大白川ダムの紅葉を見に行きませんかと誘ってくれたのですぐOKの返事を出した。紅葉の真っ盛りの季節なのに車は少なくておかげでどこでも駐車できる。

白水湖を眺めていたら観光客から「この先に温泉があるよ」と教えてくれた。「ありがとう」と礼を言ってしばらく行くと前方に湯煙が白く立ち上っているのが見える。

なんと温泉が山から湖に流れ出ていた。この辺りが元々の白川の湯があった場所なんだろうか?枯れ木が上高地の大正池みたいでエメラルドグリーン色の美しい湖だ。

白水の滝まで戻ってきたら名古屋から来たというクラブツーリズムの撮影隊がチョットでもブレてはいけないと三脚を構え、撮影機材はというと一式揃えると最低でも70万~80万するという代物だ。

こちらには関係なくて身分不相応なものだと。ミズナラ、ブナ、トチノキと手つかずの原生林。本当に素晴らしい紅葉だった。


PA230091.jpg
白水湖の休憩小屋

PA230102.jpg
御前峰が白水湖の向こうにかすんで見えた

PA230109.jpg
エメラルドグリーンの白水湖が綺麗

PA230067.jpg  PA230123.jpg
白水の滝を見物

PA230062.jpg
ブナの紅葉

PA230080.jpgPA230143.jpg


PA230084.jpg

PA230133.jpg


PA230135.jpg

PA230146.jpg 
2015.10.30 Fri l 散歩 l コメント (4) トラックバック (0) l top
最近下呂富士を誰でも登れる山にしようと地元の有志たちにより登山道が整備されたという情報。富士と名が付いている山がどんな所か、久しぶりに下呂の町も見たいし温泉もある。

下呂市街に入ると北方に三角形をした下呂富士が見える。標高は767mと低く、たいした山でもなさそうで1時間もみておけばいいだろう。

下呂駅で待ち合わせ、いでゆ大橋を渡り温泉寺脇の階段を上がってしばらく行くと「里山登山口」の案内板があった。ここから右の山道へ入って行く。

この山には三角点があったが見晴らしは良くなくてガッカリ。ノートにさわやかウォーキング御一行が残した文字が残っていた。どれも同じような感想だった。

帰りがけに里山にも寄ろうかと思ったが、風が冷たくそれより一風呂浴びたほうが良さそうでこのまま下山しよう。やっぱり下呂の湯はいいもんだ。

PA220002.jpg
いでゆ大橋から里山、下呂富士

PA220021.jpg  PA220046.jpg
 駅前の観光案内所で地図を   白鷺の湯から下呂富士

PA220027.jpg  PA220033.jpg
温泉寺へ長い階段続いている  整備された登山道

PA220032.jpg
下呂富士まであと1.3キロ 迷うことはない

PA220034.jpg
ここまで来ると山頂は近い

PA220035.jpg
林に囲まれた下呂富士の三角点

PA220053.jpg
温泉街から下呂富士
2015.10.26 Mon l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
  園戸池からあやめ池へ行ってみようと森の中へ入って行ったが、たまに来るぐらいだから今どこにいるのか、どっちへ行ったらいいのか方向音痴で山の感も鈍っているみたい。

散歩を楽しんでいる人に出会い「おはようございます」。1時間のロスタイムでようやくあやめ池に出たら今でも二、三本のあやめが残っていてハスの葉が赤や黄色に紅葉している。

小さな池だが東屋もあるから休憩するにはピッタリ。もう少し斜面を上がって広い原に入って行くとその先で林道に出られるらしいがここで来た道を引き返そう。

園戸池まで戻ってきたらセンブリの花が咲き始めていた。高さは20センチくらいの小さな花で盗掘されないかと心配。また出会いたいね。

紅葉にはまだまだ早いようだったがのんびり散歩するには最高の場所だ。


PA190098.jpg
園戸池から

PA170026.jpg
あやめ池を一周

PA170024.jpg
あやめ池

PA170011.jpg
ハスの葉も紅葉

PA190102.jpgPA190084.jpg
たった一人出会った

PA190092.jpg
道端でセンブリを見つける

PA190073.jpg
紅葉も少しずつ始まっていた

PA190106.jpg
高社山の反射板がよく目立つ
2015.10.23 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「山でトレーニングしよう、屏風山はどうですか?」とメールが入った。陶の町に入るとすぐコンビニで食料を買って登山口へ。

今回の予定は登山口→湿地→寿老の滝→屏風山を廻るコースを歩いてみようというわけで、湿地に出るともう草紅葉が始まっていてキレイ。ホソバリンドウが咲いてシラタマホシグサがそこら一面ビッシリ。

林道を下り寿老の滝まで歩くとけっこう時間がかかった。ここで小休止。胸突き八丁の坂を上がり北屏風山を越えて山頂に出たら、天気も良かったから恵那山がドカッと大きく見える。

その右は茶臼山・萩太郎山だ。山を眺めながらの昼食はウマイ。オニギリで元気が出たところで下っていく途中で御嶽山もチラッと見えた。

帰りがけに月山にも寄り道する。万歩計は二万歩を越えた。これで今日のトレーニングはおしまい。


PA140007.jpg
尾根を上がり

PA140021.jpg
湿地は草紅葉

PA140075.jpg
湿地

PA140068.jpgPA140011.jpg
シラタマホシグサ ホソバリンドウ

PA140078.jpgPA140060.jpg
アキアカネ  標高は794mと低いが一等三角点がある

PA140043.jpg
寿老の滝

PA140057.jpg
恵那山

PA140059.jpg
茶臼山・萩太郎山
2015.10.19 Mon l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
大須といえば演芸場もあるし、ちょうど大道芸イべント、おいらん道中もやっている。とにかくいいチャンスだから見に行こう。

木戸銭はシニヤ割引を利用でき2700円とお得だったが、もう少し時間があればと結局あきらめる。見物客といっしょに待っているとおいらん道中がこちらへやって来る。

かむろを先頭に花魁、そのうしろに新造がつづく。高下駄は歩きにくいから若い衆が肩を貸す。衣装は重そうでかなりキツイのだろう、道中休憩所に寄りながらゆっくり歩いていく。

花魁になるのはおそらく一生のうちでもなかなかできないことだ。一般公募で選ばれた花魁はとても魅力的で、一日中一緒に歩いていたいくらい。

PA100018.jpg
おいらん宿で勢ぞろい

PA100091.jpgPA100070.jpg
大須演芸場が再開

PA100033.jpgPA100048.jpg
かむろ 新造

PA100082.jpg
外国人も応募しています

PA100088.jpg
かむろや傘持ちを引き連れて

花魁1 
高下駄で八文字を描きながらシャナリシャナリと

PA100041.jpg
後ろ姿も粋!

花魁2
大須観音の境内へ
2015.10.16 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ハスの花を見に行ってからもう3ヶ月以上になる。8時に待ち合せ出発。定林寺湖から市の沢池に出るには大分遠回りになるので、少し楽しようと近道を上がり市の沢池へ、池をグルッと廻る。

山頂から湿地を通り抜けて下って行くと、この時期はその気になって探せばマツタケの一本くらいは見つかるかもしれないが、11月いっぱいは入山禁止の看板があちこちにブラ下がっているからへたに近づけない。

園戸池の方へ歩いていくとホソバリンドウ、ワレモコウが咲いている。

前方に何やら牛のようなものが見えた。こんな所に牛なんかいるハズもない、良く見るとカモシカだった。かなり遠い。

「カメラカメラ」「カメラはプロ並みまかせておけ」そうだこれは大変だとあわててシャッターを押すからブレブレ。気がついたらしくどこかへ行ってしまった。

何とか撮れたからまあいいじゃないか。定林寺湖まで戻ってきたらカワセミにも出会えた。

PA060011.jpg
市の沢池から山頂へ

PA060009.jpgPA050018.jpg
山頂標識と三角点

PA060003.jpg
ワレモコウ

PA060023.jpg
ホソバリンドウ

PA050012.jpg
ヌマトラノオ

kamosika.jpg
カモシカに出くわした

PA060018.jpg
園戸池
2015.10.12 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小冊子を見ていたら山岡町のイワクラ公園が載っていた。明知鉄道・山岡駅に出ると小高い所に展望台が見える。

線路沿いに何やら妙なものがズラリを並んで線路に向かって立っている。30体以上もあるだろうか、展望台に上がったら良く見えるだろう。

構内で腰を下ろして一休みしているオバサンの側に行ったらソックリ案山子でマイッタ、良く出来ている。見下ろすと田んぼアートのエーナちゃん、ちょうど踏切のチンチンという音が聞こえてきて明知行の電車が入ってきた。

駅をのぞいてみたらカンテン資料館、レストランもある。帰りがけにカンテンラーメンを食べた。食べてみても特においしいとはなかなか言えないけれどカロリーは低いし身体にはいいみたいだ。

PA020058.jpg
案山子1号

PA020053.jpgPA020052.jpg
案山子2号 3号

PA020036.jpg
案山子4号

PA020007.jpg
展望台に上がると田んぼアートのエーナちゃん 一部稲刈りが終わっていた

PA020009.jpg
もうすぐ電車がやって来る

電車
明知鉄道かかしコンテストだった
2015.10.08 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
運動会の次は秋祭りと忙しくてせわしない10月で、行きたい所へ行かれないがこれは仕事だから仕方がないか。久しぶりに近場の竜吟の森でもいってみよう。

入口を入ったところにシュウカイドウが沢山咲いていた。一の滝から上がって行って竜吟湖で引き返す予定だ。遊歩道から下り一の滝へ近づいて行くと滝の音がゴウゴウしはじめる。

水たまりを覗いてみたら繁殖のシーズンなんだろう、お腹に卵を抱いたサワガニを見つけた。実はむかしお店で一度だけサワガニのから揚げを食べたことがある。せいぜいガンバッテ繁殖してください。

二の滝を見ながら川沿いに上がり、三叉路に出たら左の山道に入る。しばらく行くとかなり広い池で、これが竜吟湖。

釣り人をたった一人見かけただけで、静かで他にだあれもいない。この辺りまだ知らない林道があるから紅葉の頃にまた歩いてみたい。

P9290003.jpg
シュウカイドウ

P9290064.jpg
竜吟の森

P9290074.jpg
一の滝

P9290067_1.jpg
二の滝

P9290036.jpg
サワガニ 他にまだ沢山いるハズだ

P9290017.jpg
アケビ

P9290044.jpgP9290050.jpg
竜吟湖の釣り人

P9290052.jpg
ダイサギ
2015.10.05 Mon l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
道の駅「らっせいみさと」近くにソバの花が咲いているらしい。一度見たいと思いブラッと道の駅へ入った。ソバ畑を探してみてもどこにあるか分からない。

道端で農作業をしている御婦人に道を聞いたら親切に教えてくださった。高齢化で耕作が大変になって、いつごろからだろうか放棄された農地を活用してソバを栽培していると。

県道から脇道に入り、先の方を見たら見事なソバ畑が広がっている。打ちたてのソバはごちそうで滅多に食べれない。ソバ打ち体験もできるから自分で打ったソバを食べられるが、見ていたら難しそうで止める。

変わったものでもあればとメニューには味噌煮込みソバ、鴨ソバなどあるが、まあいいや定番の天ぷらソバにしよう。これは食欲がないときでもいける。毎日でもいいくらいだ。
時々体重のことを考えると食欲がない時がなくて、時間がきたら食べるというわけでどうしようもない。

P9190010.jpg
白いソバの花が咲いていてキレイ

P9190012.jpg


P9190009.jpg
ソバの花
P9190058.jpg
ヒガンバナ

P9190056.jpg
白いヒガンバナとは珍しい

neko.jpg
やけに人なつっこい猫がこっちにやって来る
2015.10.01 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top