マツタケ専門店をのぞいてみるとマツタケでいっぱい、いい匂いがしてくる。
すべて国内産だが中にはカナダ産もある。はじめから高いマツタケなんか買うつもりはなかったが、これは特に安かったので買ってきた。

作り方は小さめのマツタケを丸ごとか、半割りかスライスして軽く塩、コショウしたら
小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げる。この時パン粉は少なめが良い。

作ってすぐ食べてみたら、フライだから醤油か゛天つゆで食べたほうがいいのだろうが、やっぱり無理してでも国内産にしておけば良かった。ホント


PA300251.jpg
2016.11.27 Sun l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
香嵐渓の紅葉は有名だが、もうちょっと近い所へ寄ってみた。ここは混雑する
シーズンでも観光客は少ないようすで、おかげでゆっくり見物できる。

案内板を読むと「恐ろしや次月の奥の鬼すすき」という古句が残っているくらいで、
むかし鬼人が住んでいたそうだ。石川五右ェ衛門乱闘の跡もある。

頂上まで行くつもりはなかったが、来たついでに上がって行く。東屋で親子ずれと
分かれてもう少し上がってみると、良く見ないと見落としてしまいそうな所に三角点が置かれていた。下って行くと中山道とつながっている。

ここまで来る観光客はどこにもいなかった。もうそろそろ天気はあがってもいいと思っていたが、御嶽山、恵那山は雲に隠されたままだ。

帰りがけに蓮華岩に寄り道して二組のグループと出会っただけで下山。日帰り入浴もできるが、今度来た時の楽しみにとっておくことにした。


PB200174.jpg
国道から離れ鬼岩公園に入って行く

PB200178.jpg
紅葉の真っ盛りなのに観光客は少ない

PB200168.jpg
紅葉と温泉を一緒に楽しめる

PB200128.jpg
紅葉が見頃だった

PB200164.jpg
「恐ろしや次月の奥の鬼すすき」の句碑

PB200106.jpgPB200107.jpg
鬼の面を眺めながら上がる

PB200135.jpg
東屋

PB200115.jpg
東海自然歩道の鬼岩支線を上がる

PB200124.jpg
シロモジの黄葉もキレイ

PB200122.jpg
峠に三角点

PB200131.jpg
蓮華岩

PB200132.jpg
蓮華岩から見下ろす
2016.11.24 Thu l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
散歩はどこにしようかと考えていたら花見をやった嵐山公園がある。
川沿いに上流の方へ歩いて来たらその先は行止まりで、東海環状自動車道が通っている所に出る。

カワセミが飛んでいったが見ているだけだった。水量は少ないから足を濡らす心配もなさそうで上流へ少し進んでみたがこの先がどうなっているか良く分からないし、もう先へ行く気もなくなって途中で引き返す。

おそらく人が入らない場所だろう。公園まで戻るとオバサンがタモで何かを採っている様子「こんにちは」ムカゴだった。この実を沢山採ってきてムカゴ飯を作ると旨いそうだ。
「今年はマツタケも沢山採れたよ」話を聞くと近くのゴルフ場あたりらしい。ホントか
どうか確かめてみたいが、今頃行ってももう残っているはずもないだろうし、初めから
期待もしていなかったから諦める。

まだ誰も知らない他の場所を探せばいいだけで、もしかしたら見つかるかもしれない。


PB170091.jpg
休憩するには丁度よい

PB170086.jpg
裏山の紅葉もいい感じになってきた

PB140060.jpg
深沢川沿いの道を上流へ

PB170087.jpg
道端で見つけた小さな花たち

PB170088.jpg


PB140007.jpg
スズメウリ

PB170076.jpg
セイタカアワダチソウに蜜蜂とテントウ虫が来ていた

PB140021.jpg


PB140049.jpg
四季桜が満開

PB140057.jpg
東海環状自動車道を通る車の音が聞こえてくる

PB170082.jpg
深沢川上流

PB140067.jpg
ムカゴ
2016.11.20 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 べつにたいした用事もないがお隣さんに寄ってみた。いま映画の黄金時代の
作品がちょっとしたブームらしい。黒澤 明監督の代表作と云えば「七人の侍」だが、
もう一度映画館の大画面で見られるとの情報。

パンフレットを見ると「ティファニーで朝食を」のオードリー・ヘプバーン「戦場のピアニスト」のエイドリアン・プロディ「続・夕陽のガンマン」のクリント・イーストウッドなどの名作も見られるというから嬉しかったが、見損なっていた映画の多いこと、見に行こう。

村を守るために雇われた七人の侍がつぎつぎと野武士を倒していく。三船敏郎、
志村喬ら名優揃いで何ともいえない。紅一点の津島恵子が綺麗だった。

コーヒーとポップコーンを用意してタップリ207分を楽しむ。さすが黒澤作品は面白いなぁ。影武者、椿三十郎もまた見てみたいが、こちらの方はまだやっていないようだ。

PB010254.jpg七人の侍
2016.11.16 Wed l その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top
10月の山歩きのあと「白山はどうですか?」と誘ってくれたが、小屋じまいしているし日帰り登山は難しい。まだ営業しているのは燕山荘くらいだから止めておこうかと思ったが「そこにしようか」「よし行こう」ということになってしまった。

合戦尾根の登りはかなり急だが、たいした難所もなくて二人とも同じペースで歩けるから都合が良い。合戦小屋で中休止して熱い味噌煮込みうどんを頼んだ。旨い。

槍の穂先が見え始めたら合戦沢ノ頭はすぐで三角点が置かれていた。遠くに燕山荘が見え
傾斜もゆるくなってくるが、予測どおりここから先は雪がベッタリ積もっている。

羽が白くなったライチョウはいないかと探してみてもどこに居るのか分からなくて残念。
とにかくアイゼンを忘れてきたのは失敗で、一歩一歩慎重に上がって行ったつもりだったが、
一度ツルンとやってしまった。痛いなんて考える余裕もない。

燕山荘から夕陽と、次の日は雲海からの日の出を眺めいよいよ1キロ先の燕岳へ。ザラザラ
した斜面を上がり槍ヶ岳をはじめ北アの眺めを楽しんだ。

北側を見ると手前の鹿島槍に隠されて五龍岳、唐松岳は確認できなかったが、白馬岳が小さく見えた。頂上には30分も居れば十分で来た道を下った。


PB060005.jpg
登山口

PB060048.jpg
合戦小屋

PB060047.jpgPB060049.jpg
味噌煮込みうどん   先客たちがくつろいでいた

PB060113.jpg
常念岳

PB060066.jpg
槍ヶ岳 小槍も見える

PB060064.jpg
燕山荘が見え始めた

PB070229.jpg
合戦沢ノ頭から大天井岳

PB060081.jpg
燕山荘まで1キロ地点

PB060118.jpg
登山道を振り返る

PB060069.jpg
燕岳 北燕岳

PB060127.jpg
テント場から上がると

PB060131.jpg
北アの大展望が広がっていた

PB060128.jpg
鹿島槍ヶ岳 左奥に白馬岳

PB060140.jpg
燕岳

PB060142.jpg
今夜の宿 燕山荘

PB060172.jpg
燕山荘からの夕焼け①

PB060163.jpg
燕山荘からの夕焼け②

PB070185.jpg
雲海からの日の出

PB070194.jpg
朝日の槍ヶ岳

PB070206.jpg
笠ヶ岳

PB070200.jpgPB070217.jpg
イルカ岩  めがね岩

PB070209.jpg
燕山荘が小さく見える

PB070216.jpg
燕岳へ上がって行く

PB070212.jpg
三角点

PB070211.jpg
燕岳山頂

PB070226.jpg
槍、穂高方面
2016.11.12 Sat l 登山 l コメント (4) トラックバック (0) l top
公民館に問い合せると、笠置橋を渡って登山口の方へ行けばいいらしい。
ずいぶん前のことでハッキリ覚えていないが、しばらく上がって行った先が切山集落、来るのが遅すぎて他にだあれもいない。

バス停にデッカイ黒いものがあるがクマだった。恵那山、笠置山を見渡せ、棚田が広がっている。切山から見る笠置山は丁度良い感じだ。

この辺りがかかしの里で、農作業をしているオバサン、ビールで盛り上がっている
オバサンたちなど面白い。大統領として初めて広島を訪れたオバマ大統領までいる。

直売所の方へ上がって行くとオバサンが草を引いているのが見えるが、遠くからだと本物だと見分けがつかないくらいで、みんな案山子に見えてきた。

のどかな山里で、こんな所は他にそうザラにはないだろう。十分楽しんで明るいうちに帰ることにした。


PA290244.jpg
何だこりゃ案山子だ

PA290243.jpg
今日もよくガンバッタ そろそろ帰ろう

PA290192.jpg
大変だ 雨が落ちてきた

PA290241.jpg
オバマチャーン

PA290206.jpg
あれが笠置山ですかー

PA290236.jpg
オジサンお久しぶりです

PA290220.jpg
また来いよ まだ山なんかやってるのか

PA290225.jpg
サルより身がかるいなぁ

PA290235.jpg
お茶が入ったからいらしゃい オニギリもあるよ

PA290238.jpg
これはどうなっているんでしょうね

PA290239.jpg
カンパイお疲れさまでした

PA290204.jpg
よく来たな待ってたよ 風呂でも入っていけ

PA290199.jpg
この先は行止まりだよ
2016.11.08 Tue l 散歩 l コメント (4) トラックバック (0) l top
定林寺湖にモウセンゴケの原っぱがあって真っ赤になっている。沢沿いに上がって市の沢池に行ってみるとスイレンの紅葉も始まっていた。

頂上には三角点もあるが来た道を戻る。ホザキノミミカキグサは今まで見落として
いただけだったろうか、あやめ池に群生していて5mmくらいで小さい。

良く見ないと踏みつけてしまうところで、ひょっとしたら踏んでしまっていたかもしれない。次はリンドウだが、これはそこら一面に咲いていて良く目立つ紫色だ。

まだ時間は早いからこの後どういうコースで戻るか、あんまりがんばると疲れが残るから軽い2時間半のコースにして園戸池を一周しよう。

見当をつけていた所でセンブリも見つける。わざわざ遠くまで行かなくても散歩コースとしては最高の場所で来て良かったが、ここでついに電池切れ、シマッタと反省する。


PA240086.jpg
モウセンゴケ

PA240009.jpg
市の沢池

PA240019.jpg
あやめ池

PA260111.jpg
ホザキノミミカキグサ

PA240075.jpg
リンドウ

PA240046.jpg
園戸池を一周

PA260108.jpg
ズミ

PA260136.jpg
カマツカ

PA240020.jpg
シロモジ

PA240036.jpg
センブリ

PA240047.jpg
ヒサカキ 

PA260148.jpg
クサギ
2016.11.04 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お隣さんへ寄ったついでに「天気もいいから散歩はどう?」「じゃ行きますか」と
いうことになって深沢川沿いの公園に向かう。

終点辺りに東海環状自動車道の橋脚がドカッと立っていて、山側に上がって行くと峠にお地蔵様が祀られていた。正面に恵那山、屏風山が見え、すぐ下は中央自動車道。
これに乗れば恵那山トンネルを抜けて簡単に伊那、駒ケ根に出られる。今年は山を充分楽しんだが、空木岳はおあずけ状態だ。ボヤボヤしていられない、どうなることやら。
初めての道は面白いけれど今どこに居るのか、ヘンな方向へ行くと帰りが遠くなって困るが下って行くと神社の裏で分かった、もう大丈夫。

それを過ぎたら織部の里公園に出る。幼稚園児たちが散歩中で賑やかなこと。
アップダウンの多い所で一汗かいてしまった。

PA180178.jpg
深沢川

PA150170.jpg
東海環状自動車道をくぐり山道を上がる

PA180201.jpg
サルトビイバラ

PA180183.jpg
峠のお地蔵さん

PA180185.jpg
恵那山

PA180189.jpg
中央自動車道を渡り下って行く

PA180193.jpg
公園をお散歩中
2016.11.02 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top