屏風山でお会いしたOさんから「猿投山はどうですか?」と誘って下さった。社長職を娘さんに譲って、平日が休日になった同年配の御隠居さんだ。

自宅を8時に出た。国道を選んだのは間違いで、朝の渋滞が始まっていて大分時間を損したが、それでも十数分の遅れですんでホットした。本当は彼も少し遅れて来たらしい。
出発前に雲興寺の境内に入ってみたら、三脚を立てたカメラマン達を見かけた。さすがに見事な紅葉だった。今回の予定は雲興寺から三叉広場まで来て「北歩道」を上へ。

紅葉の真っ盛りで初めての道だったが順調に進み、赤猿峠からの登山道が出てくると頂上は近い。白山、恵那山の展望所を過ぎて山頂に出ると御嶽山が現れる。

三角点を確認して、帰りは赤猿峠から「ヤマザクラの道」を下るつもりだったが、ついドンドン下ってしまってもう戻る気もなくて、三叉広場までケッコウ長く感じた。


PB270003.jpg 
雲興寺山門の紅葉

PB270013.jpg 
休憩所で水分を補給

PB270014.jpg 
シロモジの木が沢山生えている

PB270018.jpg 
北歩道分岐から猿投山へ

PB270019.jpg 
傾斜も緩くありがたい

PB270024.jpg 
展望所から恵那山方面

PB270026.jpg 
猿投山

PB270028.jpg 
赤猿峠
2014.11.30 Sun l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
錠ヶ谷林道がどんなとこか入ってみたが、ごく普通の林道で東海環状自動車道の騒音がここまで聞こえてくる。人ッ気はなくそのうち廃道になってしまいそうだ。

この時期はセイタカアワダチソウの黄色が良く目立つし、ノコンギクもまだ咲いている。シロモジやモミジなどシャターを押しながら上がって行って、林道終点まで来たら黒岩林道に通じている道とつながっていた。ほんの1キロだった。

帰りがけにため池に寄ったらケッコウ紅葉がキレイ。「木曽駒高原に遊びに行って来ました」と土産に「イワナのコツ酒セット」をいただいたことをすっかり忘れていた。

帰ったら早速試してみよう。熱燗一合を注ぎ、少しもみ出せばOK!と書いてある。この”イワナのコツ酒”と漬け物があればそれだけで満足なものになる。

独特の風味がして二、三回は楽しめそうだ。たしか上高地の「嘉門次小屋」でも売っていた。Tさんご馳走さまでした。


PB260001.jpg 
サルトリイバラ

PB220012.jpg 
ノコンギク

PB220026.jpg 
ソヨゴ

PB230011.jpg 
クサギ

PB220020.jpg 
モミジ

PB220023.jpg 
モミジ

PB270033.jpg 
ため池
2014.11.27 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
雪山を見に久しぶりに納古山へ行った。「道の駅・ロックガーデンひちそう」でトイレを済ませ、木和谷林道に入って行く。標高は633mと低いが、紅葉と絶景が見られる。

駐車場に車は少なかったから、おかげで静かでのんびり出来るだろう。中級コースは歩きにくい所もあるが、少し上り下りがあっても結局短時間で登れるからこのコースを選んだ。
朝は10度以下でかなり冷える。20分も上がって行くと、体も程よく温まってきて尾根に出ると快適に歩けた。ライトアップされたモミジの紅葉も美しいけれど、自然の中で見る紅葉が一番だ。

頂上に方位盤があって、もちろん無くても誰でも分かるが、御嶽山、乗鞍岳そしてその左に白山と評判通りの景色だった。

少しばかり西尾根に入ってみると、怖いような断崖絶壁があって、この道はあまり人は近づかないみたいだが、面白そうだからいつか行ってみよう。帰りは初級コースを下りた。やっぱりいい山だったよ。


PB210003.jpg 
道の駅から飛水峡

PB210049.jpg 
紅葉を楽しんで

PB210015.jpg 
五合目付近の紅葉

PB210024.jpg 
チョットした岩場があるがたいした難所でもない

PB210039.jpg 
この地方の最高峰で人気NO1納古山山頂 天気も良かったから360度の展望

PB210030.jpg 
方位盤

PB210035.jpg 
御嶽山

PB210037.jpg 
白山

PB210043.jpg 
中央アルプス方面だがハッキリしない

nokoyama.png 

2014.11.23 Sun l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
夜の散歩なんかなかなかやる気にはならないがフリース、ジャケットを着込んで出かけました。山の中はかなり冷える。公園入口に屋台村が出来ていたり、たき火の用意がしてあったりしてありがたい。

暖をとっていたら暗くなってきた中、ライトアップが始まった。事業協力金を支払い「関所」を通り入って行くと、暗いうちから三脚を立てた連中が撮影ポイントを占領していて大変な混雑、

三脚は禁止ですのアナウンスがながれているが、皆さん楽しそうだからまあ仕方がないだろう。夜景モードというのがあって、それなりにキレイに写っていたらもうけものだ。

どんな素人でも何年もやっていれば一人前になれるかもしれない。そろそろせめてミラーレス一眼でも考えてみようか。池の中をのぞくと、紅葉が水面に浮いているようで、吸い込まれるような美しさだ。

帰りがけに食事でも摂ろうと「土岐プレミアム・アウトレット」に寄ったら、この時間さすがに人通りは少なかったけれど、夜景のキレイな所だった。


DSCN2472.jpg 
ライトアップを十分楽しみました

DSCN2462.jpg 


DSCN2456.jpg 


DSCN1821.jpg 
土岐プレミアム・アウトレットから土岐市街

DSCN2484.jpg 
静かな通りだった
2014.11.20 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎日ただブラブラしているだけの三人だが、こんなことばかりしていられない。Tさん宅に集合、行き先を考えていたところ鬼岩公園から松野湖を一周しようと言う。

コーヒーとクッキーを御馳走になったことだし、紅葉はどこでも見られるからまあいいか。渓谷コースを選んで「岩屋くぐり」など見物しながら上がって行く。

頂上近くに「蓮華岩」という大岩があって、やっぱり気になって仕方がないから登ってみると見晴らしが良い所で、見下ろすと谷の向こうに鬼岩温泉が見える。

ここから松野湖を一周するとなると距離およそ7.5キロ、「もうここでいいや」と思ったが、途中で引き返すハズもなく、グルッと廻って戻った。

朝早い方が良かったけれど、午後から雲が張り付いてきて中央アルプスの眺めはおあずけだった。見頃の紅葉はさすがで、栃木から来たという観光客に出会いながら、皆さん健脚揃いで、弱音も吐かずとうとう6時間も歩くことになった。ヤレヤレ。


DSCN2416.jpg 
見返り橋を渡って渓谷コースに入って行く

DSCN2418.jpg 
岩屋くぐり

DSCN2435.jpg 
蓮華岩から見下ろす

DSCN2443.jpg 
紅葉を眺めながら

DSCN2445.jpg 
公園入口まで戻ってきた

DSCN2449.jpg
2014.11.15 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ご近所の三人いっしょに廃線跡を一度見ておこうという話しになった。距離10.4キロ、永久橋を渡って下石駅跡から東へ順調に進む。

廃線後、レールはとりのぞかれて、山神駅があった手前に良く見ないと見落としてしまうが、土留め用にレールが使われていたり、枕木が民家の塀に使われていたりして面白い。
橋台跡から奥に向かって廃線跡が続いていたが、その先はヤブに覆われ、日帰トンネルまでは行けそうもない。駄知側のトンネルの上辺りから下り、ようやくたどり着いた。

西駅の車庫に当時のレールが残っていた。終点の東駅まで行ってみよう。ほんの1キロだ。
休憩しながら4時間半は歩いたろうか、もう大分くたびれてきた感じで、県道に出るルートで戻るのが近いが、こんな調子では夕方になってしまう。バスを利用して帰りました。


IMG_6697.jpg 
廃線跡をのんびり歩く

IMG_6665.jpg 
土岐口駅跡付近

IMG_6671.jpg 
快適なサイクリングロードが続いている

IMG_6703.jpg 
山神駅跡のプラットホーム

IMG_6705.jpg 
橋台跡

IMG_6706.jpg 
日帰トンネルにやって来た

IMG_6692.jpg 
西駅構内

IMG_6693.jpg 
車庫でレールを見つけました
2014.11.10 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小沢山トンネルを抜けて狭い道に入って行くと小沢渓谷に出られる。下流に「虹の中橋」という吊り橋が架かっていた。管理用の橋で誰でも自由に渡れるが、足元から川がまる見え状態でかなり揺れる。

対岸に渡ってみたら、小さな祠が祀られていた。訪れる人もいないようだ。渓谷の美しさはたいしたものだし、奥のダム湖の感じも良い。小沢渓谷を調べていたら、この道が「岩村電気軌道」の廃線跡だった。

岩村から恵那まで電車が通っていたが、国鉄・明知線が開業したことでその後廃線となった。これが昭和10年。「来たついでに当時の遺構でも探してみるか」 「そうしますか?」 いまでは生活道路として地元の人に利用されているだけだ。

どこか休憩できる場所を探して高みにあがると親子ずれらしいノラネコが近づいてきてジッとこっちを見ている。痩せていて腹も空かせているみたい、寒くなるがまあ元気でやってくれ。風が冷たくて早々に引き返しました。


DSCN2395.jpg 
小沢渓谷に入って行く

DSCN2401.jpg 
対岸に柿がいっぱい

DSCN2384.jpg 
岩村川に架かる虹の中橋

IMG_6652.jpg 
橋を渡って対岸へ

IMG_6650.jpg 
渓谷沿いの道は廃線跡だった

IMG_6653.jpg 
ダム湖の向こうに二ッ森山

IMG_6655.jpg 
他にも沢山いるのだろう
2014.11.06 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝から雲が多く今にも降り出しそうな天気だったが、小里川ダム湖を一周するウオーキングが開催されるとの情報。申し込んだらもう定員オーバーだった。

参加費は支払わなくてもかまわないらしいが、ガイドさんの案内やトン汁、茶菓子などのサービスは受けられない。仕方がないか。本当は豚汁はどうでもよく、ただダム湖を一周したいだけだ。
総勢200名が各グループに分かれて次々と出発、ガイドさんの後をゾロゾロついていく。この際1食ぐらい抜いた方がかえって調子が良くなるかもしれない。ほとんど平坦な道だからそんなにカロリーも消費しないだろう。

アメでもしゃぶりながら歩いて行くことにしよう。野鳥にも出会えず期待はずれで、ほとんど飲み食いもしないでゴールに着いたのが12時半を廻ってしまった。

 万歩計は12,500歩とおよそ7.5キロ、のんびりマイペースで歩きました。この後「道の駅おばあちゃん市・山岡」で田楽を注文、こんな美味いものがあってよかった。

IMG_6636.jpg
小里川ダム

IMG_6617.jpg 
紅葉を眺めながらのんびり歩く

IMG_6629.jpg 
 IMG_6642.jpg
田楽に卵焼きと豆が付いていた

IMG_6606.jpg 
駐車場で現役のキャロル360  個性的なデザインが懐かしい

小里川ダム 
2014.11.02 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top