ひょっとしたらと思い、市の沢池へ行ってみると池一面に睡蓮がビッシリ咲いていた。

以前行ったことがあってたいした景色は無いが、来たついでに池の向こう側から上がって
三角点を確認する。

ここから化石博物館へ道が通じているから帰りのことは考えないことにして1時間くらい下って行って神社に出たら来た道を戻り定林寺湖へ下る。

この道も初めてなので一応見るだけはやっておこう。ヒザから下は笹ヤブになって分かりにくくなるが、下って行くと定林寺湖に出た。

もう数年になるだろうか、腰痛をだいたい直したつもりだったがなかなか良くならない。いつまでたっても横綱になれない稀勢の里みたいだ。一体どうなっているのだろう、ガンバレ稀勢の里。


P7190345.jpg
市の沢池

P7190350.jpg
山頂に出ると

P7190349.jpg
三角点

P7190352.jpg
三叉路から定林寺湖へ

P7190355.jpg
定林寺湖

P7280097.jpg
山の中にノラネコの親子が、元気でやってくれ
2016.07.30 Sat l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 城下町に出ると鉄砲鍛冶・加納屋があってここは素通りできないだろう。1831年頃から岩村藩でも鉄砲を作っていたというからたいしたものだ。

登城口から上がって行って城内へ入って行く。標高は717m、かなり急だったが
大手門まで来ると傾斜もゆるくなってくる。

六段の石垣を上がり本丸に出ると恵那山、三森山が見え、見事な石垣が残っていた。案内板を見ると本能寺の変の80日前に信長が宿泊していたようで、この辺りを歩いたかもしれない。

来年の大河ドラマは柴咲コウ主演の「おんな城主 直虎」に決まったが、岩村城と云えばこちらも女城主で有名な所で、帰りに女城主という地酒を作っている蔵元を探して酒蔵を見物する。
この酒でイワナの骨酒をやると旨い。


P7100168.jpg
岩村の城下町

P7100163.jpg
鉄砲鍛冶加納屋

P7100162.jpg
火縄銃

P7100243.jpg
一の門から石畳の道を上がって行く

P7100191.jpg
大手門を過ぎて

P7100197.jpg
六段の石垣を上がると本丸

P7100213.jpg
本丸跡

P7100208.jpg
本丸から恵那山

P7100212.jpg
三森山

P7100228.jpg
出丸から城下町

P7100204.jpg
石垣の間を通り

P7100222.jpg
埋門を下り出丸へ

P7100227.jpg
出丸から本丸の石垣

P7100267.jpg
岩村醸造

P7100260.jpg
酒蔵を見物
2016.07.26 Tue l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
梅雨明けして天候が安定してきた。多治見あたりでは33度まで上昇してドッと暑くなった。
ため池まで来たらクチナシの花が咲いていていい香りがしてくる。
 
芝生広場から出て秋葉神社の参道を上がってみるとうすぐらい感じで、鳥居をくぐり
しばらく上がって行って小高い所が見えてきたら秋葉神社だった。

小さなお社が祀られていて常夜燈に天明三・・・と彫られている。周りを林に囲まれた鬱蒼とした所で、むかしはお参りに来る人があったのだろうが、今は訪れる人はいないみたい。

もう少し上がると丸山林道、ここから岩の沢湿原に通じているが、ひどいヤブでかなりやっかいそうだ。壊れかけた木道なので行くのは止めて来た道を戻ることにした。


P7140302.jpg
秋葉ため池

P7140304.jpg
紫陽花

P7140301.jpg
クチナシ

P7150307.jpg
メタセコイアの森

P7140287.jpg
鳥居をくぐり

P7140299.jpg P7140300.jpg
参道を上がって行く   常夜燈

P7140292.jpg
秋葉神社

P7150312.jpg
岩の沢湿原
2016.07.22 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ライチョウには出会えなかったけれど、小仙丈尾根を上がって行くと高山植物の多い所で、キバナシャクナゲ、ハクサンイチゲ、コイワカガミや名前が分からない花も 沢山咲いている。

シャッターを押すのに忙しくて予定より時間が大分がかっかてしまった。

南アルプス林道バスは何本も走ってないから出発時間を気にしながら下ったが
30分遅れで間に合わなくて残念。
北沢峠にはクリンソウが一面咲いていて楽しめる。


P7050069.jpg
ハクサンフウロ

P7050045.jpg
キバナシャクナゲ

P7050062.jpg
キバナノコマノツメ

P7050086.jpg
アオノツガザクラ

P7050097.jpg
ハクサンチドリ

P7050105.jpg
クロユリ

P7050082.jpg
ハクサンイチゲ

P7050055.jpg
コイワカガミ

P7060141.jpg
ギンリョウソウ 北沢峠

P7060150.jpg
クリンソウ 北沢峠

P7050012.jpg
クリンソウ
⇒【仙丈ヶ岳一泊二日
2016.07.18 Mon l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10年ぶりに仙丈ヶ岳へ行った。北沢峠から入って大滝頭に出たらそのまま
上がって小仙丈ヶ岳に向かう。

樹林帯を抜けて鋸岳、甲斐駒が見える尾根に出たら6合目。ガスッていたが右奥に鳳凰三山、ニョッキリ立っている岩は地蔵岳のオベリスクだろう。

キバナシャクナゲが真っ盛りで、ふつうのシャクナゲより小さく明るい感じ、のんびり尾根を歩いて行くと天気は良かったはずだったが、ガスが出てきて見通しがきかなくなってそのうち雨まで落ちてくる。

逃げ場はないから仙丈小屋へ下っていくと、良く見ないと見逃してしまうところだったが、山小屋の近くでクロユリを見つけた。

翌朝もガスに吹かれて温度計は5度、いつまでもガスが消えてくれない。どうせ景色はゼロだろうが頂上まではほんの30分、間ノ岳を越えて農鳥小屋まで行く連中と
別れて頂上まで来たが風が冷たくて三角点を確認したらすぐ引き返す。

帰りは馬ノ背ヒュッテから大滝頭へトラバースルートを下った。谷筋に雪渓があって涼しい。
北沢峠まで戻ってきたら今頃南アは素晴らしい天候に恵まれ「来るのが一日早かったなぁ」
10年の間にかなり体力が落ちている感じだがやっぱり山はいいもんだ。


P7050013.jpg
北沢峠 準備して出発

P7050024.jpg
シラビソの森を上がって行く

P7050027.jpg
五合目(大滝頭)

P7050049.jpg
鋸岳

P7050050.jpg
小仙丈尾根

P7050052.jpg
甲斐駒ヶ岳

P7050057.jpg
鳳凰三山

P7050058.jpg
上って来た尾根を振り返る

P7050075.jpg
小仙丈ヶ岳

P7050076.jpg
小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳方面だが

P7050084.jpg
一瞬ガスが消えた

P7050088.jpg
仙丈小屋へ下る

P7050094.jpg
仙丈小屋

P7050108.jpg
受付をすませる

P7050111.jpg
薪ストーブが暖かい

P7060115.jpgP7060127.jpg
翌朝頂上へ

P7060119.jpg


P7060124.jpg
仙丈ヶ岳は濃いガスと強風

P7060125.jpg
頂上標識

P7060138.jpg
馬の背ヒュッテを下ると雪渓が出てくる

P7060136.jpg
雪渓を渡り藪沢小屋へ

P7060155.jpg
帰りのバスの中から仙丈ヶ岳 
⇒【山で出会った花
2016.07.16 Sat l 登山 l コメント (4) トラックバック (0) l top
月山の麓に湿地があって、そろそろトキソウが見られる頃だろうと入ってみるとトキソウの花はうんと小さく可憐に咲いていた。他にだあれも居ないのが不思議なくらい。

以前 園芸店でも見かけたことがあったが、次の年も花を咲かせることが出来るか分からないから見ただけだった。

ノカンゾウもそこら一面に咲いている。運動としては少し物足らないから屏風岩林道を下って
寿老の滝まで行ってみる。

湿地へ戻ってきたらたった1人の八百津から来た登山者に出会い「こんにちは」。パンフレットを見ながら「ここは初めてなんですが」「そうなんですか」

「絶滅してしまってもう見られない花もあるよ」時計を見ると12時を廻っている、急いで下山。

P7010002.jpg
登山口にヤマアジサイ、ウツボグサが咲いている

P7010015.jpg


P7020058.jpg
月山から湿地コース

P7010003.jpg
しばらく上がると月山

P7020053.jpg
湿地に出ると

P7020044.jpg
見当をつけていた辺りにトキソウの群落

P7020036.jpg
トキソウ

P7020057.jpg
トキソウ

P7020050.jpg
ノカンゾウ

P7010033.jpg
ハッチョウトンボ

P7010014.jpg
滝の音がゴウゴウ聞こえてくると寿老の滝
2016.07.12 Tue l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
中津川からの帰りに道の駅みたいな所に寄ったらすぐ近くに桜堂薬師がある。

どんな所かと仁王門をくぐり境内に入ってみると観音堂、桜堂薬師、コウホネや睡蓮の池があって地元の方が一人で草刈りをしておられた。

檀家がない無住の寺だそうだ。裏山に上がると周囲は鬱蒼としたヤブで、うす暗い感じになってくる。

古い石塔には天明八年の文字がかすかに残っているだけで、何か出てきそうな雰囲気。しばらく進むと行き止まりに開祖・三諦上人供養塔があった。

これはもう戻った方が良さそうで、睡蓮を見物。これから次々咲いて見頃は7月中旬のようだ。


P6270013.jpg
仁王門

P6270024.jpg
桜堂薬師

P6270020.jpgP6270021.jpg
舞楽面

P6270026.jpg
裏山を上がると石塔群

P6270029.jpg
三諦上人供養塔が安置されていた

P6270032.jpg
弁財天が祀られているコウホネの池

P6180130.jpg
コウホネ

P6270001.jpg
睡蓮①

P6270007.jpg
睡蓮②

P6270012.jpg
睡蓮③

P6270011.jpg
睡蓮④
2016.07.08 Fri l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
中日VS阪神があるので見に行こうという話になった。
Tさんは今まで何回もナゴヤドームに行っているらしいが、こちらは久しぶりで行きたくなって「じぁ行こう」。

大曽根からシャトルバスでナドヤドームへ。場所は出来るだけ安くあげようと外野席だが、かえってこっちの方が良かったなどと、5回を過ぎれば移動もできる。

3回に福田が満塁ホームラン、よくやった、これで勝ったなぁ。
終わったのが16時半、帰るにはまだ時間があるから「一杯やるか」と云えば反対する人はいない。

こういう時はいくらでも飲め、すきっ腹にアルコールが利いてくる。
すっかりいい気分になって野球をサカナにワイワイ言いながら飲んだから、酒代が多少高くついたが、勝ちゲームだからまあいいじゃないか、又行こう。



DSCN4463.jpg
ナゴヤドームに到着

DSCN4484.jpg
試合前円陣をくむ

DSCN4495.jpg
チアドラゴンズが試合を盛り上げる

DSCN4485.jpg
先発スタメンオーダー

DSCN4498.jpg
先発はエース吉見

DSCN4507.jpg
タイガース三番ゴメス

DSCN4569.jpg
ドラゴンズブルー一色のナゴヤドーム

DSCN4496.jpg


DSCN4497.jpgDSCN4462.jpg
阪神ファンもガンバレ

DSCN4535.jpg
仕事人が打った

DSCN4540.jpg
串カツ古里
2016.07.04 Mon l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
定林寺園戸地区はシロモジの木が沢山生えている所で、独特の臭いがする。

園戸池の北側に踏み跡があって道の先がどうなっているか分からないが、奥へ入ってみるとホタルガがヒラヒラ飛んでいたり、クモの巣だらけのササヤブで凹地は湿地だった。

たぶん調査のためのテープだろうからここへ来た人がいたんだろう。そのうちこの道も分からなくなってしまいそう。今どこに居るか見当はついているから 行ける所まで行ってみる。

行き止まりから左の尾根を上がり林道に出たら小高い所に愛宕大権現が祀られていた。
そのまま林道を下ってもいいが、参道だったらしい斜面を適当に下る。定林寺湖で一休みして戻った。

P6200173.jpg
シロモジの木

P6190156.jpgP6190155.jpg
ホタルガ ササユリ

P6200170.jpg
ハッチョウトンボ

P6190144.jpg
愛宕大権現

P6190145.jpg
適当に斜面を下る

P6190158.jpg
定林寺湖のアジサイ①

P6190160.jpg
アジサイ②

P6190159.jpg
アジサイ③

P6200166.jpg
ただ今訓練中
2016.07.01 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top