瑞浪の駅裏に出て耳ノ木神社の前を通り、街道をしばらく歩いて行くと国道に出てしまって、車がブンブン走っている。
イヤになってもう戻ろうかと思ったが、手前の岩屋不動の入口から右の道へ入って
みることにした。
中央自動車道の下に石碑が置かれていて、見ると赤城の山に立てこもったあの
国定忠治の碑だった。こんな所に忠治の碑があるとはどうも考えにくい。

その先は行止まりで、帰りがけに民家の間に細い道が続いているのが気になる。
小さな遊園地があって、せっかくの遊園地だが荒れ放題で今は使われていないようだ。
ついでに裏山へ上がってみるとゴウゴウという車の音が聞こえてきて、中央自動車道に出た所で終わりにした。公民館の近くでシランと一緒に明るい感じの花が咲いていた。ランの種類だろうか名前は分からなかったけれど、この道へ来て良かったなあ。

小腹は減ってきてもう13時だ、駅前の食堂に入りカツドンを注文、評判どおりのお店だった。


P6020326.jpg
下街道瑞浪地区

P6020328.jpg
珍しい名前の耳ノ木神社

P6020344.jpg
民家の前に常夜燈

P6020347.jpg
街道沿いに大木が残っていた

P6020340.jpg
岩屋不動に向かうと

P6020337.jpg
国定忠治の碑

P6020336.jpg
「赤城の山も今宵限り・・・」の名セリフ

P6020356.jpg
街道の裏手に「さばやま遊園地」

P6020360.jpg
中央自動車の横断橋に出る

P6020388.jpg
シラン

P6020396.jpg
名前は分からなかった

P6020385.jpg
名物のカツドン だれが食べても旨い
2017.06.12 Mon l 街道 l コメント (0) トラックバック (0) l top