あれから行ってないがどうなっているのか気になる。いつか行ってみよう。


PA270513.jpg
本谷川

PA270515.jpg
紅葉を眺めながら上がって行く

PA270585.jpg


PA270524.jpg
サルの群れに出くわした

PA270578.jpg
トンネルをくぐると

PA270531.jpg
恵那山登山口

PA270536.jpg
急な斜面が続いている

PA270546.jpg
カラマツの紅葉も始まっていた

PA270573.jpg
紅葉眺めながら上がる

PA270559.jpg
恵那山まで1.6キロの指導標を過ぎると

PA270565.jpg
南アルプスの展望地

PA270558.jpg
北岳の左に仙丈ヶ岳と甲斐駒

PA270568.jpg
下山中、御嶽山が見えた 

PA270582.jpg
峰越林道を下る
2017.11.06 Mon l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
深沢沿いの小高い所に神社があるので一応見ておこうと広場に出たらブランコ、
スベリ台など置かれていた。
散歩中のオバサンと出会って、むかしは子供たちが遊んでいたそうだが今は
だあれもいなくなって静か。境内からゆるい傾斜が続いていてヤブの中へ入って行くと、辺りはイノシシがウロウロしているらしくて穴だらけ。

ワナにかかったイノシシは見たことはないのでそうとう頭が良さそう。捕獲するのは
難しそうだ。下って行くと参道だったらしい所に出て、民家の脇を上がると旧道に出られる。
何か野鳥でもいないかと探していたらジョウビタキが近くの枝に止まってくれた。
今までこんな近くで見たことがなかったので下手でも写せる。まあ上出来だ。
雌も来ていた。
次はキセキレイだがこれは失敗、またチャンスはいくらでもあるだろうからあきらめることにした。


PA260484.jpg
神社へ上がって行く、薄暗い所だ

PA260498.jpg
猿田彦神社の境内から裏手に上がると

PA260487.jpg
広場に遊具が置かれていた

PA260493.jpg
境内から下ると参道だったらしい所にでる。すぐ下は深沢川

DSCN6498.jpg
ジョウビタキ①

DSCN6499.jpg
ジョウビタキ②

DSCN6513.jpg
ジョウビタキ♀だろうか

DSCN6467.jpg
ツマグロヒョウマモン
2017.11.02 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top