Oさんはゴルフよりすっかり山好きになってしまった。南アルプスの山はみんな
大きな山で、南アの最高点・北岳をねらおう。
せっかく行くのだから、登りがタップリあるので無理だろうが間ノ岳も見てみたい。

乗り遅れないようバスの出発時間を確かめておく。肩ノ小屋までは標高差1500mを登らないとダメでキツイ、1日目はその下の白根御池小屋を泊りとする。

山小屋が見えてきて「来たぞー」。鳳凰三山、北岳が見え白根御池を眺めたりして
のんびり過ごす。次の日は「草すべり」の斜面を尾根に向かって上がって行く。

小太郎尾根は良い尾根で、しばらく上がって行くと「肩ノ小屋」。ゆっくり上がっても
1時間半みておけば着くだろう。朝から雲が多くて一瞬八ヶ岳が見えたが、その後
すぐ雲が出てきて二度と見えなくなった。

頂上手前で一休みしていたら「シャッターをお願いします」「ここは頂上じゃないよ」と一声かけてシャッターを押す。二人は高松出身の同年配、北岳に行きたくなってやって来たという。

山頂のスペースは思ったより広く、先客数名がくつろいでいた。景色はゼロだ。1時間ねばったが天候が回復する見込みもなさそうで、もう1日天気次第でゆっくりする気になったら間ノ岳の稜線も歩いてみたいが、後のことを考えると止めて引き返そう。

キタダケソウの季節には遅すぎたしライチョウにも出会えなかったが、草すべりは
シナノキンバイなど高山植物が多い所で一面に咲いていた。
あとは何より先にお風呂だ。

P8250153.jpg
広河原橋を渡り

P8250149.jpg
広河原山荘で登山届

P8230010.jpg
白根御池ルートを行く

P8230022.jpg
今夜の宿 白根御池小屋

P8230030.jpg
山小屋のテラスから鳳凰三山方面

P8250146.jpg
白根御池小屋の裏手に北岳

P8240057.jpg
翌日早朝に鳳凰三山を眺めながら

P8240061.jpg
白根御池から草すべりを上へ

P8240136.jpg
小太郎尾根上部

P8240086.jpg
小太郎尾根

P8240090.jpg
一瞬八ヶ岳が

P8240088.jpg
岩頭を越えると

P8240092.jpg
北岳へ1.1キロ

P8240095.jpg
肩ノ小屋

P8240105.jpg
肩ノ小屋の裏から上がって行く

P8240106.jpg
クサリ場が出てくる

P8240107.jpg
山頂は近い

P8240110.jpg
ガレ場を上がって行くと

P8240121.jpg
イワヒバリさん こんにちは

P8240124.jpg
三角点

P8240129.jpg
北岳3193m

P8240126.jpg
北岳山頂の先客たち
⇒【北岳の高山植物たち
2016.08.31 Wed l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
美濃市へ行く途中、急いでもいないからついでに我田の森に寄ってみると
管理棟を過ぎて峠みたいな所に「我田の大岩 10分」の案内板がある。

少しでも高い所へ上がりたがるから大岩めがけて上がって行く。鳩吹山、浅間山、久々利の集落と見晴らしが良くて一休みするにはピッタリ。

ここで戻ってもいいが、北に続いている尾根をもう少しあがってみると、この辺りの
最高地点らしい所に見晴らし展望所が造られていた。

あとはドンドン下って行く。大元神社奥ノ院まで来たら下からゴウゴウという車の音がここまで聞こえてくる。
県道に出てしばらく駐車場まで歩くことになったが、近くでも楽しめる場所だ。

P7180313.jpg
我田の森に入って行く

P7180329.jpg
ピークに我田の大岩

P7180325.jpg
西側に鳩吹山

P7180328.jpg
南に浅間山

P7180332.jpg
展望所から久々利の集落

P7180333.jpg
大元神社奥ノ院から下ると

P7180339.jpg
県道沿いの鳥居に出る

P7180341.jpg
ヘクソカズラ 触るとオナラのような臭いがする

P7180342.jpg
隣りに野生のアサガオ
2016.08.27 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
屏風山でトレーニングしようという。どこがいいのか低山歩きは気がすすまないが
まあいいか。月山~田代山~屏風山の定番のコースだが、山の中に湿地があるからここは素通りできない。

サギソウが真っ盛りで、この前来た時には見られなかったキセルアザミ、サワギキョウやシラタマホシブサも咲いていて来て良かった。

寿老の滝までは車が入るので、家族ずれが川遊びをしているのが涼しそうで楽しそうだ。滝を眺めながら昼食を摂る。

こういう所ではどんな物でも旨く、腹ごしらえをして元気が出たところで「そろそろ上がろう」。
屏風山で百名山は60座以上というご夫婦に出会う。「雲ノ平は素晴らしい所だったよ」行ってみたい気はもちろんある。

「新穂高温泉から入って双六岳から三㑨蓮華に登って黒部五郎岳のカールを歩いてみたいです」。Oさんは17時から寄合があるので下山。
 
P8160002.jpg
サワヒヨドリ

P8160061.jpg
サワシロギク

P8160056.jpg
キセルアザミ

P8160070.jpg
サワギキョウ

P8160069.jpg
サギソウ

P8160064.jpg
シラタマホシグサ

P8160008.jpg
湿地から田代山へ

P8160036.jpg
寿老の滝

P8160032.jpg
寿老の滝

P8160044.jpg
胸突き八丁を上がる

P8160046.jpg
展望所で一休み
2016.08.22 Mon l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
喫茶店で待ち合わせると「いっぺん黒井沢はどうです」

このコースは山頂までの距離が広河原コースより長くなって不便ということか登山者は少ないが、深田久弥も歩いたメインルートだけに「よし黒井沢で行こう」と決まった。

頂上を往復するとコースタイムの3割増しだから
10時間以上かかるとみて早朝に出発。黒井沢林道の奥に入って行くと駐車場に車は少なくて3台だけだ。

順調に進み営林署小屋を過ぎたら池があった。これが野熊ノ池で、一休みして池を覗いてみるとサンショウウオの子供がいた。長さは3センチくらいで小さい。

標高2000mを過ぎた頃、大川入山、蛇峠山が見える開けた所で会津から来た登山者に
出会って「こんにちは」
磐梯山は地元の人はあまり登らない山だそうだ。それにしても元気な人だと感心してしまう。

たった6キロくらいなのに5時間もかかってあと1キロ地点、ようやく着いたのが12時だった。
多治見辺りではうだっているのだろうが、25度くらいだろうか風が涼しい。

そろそろ切りあげないとと来た道を戻って行くが、山の中は暑くて下りもかなりキツイ。体力を使い切った感じで、ここでビールをグイッと飲めたらなあ。

P8090373.jpg
駐車場から入って行く

P8090377.jpg
黒井沢沿いに進むと

P8090380.jpg
恵那山登山口 山頂まで5.8キロ

P8090479.jpg
ヤマブドウ

P8090476.jpg
ブナの木

P8090382.jpg
橋を渡ると

P8090383.jpg
岩がゴロゴロしている

P8090384.jpg
ブナ、ミズナラの登山道を上がって行く

P8090392.jpg
上流へ向かうと

P8090408.jpg
トリカブトの群生地

P8090416.jpg
野熊ノ池避難小屋

P8090418.jpg
野熊ノ池で小休止

P8090473.jpg
サンショウウオ

P8090425.jpg
初めて開けた所に出る

P8090430.jpg
一瞬恵那山の山頂部が見えた

P8090431.jpg
大川入山、蛇峠山

P8090432.jpg
ギンリョウソウ

P8090433.jpg
あと2キロ地点

P8090444.jpg
オコジョが出て来る

P8090457.jpg
頂上へ最後の登り

P8090460.jpg
山頂避難小屋の裏手の岩に上がると

P8090462.jpg
南アルプス方面

P8090461.jpg
恵那山頂避難小屋
2016.08.19 Fri l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
在所へ行った帰りに観光案内所で「まち歩きマップ」をもらい2時間半ばかり歩き廻った。
大正路地を通り抜けると南北街道に出るが、そのまま上がって行って大正村役場を見物。
マップを見ると南北街道が中馬街道と交差している近くに、非業の最期を遂げた
光秀公の母堂・お牧の方墓所があるから行ってみよう。

墓の入り口に「敵は本能寺にあり」の石碑があって、さすがに光秀公生誕の地と云われているだけのことはある。今でも花がお供えしてあって、地元の人から大切にされているのだろう。

この後「うかれ横丁」へ入って行く。喫茶店やお休み処などむかしは賑わっていたのだろうが・・・。
夏の盛りで暑い日だったから喫茶店かバーみたいな所へ入り、オバサンにコーヒーを頼んだらすぐ作ってくれた。

大正ロマンの雰囲気がいっぱいでどこか懐かしい感じがする。涼しくなって駐車場
まで戻って来たら、最後に大正村名物のハヤシライスを食べ終わりにした。


P8110480.jpg
明智川を渡って大正路地に入って行く

P8130561.jpg
大正路地

P8130554.jpg
大正村役場 昭和32年9月まで使用されていた

P8130549.jpg
入ってみるとレトロな電話がある 竹下景子さんが三代目の村長

P8130550.jpg
矢絣はかまのレンタルもあります

P8130544.jpg
お牧の方墓所

P8130546.jpg
お牧の方墓所の入口に「敵は本能寺にあり」

P8110488.jpg
南北街道の町並み

P8110515.jpg
左 中馬街道 右 南北街道

P8110496.jpg
うかれ横丁へ入って行くと

P8130562.jpg
懐かしいポスター

P8130565.jpg
閉店してしまったTEA ROOM   

P8130567.jpg
SNACK BAR AMI

P8130568.jpg
昼は喫茶店 夜はバーのアミー

P8130575.jpg
大正村名物のハヤシライス ベーコンが付いていた
2016.08.15 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
水晶山は何度も登っているので、登山口の手前から右の山道に入ってみると
変化があって面白い。

しばらくブッシュの斜面を上がると谷の向こう側は岸壁が切り立っていて、水晶山に
こんな所があったとは。もし入って行かなかったら知らなかったろう。

下って行けばどこかへ出られるのだろうが、精神衛生上良くないから途中で引き返す。
荒れた道を過ぎて登山道に出たら、新しく造られた鳥屋尾根コースをとにかく上がり、ロッククライミングの岩の下に出たら終わっていたが、周囲を良くを見ると山頂に出られる道がある。

滝を眺めながら下るのは涼しい感じがして気分の良い所だが、上りは汗まみれになった。山から下りて来たらひとっ風呂浴びて帰ろう。

P7240003.jpg
荒れた山道だが踏み跡がある

P7240001.jpg
断崖絶壁の岩場が見える

P7250044.jpg
臨時迂回コースの案内が残っていた

P7240005.jpg
登山道に出ると水晶山

P7240007.jpg
鳥屋尾根の小径を行くと

P7240011.jpg
ロッククライミングの大岩に出る

P7240023.jpg
山頂の東屋

P7240024.jpg
展望所で一休み

P7250058.jpg
不動川沿いに滝を眺めながら下る

P7240029.jpg
三の滝

P7240033.jpg
二の滝

P7240041.jpg
一の滝
2016.08.11 Thu l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
御嵩城址へ行ってみると残っていたのは山頂の本丸と二の丸の跡だけで、
すべて削られてしまって城址公園になっていた。

ガッカリだが良く見ると本丸の北側は断崖絶壁でその先には可児川が流れ、東西
とも急斜面という天然の要害。案内板には落城の際、断崖から身を投げて自害した姫の悲話もある。

この暑い中を歩く物好きはいないだろうと思ったら、見下ろすと親子連れが楽しそうに遊んでいた。それにしても暑い、こんな所に自販機があるはずもないから急いで下りる。
お茶500mlを一気に飲んでしまった。一応可児川も見ておこうと下って行くと本丸
の展望台が良く見える場所に出る。

気付かなかったが、すぐ隣にもうひとつの御嵩城址(権現山)があって、見てみたいが暑すぎて行く気になれない。


P7310123.jpg
城址公園

P7310103.jpg
駐車場から上がり

P7310104.jpg
御嵩城址をくぐると

P7310105.jpg
二の丸跡

P7310106.jpg
可児川と御嵩の町並み むかし城があった所だけに見晴らしは良い

P7310121.jpg
本丸跡には展望台が造られている

P8010271.jpg
御嵩城址(本陣山) 山上の展望台が見える

P7310130.jpg
可児川

P7310146.jpg
ダイサギ

P7310227.jpg
アオサギ
2016.08.07 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
トキソウが終わったらそろそろサギソウだろうと早起きして出かけた。

月山ルートはやめて普通の登山道を30分も登りをやって森を抜けるとあっちこっちに咲いていた。これだけ見えれば大満足。

種から育てたサギソウを移植している所もあるらしく、ここのサギソウも絶滅が危惧されているが自然の中で生きているのだからどうしようもない。来年もお達者で。

次は何にしようかとミカワシオガマ、サワランを探して歩き廻ったが、サワヒヨドリ、
コバギボウシが咲いていたくらいで見つからなかった。

たしか2,3年前に見たのが最後だったみたいで、絶滅してしまったのだろうか。
サワランの紅紫色は二度と見られないだろうとあきらめる。湿地を一周したら月山に上がってみよう。


P7270060.jpg
展望所に出ると雲海

P7270064.jpg
サギソウ①

P7270076.jpg
サギソウ②

P7270078.jpg
サギソウ③

P7270072.jpg
コバギボウシ

P7270074.jpg
サワヒヨドリ

P7270084.jpg
ノリウツギ

P7270079.jpg
ミヤマウメモドキ

P7270082.jpg
湿地の奥に月山
2016.08.03 Wed l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top