コンビニでオニギリとお茶を買って運動公園に出ると、ご老公「朝も早いからクマの心配はないよ」熊注意の看板も無いし、クマなんかおるハズもないと思うが。

しばらく行くと池があった。これが毛鹿洞池、奥にショウブ園もある。林道を進むと
山側に梯子が置かれていて、多分これが近道だろうと上がって行く。

ゆるい尾根が続いていたが、さすが佐藤氏三代の居城があった所だ、徐々に傾斜がキツクなってくる。スペースは思ったより広くて三角点もあった。

西に霞んでハッキリしないが伊吹山、その手前に見えるのは金華山、百々ヶ峰
だろう。記録帳を見ると地元の子供たちが残していった名前もある。

しばらく本丸をうろつき廻ってから、三の曲輪まで下りてきたら石積みが残っていた。東海北陸自動車道が見えてきて、ちょっとした3時間の周回コースだ。
うだつの上がる城下町も歩いてみたい。


P6120646.jpg
古城山437m

P6120568.jpg
登山口

P6120569.jpg
毛鹿洞池

P6120590.jpg
ヒトツバが多い登山道を上がる

P6120592.jpg
本丸広場

P6120585.jpgP6120611.jpg
この山には三角点があった

P6120609.jpg
佐藤氏鉈尾山城跡の碑

P6120599.jpg
長良川と小倉山

P6120602.jpg
金華山、百々ケ峰方面

P6120619.jpg
三の曲輪に出ると

P6120621.jpg
石積みが残っていた

P6120630.jpg
東海北陸自動車道
2017.06.23 Fri l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
山へ行きたくなって下呂萩原から入って御前山へ向かう。4合目まで乗りつける
ハズだったが、白山神社からの道に出てしまった。

山頂までの距離が遠くなってこのルートを歩く人はほとんどいないようで荒れた道だったが、ようやく4合目の登山口に出た。2時間のロスタイムだ。

鷹巣岩展望台にサラサドウダンが咲いていて、眺めは実にスバラシイ。
「この葉っぱ、食べると甘いぞー」噛んでいると甘い味がしてくる。「これが甘茶の木か」
5合目から上はブナの木が見られるようになって、斜面を上がって行くと平らな所が出てくる。いい尾根だなぁ、歩いているとどこだったか行ったことがある尾根のような気がする。
二つ目の展望台の先に石楠花観音が置かれていて、名前の通りシャクナゲの
群生地でまだ花が残っていた。マイズルソウも咲いている。

焼堂観音まで来た所でそろそろ昼食にしよう。萩原といえば下呂温泉からも近いし、後は温泉に浸かり汗を流すだけだ。


P6060449.jpg
白山神社から上村ルートを歩く

P6060473.jpg
4合目の峠観音さま

P6060470.jpg
卯の花

P6060549.jpg
4合目の峠登山口

P6060479.jpg
鷹巣岩展望台から萩原の町並み

P6060482.jpg
サラサドウダン

P6060492.jpg
5合目の観音さま

P6060496.jpg
ブナの林を上がって行く
P6060504.jpg
快適な尾根が続いている

P6060526.jpg
一つ目の展望所

P6060532.jpg
八合目の石楠花観音さま

P6060530.jpg
シャクナゲが咲いていた

P6060541.jpg
マイズルソウ
2017.06.19 Mon l 登山 l コメント (4) トラックバック (0) l top
中山道・津橋の近くに美佐野 津橋林道が通じていたのを思い出して、ブラブラ
歩いて行くと若者たちと出会った。「クリンソウが見られるのはここですか」知らなかったが個人の所有地にクリンソウが咲いているそうだ。

「よし一緒にいって見よう」林道から斜面を下って行くと白、ピンク、赤色のクリンソウが咲いていて、ようこそ地蔵洞園へ・・・の案内板がある。クリンソウが一面に咲いているのに誰もいなくてシーンとして静かすぎる。

「ありがとうございました 失礼します」若者たちと別れ峠に出たらドンドン下って行く。久しぶりに人家が見えてきて林道終点に出た。

距離3.1キロ、花は少なかったがマタタビの白い葉が目立つ所で、先輩がこの実を採って来てショウチュウに漬けておいたのを手土産にくれたことがあった。

また旅に出るくらい元気が出るらしいが、飲む気になれなくてそのうち捨ててしまった。今頃になってシマッタことをした。


P6040399.jpgP6040401.jpg
クリンソウ①

P6040400.jpg
クリンソウ②

P6040404.jpg
知る人ぞ知る地蔵洞園

P6040419.jpg
林道に戻るとマタタビの木が沢山生えている

P6040438.jpg
トキワツユクサ

P6040421.jpg
林道を下って行くと

P6040433.jpg
民家が見えてくる

P6040425.jpg
橋を渡ると林道の起点
2017.06.15 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
瑞浪の駅裏に出て耳ノ木神社の前を通り、街道をしばらく歩いて行くと国道に出てしまって、車がブンブン走っている。
イヤになってもう戻ろうかと思ったが、手前の岩屋不動の入口から右の道へ入って
みることにした。
中央自動車道の下に石碑が置かれていて、見ると赤城の山に立てこもったあの
国定忠治の碑だった。こんな所に忠治の碑があるとはどうも考えにくい。

その先は行止まりで、帰りがけに民家の間に細い道が続いているのが気になる。
小さな遊園地があって、せっかくの遊園地だが荒れ放題で今は使われていないようだ。
ついでに裏山へ上がってみるとゴウゴウという車の音が聞こえてきて、中央自動車道に出た所で終わりにした。公民館の近くでシランと一緒に明るい感じの花が咲いていた。ランの種類だろうか名前は分からなかったけれど、この道へ来て良かったなあ。

小腹は減ってきてもう13時だ、駅前の食堂に入りカツドンを注文、評判どおりのお店だった。


P6020326.jpg
下街道瑞浪地区

P6020328.jpg
珍しい名前の耳ノ木神社

P6020344.jpg
民家の前に常夜燈

P6020347.jpg
街道沿いに大木が残っていた

P6020340.jpg
岩屋不動に向かうと

P6020337.jpg
国定忠治の碑

P6020336.jpg
「赤城の山も今宵限り・・・」の名セリフ

P6020356.jpg
街道の裏手に「さばやま遊園地」

P6020360.jpg
中央自動車の横断橋に出る

P6020388.jpg
シラン

P6020396.jpg
名前は分からなかった

P6020385.jpg
名物のカツドン だれが食べても旨い
2017.06.12 Mon l 街道 l コメント (0) トラックバック (0) l top
開山祭には参加できなかったがツアーを利用して上高地へ、天気も良かったからホットした。
フリータイムが4時間半あるので大正池で下車し、明神まで行ったらいちおう
上條嘉門次に敬意を表してイワナの塩焼きを注文しようと計画を立てる。

河童橋まで来たら昔は上高地をブラブラしている人は少なかっただろうが、観光客がドッと来ていて河童橋から見る穂高が定番の撮影ポイント、いつ見ても素晴らしい。

高山植物や野鳥を探しながら歩いて行く。嘉門次小屋で腹ごしらえするハズだったが、20分以上の待ち時間だったので先へ行く。バスターミナルへ戻り、まだ時間が
あれば食べるし、なければ食べないだけのことだ。

まだやりたい事があって、探してみてもなかなか見つからなかったが、ついに
ミドリニリンソウを見つける。たった2輪咲いていた。見つかって良かった。ピンクが入ったニリンソウやサンカヨウも咲いている。もっと見て廻りたかったが、バスの出発まで時間が無かった。
ゴールデンウイーク中、北アでも遭難者が出た。原因は何だったのか、やっぱり山は恐いのかなあ。

P5210001.jpg
大正池から焼岳

P5210016.jpg
田代湿原

P5210032.jpg
ウエストン碑を過ぎると六百山、三本槍、霞沢岳

P5210045.jpg
河童橋が見えてきた

P5210051.jpg
河童橋から穂高方面 

P5210054.jpg
左からジャンダルム、ロバの耳、奥穂高岳

P5210055.jpg
梓川右岸から岳沢

P5210092.jpgP5210100.jpg
嘉門次の碑   生け簀を覗くとイワナ

P5210104.jpg
嘉門次小屋

P5210102.jpg
囲炉裏部屋にウエストンから贈られたピッケルと嘉門次の猟銃

P5210113.jpg
明神橋から明神岳

P5210122.jpg
ミドリニリンソウを見つけた

P5210127.jpg
ピンクが入ったニリンソウ

P5210139.jpg
明神館

P5210145.jpg
サンカヨウ

P5210154.jpg
西穂高岳だろうか、梓川左岸を歩く

P5210163.jpg
サルの親子が楽しそうだった
2017.06.08 Thu l 散歩 l コメント (4) トラックバック (0) l top
定林寺湖へ下りて行くと「ペトログラフ」の看板があってどんな所か見に行く。
何やら不思議な形をした岩だった。
モウセンゴケが花をつけていたり、同じ所にヤマトキソウも咲いている。どちらも小さくて1センチもないくらい。

芝生広場に出ると東屋もあるので休憩するのにピッタリの場所で、周りに
ナンジャモンジャの木が沢山生えている。(花は終わっていた)ここからコースを外れ南の山道を下って行くとちょっとしたヤブで、あやめ池とつながっていた。

見慣れた景色だから飽きてくるかもしれないが、ギフチョウがフワフワ飛んでいる。
もう少し先に頂上に出られる道があって三角点もあるが、登山口を見ただけで登ってやろうという気力がなかった。
上がって行くと駐車場、傾斜もゆるくて軽い3時間のウォーキングコースだ。歩くなら
まだ知らない道を歩いた方が面白そう。

P5290197.jpg
ペトログラフを見に行く

P5290196.jpg
大きな岩がゴロゴロしていた

P5290275.jpg
モウセンゴケに花が咲いている

P5290200.jpg
モウセンゴケ

P5310288.jpg
ヤマトキソウ

P5290225.jpg
芝生広場で一休み

P5290230.jpg
芝生広場から下って行くと

P5290216.jpg
アヤメ池

P5150382.jpg
ギフチョウ

P5290264.jpg
タツナミソウ
2017.06.04 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top