昨年のウォーキングで見つけた「あやめ池」「市の沢池」、そろそろアヤメとスイレンが見頃だろうとドンドン下って行ってあやめ池に出たら白と紫色の花がきれい。

以前来た時とはまったく違っていてスッキリした池になっている。これなら文句のつけようもない。場所は総合活動センターの東の山の中で、ここまで来る人は他にだあれもいない。

手前の広場にモウセンゴケの小さな原っぱがあって二、三輪咲いていたが、周囲は乾燥が進んでそのうちただの草地になってしまいそうだった。

次に市の沢池の方へ行くと、まだ一部だけだったがスイレンが咲いていた。来たついでだ、隣の湿地に入ってみたらハッチョウトンボが飛んでいたり、ヘビノボラズが実をつけている。

シロモジの木も多い所で、この木で爪楊枝を作ると良い香りがするらしい。近頃ではなくてはならない必需品也。

P5250005.jpg
あやめ池

P5250013.jpg
あやめ池のスイレン

P5250015.jpg
モウセンゴケの原

P5250020.jpg
市の沢池のスイレン

P5250028.jpg
白いスイレンも咲いている
2015.05.29 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
8年前は山頂まで観光バスで行くお気軽登山。これでは実際1合目から歩いてみないとどんな所か分からないし、自分の眼で確認出来れば納得する。

3合目は広々とした開けた所で、ここでトイレ休憩。そのうちこの時期でしか見られないイチリンソウ、ニリンソウや黄色い花も目立ってきて楽しい。

避難小屋が見えてきたら6合目、山頂はまだまだ先だ。ずいぶん軽装な登山者があっという間に追い抜いて行ってしまった。この後も何人かに抜かれながらゆっくり登って行く。

伊吹山はたしか雑誌のアンケートに”二度と登りたくない百名山”のひとつに入っていた。深田久弥も登ったコースだが、その後の伊吹山は山頂近くまで車が入り、ケッコウ観光客も多かったけれど仕方がないか。

ベンチに腰を下ろしようやく昼食。今日はいつものオニギリでなくサンドイッチにした。食後にウェストンココアを入れる。5月の伊吹山を十分楽しんだ後、山頂標識と三角点を確認して来たルートを戻る。

山から下りて来たらそのまま帰るか、それともひとっ風呂浴びて帰るか迷ったが、そのまま帰宅しました。

P5230017.jpg
正面に伊吹山が大きく見え始めた

P5230023.jpgP5230036.jpg
初めて見たオドリコソウ イブキガラシ

P5230080.jpg
5合目の小屋を眺めながら

P5230075.jpg ここまで3時間半、頂上は近い

P5230052.jpgP5230063.jpg
頂上標識と一等三角点

P5230050.jpg
イチリンソウが満開

P5230043.jpg
キンバイソウ

P5230086.jpg
アリの行列に出くわした
2015.05.26 Tue l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
北野武監督、藤竜也主演の「龍三と七人の子分たち」が上映されているとの情報。こちらの映画は北野監督の中でも評判らしく、藤竜也さんを見に行かなくては!

入場料は1800円也とのことだが、幸いなことにシルバー割引を利用すればかなりお得になることが分かって有難い。

とにかくいいチャンスだから行こう。MIDLAND SQUAREでは若い人も何人かは見かけたが、客スジといえば同年配の人が圧倒的に多くそれも女性客、もう行列が出来ていた。
最近はレンタルDVDを利用することが多くなって本格的な映画館に入るのは何年振りだろう。
平均年齢は72歳とかなり高年齢の役者さん達と紅一点の萬田久子さん、最初から最後まで実に面白く大いに笑えるときたものだ。

キッカケをくだすったブロガーさんありがとうございました。

P5210006.jpg
MIDLAND SQUARE

P5210003.jpg
すでに行列が出来ている

P5210008.jpg
2015.05.23 Sat l その他 l コメント (3) トラックバック (0) l top
ササユリの季節にはまだ早すぎるが、少し歩いてみたいと「みたけの森」へ出かけました。初めから期待もしていなかったからそんなにガッカリもしない。

駐車場に車は少なくて、2,3組の家族ずれを見かけたくらいだった。6月上中旬の「みたけの森」といったら、もうササユリ目当ての観光客で賑わい茶店まで出ていた。

芝生広場から斜面を上がって行って尾根に出たらその先は少し下り気味で、「ベニシジミ」が沢山飛んでいる。初夏の山は活気があって楽しい。

行きがけのダチンにしようとカメラを用意したが、いそがしそうにあちこちと飛び回るからついにシャッターを押すのを諦め、ただジット眺めているだけだ。

この森にはいくつもの散策路が造られている。方向さえ間違えなければ、曲り角の要所に案内板があって迷子になる心配はない。2時間ばかり歩き廻りました。

P5180004.jpg
みたけの森のヤマボウシ

P5180046.jpg
ヤマボウシに蝶が来ていた

P5180032.jpg
ササユリ群生地の周囲は電気柵で厳重に保護されている

P5180013.jpg
開花まで1週間くらいだろうか?

P5180031.jpg
メタセコイアの森が美しい
2015.05.20 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いつものゴールデンウイークの大騒ぎが終わった頃をねらって出かけました。

それぞれ行きたい場所があって、距離は適当に長くてしかも楽しめるコースで、絶対に天気が悪くならない日に限るから、簡単にはまとまりそうもない。

結局中山道・うとう峠を越えて鵜沼宿に入り、ついでにマダム貞奴の貞照寺も見てみようということに決まった。まだ体力があったら犬山城まで行ってみようなどと言う者もいるが、どこかでもうギブアップするにちがいない。

坂道を上がって行ってうとう峠近くまで来ると、今の中山道は石畳で整備された道でチョッとした公園になっている。

標高は140m、むかしは難所でさみしい所だったのだろう、峠に盗賊に襲われ命を落とした小田原宿の喜右衛門の菩提碑があった。

ひととおり鵜沼宿を見て貞照寺へ。アップダウンの多いコースだったが、まだ余裕があってこれなら心配はない。地図に載っていた栗栖の渡し場跡は探してみても分からなかった。

DSCN3470.jpg
うとう峠の石畳

DSCN3472.jpgDSCN3476.jpg
突然アライグマが駆け下りていった

DSCN3482.jpg
展望デッキから木曽川、R21

DSCN3489.jpg
峠に小田原宿の喜右衛門の菩提碑

DSCN3513.jpg
うぬま宿

DSCN3517.jpg
鵜沼宿・うとう峠追分

DSCN3521.jpg
貞奴の霊廟には狛ヒツジが
2015.05.17 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上高地のウェストン碑は有名で岩に埋め込まれていたが、地元では外国人として初めて恵那山に登ったW・ウェストン像が「恵那山ウェストン公園」に建てられている。

ウェストンも登った前宮ルートを歩いてみたいものだ。丁度シャクナゲの真っ盛りの季節で美しい。
駐車場では登山者が出発の準備をしていたり、キャンプを楽しんでいる山ガールで満車状態だった。恵那神社に参拝したり、中津川名物のウェストンココアを飲んだりする。
ウェストンココアはパンフレットを見ながら自分で作る。カップの中にココアと砂糖が入っているから、これをお湯でペースト状にして自分好みに薄め、生クリームを浮かべたら出来上がり。

少し甘くてかなり美味い。その上記憶力が向上し、高血圧にも効くというからちょうど良い。山開きもすんで、そろそろOさんを誘ってみよう。

P5090023.jpg
ウェストン公園に入っていくと

P5090021.jpg
W・ウェストン像

P5090011.jpgP5090016.jpg
ウェストン公園広場 シャクナゲ

P5110031.jpg
ウェストンココアを作る

恵那山ウエストン公園
2015.05.13 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
神明神社のヒトツバタゴが新聞に載っている。国の天然記念物の巨木があって、高さは25m。ヒトツバタゴの白い花はうんと小さくて満開だった。

隣の神明水を覗いてみると、白狐温泉の源泉が湧き出ていて水泡が上がってきている。
垣根越しに「戦後まだ水道がきていなかった時は、飲料水や風呂に使っていたよ」と話してくださった。

飲んでみたら塩分だろうか?少しショッパイ味がしてその後何ともなくて、かえって身体の調子が良くなったような気がする。

神社前では田植えが始まり、耕運機に初めて乗ったらしい息子を眺めている様子が心配そうで、そうだガンバレ。

現在の新白狐温泉は営業してなくて残念!一度ゆっくりお風呂に浸かってみたかったのだが。

P5030043.jpg
神明神社

P5030042.jpg
ヒトツバタゴの花が満開

P5030033.jpg
神明水が湧き出ている

P5030044.jpgP5030053.jpg
田植えが始まり、正面にはロッククライミングで知られる屏風山の岩

P5050063.jpg
瑞浪市のコミュニティーバス停から近い
2015.05.11 Mon l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
御殿山は美濃加茂市の最高峰。鳥居をくぐり30分も上がって行くと白山神社が祀られている。

岩場に上がってみると高さこそ559mと低いが見晴らしの良い所だ。これでは運動としては物足らないから帰りは三叉路から左の尾根に入り、しばらく行くとイワカガミが沢山生えていた。

採取して育てたりする人もいるようで、園芸店でも売っているらしいがやっぱり自然の中で咲いているのが一番。

ドンドン下って行って峠まで来るとお地蔵様が置かれ、この辺り古い街道が通じていたみたいで読むと享和元年と彫られていた。

真っ直ぐ行くと平木山。四つ辻から林道へ下る道では倒木や蜘蛛の巣が多くて、おまけに毛虫まで出てくる。いつか三角点を探しに平木山まで行ってみよう。

P5070002.jpg
白山神社の鳥居をくぐり

P5070011.jpg
神社の裏手が山頂

P5070014.jpg
岩場に上がると美濃の山々

P5070015.jpg
イワカガミがいっぱい

P5070018.jpg
峠のお地蔵様 享和元年の文字がハッキリ残っていた

P5070019.jpg
峠の四つ辻から林道へ下る
2015.05.08 Fri l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
中津川の帰りがけに源済公園という所に寄り道する。ガイドブックには簡単な地図しか載っていなくて、R19から木曽川に向かって適当に下って行く。

一度道をまちがえてしまったけれど、何とか公園にたどりついた。展望台から見下ろすと付知川と木曽川が合流する辺りに「品の字岩」が見え、ちょうど恵那峡遊覧船が眼の前でUターンする。

美恵橋と源済橋の中間にあって眺めは素晴らしい。少し下ってみると細い道が続いている。どうやら近道らしい。

チョッとしたヤブを抜けて行くと要害の地で、ここに城を築いた理由が良く分かる。むかし千旦林城があった所らしいが、今は「源済岩」があるだけだった。

このあと源済橋を渡って対岸まで行ってみました。

P4280061.jpg
源済橋の向こうに笠置山

P4280074.jpg
品の字岩

P4280060.jpgP4280079.jpg
恵那峡遊覧船 ハルジオン

P4280084.jpg
付知川と木曽川が合流する

P4280064.jpg
吉村源済が住んでいたという源済岩

P4280081.jpg
源済橋
2015.05.06 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ウォーキング仲間四人そろってナイター見物を計画してみようというわけで、あれこれ話合い条件に合う日程を決める。

結局中日×DeNA戦に決まった。仕方がない。JR大曽根駅からシャトルバスで名古屋ドームへ。
試合開始は18時からで、時間はまだタップリあるし、朝から暑い日だったから駅前の「かどや」でビールを飲もうと思ったが・・・。

チアドラゴンズが試合を盛り上げ、ラッキーセブンになるとジェットフーセンを飛ばす。8回にルナ、ナニータが連続打って2点勝ち越すともう大変、周囲は「お前が打たなきゃ誰が打つ」の大合唱。

本当は巨人ファンなのだが、一緒に立ち上がりハイタッチをしてしまった。中日の先発はエースの吉見、よくがんばったよ。中日ファンの皆さんおめでとう。

DSCN3466.jpg

DSCN3456.jpg

DSCN3441.jpg
チアドラゴンズが盛り上げる

DSCN3443.jpg
吉見対筒香 内角のボール

DSCN3457.jpg
四番ルナ

DSCN3459.jpg
フーセンを膨らませて準備

2015.05.03 Sun l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top