新聞に地元の有志さん達で細野城址一帯の登山道が整備され”見に来て”という記事が載っている。

場所は昨年行った曽良山の中腹あたりで「喫茶ドレミ」を目標に左折するとすぐ正福寺、曹洞宗のお寺で帰りに寄ってみよう。この奥が登山口となっている。

今までそれ程地元で大切にされていたわけでもなさそうで、およそ30年前に発見されたそうだ。曲り角の要所に案内板があって迷うこともなく順調に進む。

バーデンパークSOGIからの道が出てくると小さな広場があるピークに出た。ここから急な尾根を下り、いよいよ細野城址に入って行くのだが、滑りやすく慎重に下る。

むかし城があった所だけに笠置山、三国山とずい分見晴らしのいい所だ。
構造は尾根上の本丸、いくつかの曲輪と堀切や土塁もハッキリ残っていた。この城はいつか又訪れてみたい。

P6280008.jpg
正面に細野城址の幟が見える

P6280045.jpg
関ヶ原合戦の戦死者を葬った塚がある

P6280027.jpg
三叉路に出て下って行く

P6280028.jpg
堀切跡

P6280035.jpg
細野城址 スペースは狭い

P6280039.jpg
一の曲輪から笠置山

P6280040.jpg
大手曲輪から三国山方面

P6280043.jpg
大手道を下る
2015.06.29 Mon l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「夏山に向けて少し長い時間歩きませんか」と屏風山へ誘ってくださった。空木岳に登ってみたいというわけで、登山者としては二人ともかなり高年齢になるが、同じテンポで歩けるから都合が良い。行こう行こうと笑う。

笹平登山口から尾根に上がり黒の田山、八百山を越え屏風山まで来て胸突八丁の急坂を下りる。林道を歩いて行くのはただ長く感じ、ようやく寿老の滝に着いた。

もう大分疲れているからここで休養をとる。食べるとトタンに元気がでるもので、足どりも軽く?どんどん進むと湿地に出られる。ノカンゾウやトキソウが咲いていて明るくて美しい所だ。

地元の勤労者山岳会の会長さんが一人で下草刈りをしておられ、空木岳のことをいろいろ話してくださいました。大いに参考になると感謝!

帰りはすんなり下りるハズだったが、ついでに月山の裏手から下りることにしよう。それでも駐車場に戻ったのは15時だった。

P6250017.jpg
今回笹平登山口から時計回りに赤線を歩きました

P6250018.jpg
同行者Oさんと屏風山に向かう

P6250056.jpg
湿地に出るとノカンゾウが沢山咲いていた

P6250055.jpg
絶滅危惧種トキソウも確認できた

P6250059.jpg
ハッチョウトンボ♂

P6250052.jpg
湿地は花盛り
2015.06.26 Fri l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
度合温泉を一度見たいと思い、今日は風呂好きのTさん、Iさんとご一緒することになった。
付知峡の一番奥に向かってしばらく入って行くと、この辺りで一軒しかないという宿があった。ずいぶん山の中で車なんか一台も通らないし、人にも出会うこともない。

12時からお風呂に入れるらしいからその前に度合三滝を見ておこうというわけで、木曽越え滝、親滝、小滝を見物するが、木が茂っていて見通しは良くなかった。

そろそろ時間だからと戻る。出来るだけ安くあげようと予約も入れてないから食事は無し。あとはコンビニで買ったオニギリを適当に食べるだけ、まあいいじゃないか。

天井からランプが吊り下げられていて、さすがランプの宿だけあると感心する。何はともあれ温泉に浸りたい。

大人二人がやっと入れるくらいの浴槽で、山の湯の雰囲気がいっぱい。効能書を見ると神経痛、筋肉痛に効くから丁度よい。

風呂上りにこの宿自慢のイワナのコツ酒をやりたいところだが・・・。

DSCN3696.jpg
付知峡口から13.5キロ、駐車場から上がって行く

DSCN3684.jpg
山小屋といった雰囲気で電気が通じていない本物のランプの宿

DSCN3695.jpg
営業は明治初期から、天井にはランプが

DSCN3683.jpg
玄関ロビーにも沢山のランプ

DSCN3687.jpg
新緑を眺めながら入浴

DSCN3735.jpg
不動滝

DSCN3663.jpg
不動滝、高樽滝に寄り道する
2015.06.23 Tue l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
R248号バイパス沿いに深山の森という看板があったのを思いだした。アジサイが見られるとの情報。

自然公園はバイパスの東西に広がっていてかなり広いみたい。すぐ先に展望広場があるらしいが上がってもこの天気だ、たいした景色も期待出来そうもないからこの際素通りする。

道の両側には見事なアジサイやオカトラノオも沢山咲いている。適当に斜面を上がり、深山林道に入って行くとゴルフ場の前。

下って行く途中で、休耕田を利用して栽培されている大賀ハスを見つけた。まだ一、二輪だけだったが、眼の覚めるような美しさで思わぬ今日の収穫だった。

西側ルートだけで時間切れとなった。次は東側ルートを歩いてみたい。


P6170004.jpg 

P6190018.jpg 

P6190041.jpg 

P6190054.jpg
オカトラノオ

P6190048.jpg
大賀ハス

P6190045.jpg
大賀ハス
2015.06.20 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小学校の裏手のチョットした湿地にカキランが咲いていて、緑の中では良く目立っている。野生のアヤメの隣にはノカンゾウも咲いていた。

池に出ると、どういうわけかマガモが池から上がってきて後をつけてくるから、振り返ってシャッターを押す。その後もしつこくついてくる。

ヤジ馬根性が強く人なつっこいマガモらしく近くで見るとかなりかわいい。そろそろ車が通る時間だからもう帰れ!

最近この池は釣り禁止になっているから、マガモにはマガモが好きなものが別にあるハズだが。

P6160009.jpg
カキラン 小さくて可憐な花だ

P6160037.jpg P6160029.jpg
ノカンゾウ カキラン

P6160047.jpg
アヤメ

P6160051.jpg
池の主がやってきた
2015.06.17 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
泉西地区は池が多い所で、一番大きいのが北畑池。まだ知らない池を探してみようというわけで今日は午後から出発。

ハザードマップを見ると近くに高さ270mの無名の山があって、そこに登ったら眺めが良いだろう。小さなピークを二つ三つ通り抜けたが頂上のハッキリしない山で、下って行った先の岩場に出たら初めて見晴らしの良い所に出た。

周りを道路と団地に囲まれ、ここだけポツンと残っている。名前が無いから270峰とでも名前を付けよう。

一つ目の池は急斜面を下った所にあって上から眺めただけで終わる。二つ目の池は地図上にある凹地で、小さいがイトトンボやアキアカネが来ていて落ち着いた良い池だ。
三つ目の池は道路の終点から下って行ったモウセンゴケの原っぱの先にあったが、薄暗い感じの配水池で、早々に切りあげました。3時間ばかり歩き廻ったところでもう戻ろうと決まった。

P6140026.jpgDSCN3653.jpg
無名峰山頂  岩場に出ると展望が

P6130034.jpg
一つ目の池

P6130029.jpg
二つ目の池

P6140014.jpgP6130019.jpg
二つ目の池にはトンボが来ていた

P6140002.jpg
三つ目の池
2015.06.14 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
去年まではまだそんなに興味もなかったけれど、織部の里公園のハナショウブが新聞に載っていて気になる。

梅雨入り宣言のあとで、梅雨前線がグズグズしているが晴れ間をねらって出かけました。
菖蒲園はハナショウブでビッシリ。種類も多く、よくみると普通のアヤメよりハデな感じでどれも大輪で美しい。やっぱり来てよかった。

菖蒲園前の休憩所で抹茶がいただけるらしいが、ハナショウブを楽しんだだけで十分、わざわざ行かなくてもいいやと引き返しました。
 

P6100003.jpg 

P6100021.jpg 

26.jpg24.jpg 


P6100009.jpg 
2015.06.11 Thu l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
所用も片付いて一段落したところで、時間はまだ早いから苗木城を見ておこう。調べてみるとこの城は天文年間に築かれたのがそもそもの始まり。

関ヶ原の戦いでは徳川方に味方し明治維新まで12代・270年続いたが、その後取壊されて石垣が残っているだけだ。風吹門跡から三の丸に入り、まず一番高い所へ上がる。

眼下に木曽川が流れ中津川市街の奥には恵那山と、 360度の眺めは最高だ。構造は山頂の本丸、二の丸、三の丸などで、まだ他にいい所を見落としているかもしれないとあちこち歩き回る。

もとは大矢倉だった石垣に登ったり、本丸口門には井戸が残っていて今も水が湧き出ていた。ひととおり城内を見て納得、墓所の一角に歴代城主の墓がズラリと並んでいた。

DSCN3604.jpg
三の丸と二の丸仕切っていた大門跡

DSCN3581.jpg
本丸口門に井戸跡

DSCN3586.jpg
本丸に上がる

DSCN3596.jpg
本丸から木曽川、玉蔵橋

DSCN3603.jpg
三の丸の大矢倉

DSCN3616.jpg
見事な石垣が残っていた

DSCN3625.jpgDSCN3627.jpg
歴代城主の墓  城山大橋から苗木城
2015.06.09 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
黒の田湿地に入るには笹平登山口からが近く簡単に入れる。どんな花が咲いているかついでに覗いてみよう。

百曲りルートからの道が出てくると笹神山。湿地に出て見当をつけていた辺りを探してみてもノカンゾウが咲いているくらいで目的のトキソウは見つからなかった。

絶滅危惧種の貴重な花で、ここの湿性植物は種類も多く春から秋まで楽しめ何度も通った。田代山に登り三叉路まで戻ってきたら山側にテープが付けられている所がある。
多分月山に通じる道だろうと思ったが、踏み跡も無く一旦下る。月山には「御嶽神」の石碑が置かれ、反対側に明治十四年と彫られていた。

裏手に廻ってみると参道らしい道が続いている。ドンドン下って行った先は笹神山の展望所につながっていた。とんでもない方向でもなくこれで帰れるとホットしたが、今頃になってようやく天候が回復してきた。

道の駅おばあちゃん市・山岡で初めて寒天ラーメンを注文、低カロリーで丁度良く漬け物も付いていた。

DSCN3532.jpg
黒の田湿地

DSCN3535.jpgDSCN3551.jpg
ノカンゾウ コアジサイ

DSCN3559.jpg
田代山登山口

DSCN3545.jpg
田代山へ

DSCN3554.jpgDSCN3564.jpg
田代山の三角点と月山

DSCN3565.jpg
月山に御嶽神が祀られていたが訪れる人もいないようだ。
2015.06.06 Sat l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
なるべく近場で金もかからない所を探して「シャクナゲを見に南木曽岳はどうですか?」「頂上に立てればいいが、立てなくてもそれでいいか」

とにかくOさんの自宅に近いコンビニで待ち合わせ6時に出発、蘭キャンプ場には7時15分に着いた。上りルートは鎖場や、やや急な所もあるが分かりにくい所もなくて順調に進む。

標高差で言うと760mですんでしまうからゆっくり登っても3時間も見ておけば着くだろうと思ったが、徐々に傾斜がキツクなってくる。

「着いたぞー」ようやく山頂に這い上がった。高い所から見下ろすのは気分のいいもので、1グラムでも軽ければ軽い程よいが、重さを気にしないことにして持ってきたノンアルコールビールで乾杯!、

まだ冷えているか心配だったがケッコウいける。東に廻り込んで展望台へ。

残念なことに穂高はハッキリしないが、御嶽山、乗鞍岳、そして中央アルプスとこれだけ見えれば大満足でしばらく景色を楽しむ。

アカヤシオには出会えなかったけれど、シャクナゲやイワカガミが花を咲かせていた。あとは下るだけだから気楽なハズだったが、下りルートもただ長く感じ完全にバテた。


P5310050.jpg
シャクナゲが綺麗

P5310060.jpg
イワカガミも沢山咲いていた

P5310042.jpg
上りルート

P5310068.jpg
南木曽岳頂上と三角点

パノラマ a
展望台から中央アルプス連峰

P5310077.jpg
御嶽山

P5310086.jpg
乗鞍岳

P5310090.jpg
恵那山

P5310094.jpgP5310108.jpg
蘭方面下山道  南木曽岳
2015.06.03 Wed l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Tさん宅に集まって最近配布されたマップ・かにを見ていると「我田の森」という所がある。何かいい所があるかもしれないなどという話になった。

尼寺跡の脇に泉があって名水と書いてある。ペットボトルに水を汲んでこれを土産としよう。ササユリが咲いている道をしばらく上がったところで四つ辻に出る。

バカとケムリは少しでも高い所に上がりたがるから左の斜面を上がり、前方に明るいところが見えてきたら大岩がある山頂広場に出てもちろん大岩に登る。

鳩吹山、高社山など見晴らしのいい所で来た甲斐があったというものだ。北に続いている尾根を進み、長い階段を下って行った先に小さな社が祀られていた。

参道を下る途中、下の県道を通る車の騒音がここまで聞こえてくる。出ると花フェスタ記念公園東入口の前だった。

公園入口のバラを見物しただけで十分満足、中に入ることもせず戻ることに決まった。


P5280035.jpg
我田の森では田植えが始まっていた

P5280001.jpgP5280006.jpg
我田の森入口 尼寺跡

P5280033.jpg
ササユリを眺めながら

P5280021.jpg
我田の大岩

P5280027.jpg
大岩から鳩吹山方面

我田の森
2015.06.01 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top