ずいぶん前から行ってみたいと思っていたが、ようやく東濃鉄道・笠原線跡をブラリと歩いてみました。

多治見から笠原までを結んで人や陶器を運んでいた笠原線だったが、1978年に廃線となった。むかしの線路の後は「陶彩の径」という遊歩道になっている。

遺構のようなものを探してみても鉄橋の高架跡が残っているだけだった。散歩やジョギングを楽しんだり、犬を散歩させたり。

ベンチに腰を下ろしておしゃべりしたりして、日当たりもいいから居心地が良い場所らしい。
笠原町に入って行くと、遊歩道沿いに絵画のようなものがある。幅1.5mくらいだろうか、多治見市内の小中学校を描いたタイルの壁画がズラリと並んで飾られていた。

さすが日本一のタイルの町だ。片道ほんの4.5キロ、終点まで行って引き返しました。

P2240002.jpg
鉄橋の高架跡

P2240005.jpg
陶彩の径の碑に当時の蒸気機関車

P2240012.jpg
遊歩道をのんびり歩く

P2240009.jpg
遊歩道沿いには桜並木が

P2240035.jpg
賑わっていた頃の笠原駅

P2240039.jpg
昭和公園から旧笠原駅跡まで歩きました
2015.02.26 Thu l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
久しぶりにTさんを誘って泉地区へ。柄石峠に出て中街道を歩いた時、前に通った道とつながっていなかったのが気になるというわけで、9時に出発。

少し楽したいから「道の駅」まで乗りつける。斜面を上がって行って三叉路に出たら、道標の文字がかすかに残っているだけで読めない。たぶん右の尾根だろうと入って行く。

この辺り標高は300m前後と低いけれど、いくつもの分岐があって分かりにくいが「分かった この道だ」とようやく納得できた。

市之沢湖に寄り道して上がって行く途中、突然上からマウンテンバイクの連中が下りてくるのに出くわした。こんな所にと驚いたが、小牧からやって来たという若者三人組だった。

「こんにちは」と挨拶をして通り抜けて行った。道を探しながら走り廻っているのが楽しそうで、山から下りて来たらもう一度出会いました。

DSCN3319.jpg
三叉路から右の尾根へ

DSCN3323.jpg
市之沢湖へ下って行く

DSCN3324.jpg
「地図 ちゃんと持ってるかい!」

DSCN3329.jpg
市之沢湖 春には睡蓮の花が見られそう

DSCN3322.jpg
大営火場分岐から下ってみた

DSCN3335.jpg
「そっちへ行くと景色がいいよ」
2015.02.24 Tue l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
寒波が次々やって来る。こんな日には風呂好きとしてはとにかく何より温泉だ。露天風呂にドップリ浸かった。

たぶん15分くらい経っただろうか、だいたい満足して一旦出る。椅子に腰を下ろして涼んでいる人もいるが、冷気が気になって又入ったりする。

ちょうど良い湯もあるし、少し温めの湯もあってケッコウ楽しめるが徐々に混んでくる。たまにはスーパー銭湯でなく、人があまり行かないような山の温泉に浸かってみたい感じ。
そういう温泉を探して風呂好きTさんを誘ってみようか。この際バサッと体重を落としてしまおうとサウナにも入る。

1kgばかり減ったようで、かえって体調が良くなったような気がする。やっぱり温泉はいいもんだよ。

P2190004.jpg
暖簾をくぐり

P2190007.jpg
皆さんもくつろいで

P2190017.jpg
マンサクの黄色い花が良く目立つ

P2190019.jpg
アセビの蕾もふくらみ始めた

P2190012.jpg
つい食べてしまった
2015.02.21 Sat l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
たまにはまだ知らない池を探してヤブに入って行ったり、湿地を見つけて通り抜けたりなどして遊んでいる。

好きな人はケッコウ楽しいが、もう一人のTさんはそんな所へは参加しないと言う、元々彼は街歩き派だから仕方がないか。久しぶりに大久手池に行ってみました。

辺りをキョロキョロしていたら「ルリビタキ」が初めて近くまできてくれたり、「カワセミ」が池に飛び込んだりして後をつけるが、ついに見失った。しばらく待っていたが、いいかげんイヤになってきて隣の梅園に入って行く。

白梅の蕾はまだ固かったけれど、紅梅が一輪咲いていてキレイ。もう池には戻る気もなかったからカワセミが来たかどうか分からない。

P2140070.jpg
カルガモ カワウ

P2140051.jpg
ルリビタキ オス?

P2140074.jpg
ツグミ この季節どこでも見かける

P2140113.jpg
紅梅が一輪

P2140116.jpgP2140121.jpg 


東京大衆歌謡楽団の皆さん ”新雪”が素晴らしい
2015.02.17 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近は中津川へ行くことが多い。ついでだからと村瀬橋を見ておこう。R19沖田交差点から木曽川に向かって下りて行った先にあるハズの白山神社も目的の橋も見当たらない。

土手をウロウロしていたらオオイヌフグリが沢山咲いていたり、対岸をジョギングしている人がいるだけで、教えてくれるような人はどこにもいなかった。

初めて出会った農家の方から「それならあの黄色い建物の先だよ」。行ってみると中央線の鉄橋に隠されていて見えなかっただけだった。

右から落合川が入ってきて木曽川と合流する手前に「村瀬橋」が架かっていた。すぐ下流に落合ダムがあって、ちょっとした湖になっている。

村瀬橋を渡ってみた。大正15年に造られた木製の橋で、二輪以上は通行禁止の看板があったが、今でも現役で使われている。このままずーと保存されていてほしい橋だったよ。

P2070132.jpg
オオイヌフグリがいっぱい

P2070114.jpg
落合川に架かる村瀬橋

P2070118.jpg
村瀬橋を渡って対岸へ

P2070115.jpg
木曽川と合流

P2070127.jpg
落合ダム

P2070116.jpg
鉄橋の向こうに恵那山
2015.02.14 Sat l 散歩 l コメント (1) トラックバック (0) l top
冬山ということで、ついのびのびになってしまったけれど、高見山は鈴鹿の山の中でも有名な山だし、一度見たいと思っていた。

日程表を見ると標高は1249mあるが、標高差で言うと770mですんでしまう。ゆっくり歩いても5時間くらいの軽い一日コースだ。

名古屋を7時20分に出発、登山口には10時半に着いた。自宅からだとかなり遠く感じる。最近膝の調子が気になるが、そんなことは言っていられない。

小峠まで来たらアイゼンとスパッツを付ける。普段使うことも無いから少々手間取る。鳥居をくぐり斜面を上がって行くのだが、たいした雪でもないがキツイ登りなのでマイッタ。
それにしても急な登りだった。尾根に出たら雪がベッタリ積もっていて風が横なぐりだったけれど、アイゼンの爪が効いて快適に歩けた。ネットで見た樹氷が出てきてエビの尻尾も育っている。

はるばるやって来た甲斐があった。山から下りて来たら後は温泉に向かい、出たり入ったりして冷えた体を温めホットする。こんな調子では当分山から足を洗えない。


P2100029.jpg
登山隊、斜面を這い上がり尾根を行く

P2100065.jpg
エビの尻尾が育っていた

P2100049.jpg
ここまで来ると山頂は近い

P2100066.jpg
エビの尻尾を眺めながら

P2100067.jpg
横なぐりの風が強い

P2100053.jpg
高見山に祀られている高角神社 三角点は雪の下で分からない

P2100058.jpg
台高大峯の山々

P2100055.jpg
奥に見えるのは三峰山だった
2015.02.11 Wed l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
市民病院の駐車場から御嶽山の山頂部が見える。地獄谷付近からまだ大量の噴煙が上がっている。天気も良かったから南木曽岳もハッキリ見えた。何回も登った懐かしい山だ。

来たついでだからと川沿いを歩いていると、マガモを発見。黄色いくちばしと緑色の頭がキレイ。メスは地味な感じ、マガモ夫婦が仲良く遊んでいた。居るのはこの辺りだけで好きな餌場なのだろう。

次は小さいモズだ。遠くて分かりにくく良く見ないと見逃してしまうところだった。

帰るにはまだ時間があるから桃山公園に入って行くと、一本のロウバイの大木を見つけました。花桃の季節になったら又訪れてみよう。

P2040018.jpg
中津川市民病院から御嶽山

P2040020.jpg
南木曽岳

P2040009.jpg
マガモ夫婦がスイスイと

P2040102.jpg
こちらもマガモ夫婦

P2040031.jpg
モズ

P2040014.jpg
桃山公園 ロウバイ
2015.02.07 Sat l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
中山道・太田宿にヒレンジャクの情報、早速出かけました。ヤドリ木の実を食べに毎年この時期に飛来するらしい。

しばらく待っていたが一向に現れない。ついに諦めこの際太田宿を見ておこう。ブラブラ歩いていると宿場町の雰囲気ある建物が残っていてケッコウ楽しい。

皇女和宮も歩いたかもしれない本陣跡は駐車場になっていて門があるだけだ。ひょっとしたらと思い戻ってみたら、三脚とバズーカー砲をかまえた連中が10人くらいだろうか勢ぞろい。ヒレンジャクが来ていた。

せわしい動きの鳥でジットしてくれない。中には動かずに止まっているヒレンジャクもいるが、風が吹いてきて一斉に堤防沿いの木に飛んで行ってしまった。

皆さんゾロゾロそっちの方へ移動する。私も取り残されては大変だからと後をついて行く。3月いっぱいは楽しめるそうだ。

P2020004.jpg
榎の木に寄生木がいっぱい

P2020009.jpg
この寄生木の実が大好物

DSCN3173.jpg
ヒレンジャク

DSCN3068.jpg
ヒレンジャク

P1310002.jpg
宿場町の町並みが楽しい

P2020010.jpg
十六銀行旧太田支店の鬼瓦に[銀]の文字
2015.02.04 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
まだまだ寒い日が続きます。ねぎま鍋を作ってみようというわけで、材料はネギとマグロの二種類。これにトウフ、シイタケを入れても良い。

[作り方]:ネギは3,5cmに切る。マグロは幅1cmに切る。昆布を敷いた小鍋にだし汁と醤油と酒。ネギ、マグロを入れて食べる。残りのお酒は飲用。

うっかり煮すぎてしまったみたいで、予想した味とは全く違う。せっかくのマグロを台無しにしてしまった。こうなったらもうどうしようもない。

P1270009.jpg 

P1270003.jpg

● 湯豆腐
2015.02.03 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top