一番高い本丸に登ると光秀になったような気分を味わえるかもしれないなどと明智城址へ出かけました。ここは光秀生誕の地と云われている。

まず麓の天龍寺の境内へ入って行くと明智氏累代の墓所があって、想像していたより小さく質素なものだった。住職にお願いして光秀公の位牌を見せてもらいました。

肖像画はなかったけれど、隣に細面の穏やかな顔をした木像も置かれている。大河ドラマ「軍師官兵衛」にも登場し、光秀役を演じているのは春風亭小朝さんだが、どうもイメージとは違う感じもするが・・・。

大手口門から上がって行って本丸に出ると展望台が造られている。天気も良かったから東の向こうに御嶽山の山頂部が見え、可児市街一帯の眺めも素晴らしい。

西出丸曲輪へ下りて行って高みに上がってみると、こんな所に三角点があった。光秀と云えば本能寺の変だが、なぜおこったのか諸説あってナゾが多い。天龍寺では毎年光秀公御法要が行われているそうだ。

天龍寺 
明智家菩提寺 天龍寺

位牌 
日本一大きいという位牌

木像 
光秀公木像

墓所 
明智家累代の墓所

大手門 
大手口門から上がって行く

本丸 
明智城址本丸

三角点 
三角点があった

御嶽山 
本丸から御嶽山の山頂部

可児市街 
展望台から可児市街
2014.05.28 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
岩巣山へ行ったのはずい分前のことで懐かしい山だ。たしか岩屋堂から登った。
今日は変化があって面白いかもしれないし、まだ行ったことがない白岩からのコースを選んで出発。
上品野のバス停を目標に右折し、林道に入って行った先に東海自然歩道の案内板があった。渡渉を繰り返しながら渓谷沿いの道を上がっていくのだが、水量は少なく、靴を濡らすようなことはない。

それ程薄暗いという感じでもなく、いくつもの小滝もあって涼しく楽しいコースだ。しばらく歩くと徐々に傾斜がキツクなって一汗かいてしまった。急な坂を上がると尾根が出てくる。
元岩巣はここより高い所にあって、せっかく来たのだからそこへも行ってみようというのが普通なんだろうが、腹が減ってきて昼食を摂っただけで引き返しました。
帰りはほとんど下りだから気楽に下山。気分のいい所だったよ。


登山口 
東海自然歩道入口

滝1 
滝を眺めながらのんびり歩く

滝2 
涼しそうな滝

登山道1 
たいした難所もなさそうだ

登山道2 
順調に進む

大松 
もうすぐ尾根に出る

指導標 
分岐まで来ると山頂は近い

岩巣山 
岩巣山へやってきた

三角点 
三等三角点を確認

タニウツギ 
タニウツギ 
2014.05.23 Fri l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ビカリアの森はどこにあるのか、名前を聞いたこともなかったが、場所は化石博物館の奥にあった。人が来るような所でもなさそうで人っ気はほとんどない。

ビカリアは街のシンボルにもなっているらしい。駅前をブラブラしながら探してみると、公衆電話の屋根でビカリアのオブジェを見つけました。今まで気が付かなかったけれど、もともと興味もなかったからこれは仕方がない。

しばらく上がって行くと峠に出る。周りはうっそうとした森で、右側に切り開かれた小高い所が見え、気になって上がってみると御嶽山神社の碑が祀られている。かなり古いもので、明治十何年と彫られた文字がかすかに残っていた。

脇に三角点もあった。このまま下って行けば岩谷不動清来寺から国道に出られるが、この道は毛虫が多くてまいった。今年は毛虫の当たり年か。

このところギリギリのところで何とか体重を維持している。山でやりたいことをやって食事をすると何を食べても美味く、あまりガツガツしてはみっともないが、つい食べ過ぎてしまう。その気になればいつでも1.5kgは減量できるはずだったが・・・。


ヒカリアの森 
ビカリアの森入口

散策路 
散策路 紅葉の頃またこの道を歩いてみたい

御嶽山神社 
御嶽山神社碑

三角点 
三角点 

野鳥 
ゴジュウカラ? トリミング

ビカリアオブジェ1 
公衆電話の上にビカリアオブジェ

ビカリアオブジェ2 
瑞浪橋のたもとでビカリアを発見
2014.05.18 Sun l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
八百津から北へ7キロも行った先に10戸ぐらいだろうか?北山集落がある。日本の棚田100選にも選ばれ一度見たいと思っていました。

この集落も過疎化と高齢化に悩まされ、放棄された棚田にはハルジオンが咲いて別名貧乏草。手入がされていない庭に生えるらしい。よく見るとキクに似ていてケッコウ美しい。
ちょうど田植えが終わったばかりで周囲に人影はなかったけれど棚田一帯の眺めは実にすばらしい。静かな所だった。来たついでだ、もう少し上がって峠を越えて林道に入ってみると、権現山の登山口を見つけた。

辺りをウロウロしていると、突然キツネが飛び出してきてあっという間にヤブの中へ逃げて行ってしまった。カメラを取り出す間もない。そろそろ今年の目標を立て、夏山に向けて準備を始めよう。

退職後さんざん一緒に山登りした先輩からは「なんだまだ山なんかやっているのか」と言われそうだが。農家になったKさんは今年も田植えを始めているだろうか。

棚田100選 
日本の棚田百選 上代田 

棚田1 
棚田

棚田2 
棚田

DSCN0821.jpg 
棚田

DSCN0799.jpg 
棚田

ハルジオン 
可憐なハルジオン

ホウジロ 
ホウジロ
2014.05.13 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Tさんに嵐山という所を案内してもらいました。県道から脇道に入って行って開けた所に出ると東屋がある。休憩するにはピッタリの場所だ。

どんな所か本当は初めから期待もしていなかったから、そんなにガッカリもしなかったが、かなり山の中だった。周囲を見渡すとすぐ前を川が流れ、橋も架かっている。これが「桂川」と「渡月橋」。

地元のライオンズクラブが荒れ地だった場所に桜を植え、京の嵐山をイメージして名付けたらしい。山菜取りに来た老夫婦を見かけただけで、ここまで来る人はほとんどいない。
おかげで静かで、昼寝してから帰りたいくらいだ。桜の季節に来たかったけれど山藤も綺麗。川沿いに下って行って行止まりから左の道を上がる。

中央自動車道の橋まで来ると屏風山が見え久しぶりに民家に出てホットする。「もう大丈夫 わかりました」。万歩計を見ると15000歩とまだ大分余裕だった。

東屋 
あずまや

深沢川 
滝ヶ洞橋と深沢川

山藤 
山藤

山サワビ 
山ワサビが花をつけていた

カルガモ 
カルガモ

屏風山 
屏風山
2014.05.08 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
笹平登山口からほんの40分も上って行くと森に囲まれた「黒の田東湿地」。お気に入りのザックにも慣れておきたいし、湿地も見たくなってしばらく行かなかった屏風山へ出かけました。

この時期は「ハルリンドウ」が咲いているくらいだが、湿地好きとしては近くて最高の場所だ。ケッコウ種類も多い。

広いからその気になって探さないとなかなか見つからなかったけれど、春から秋まで何回も通いました。絶滅危惧種の「ミカワシオガマ」や「ムラサキミミカキグサ」は今でも咲いているだろうか気になる。

何年か前に絶滅種「サワラン」を見つけた時は「ヤッター」。木道をブラブラ歩いていたら野鳥を見かけました。ジッとしていると分かりにくいがかなり大きい。マガモらしい。

頂上まではカゼ気味で調子が出なく、行く気に
なれない。こんなことではダメだが下山しようと決めた。

黒の田湿地 
この地方最大級の黒の田東湿地

ハルリンドウ1 
ハルリンドウ しばらく楽しめそうだ

 ハルリンドウ2
花の色の白いシロバナハルリンドウも見てみたい

木道 
立派な木道が造られていた

マガモ 
マガモを見つけました

ニガイチゴ 
ニガイチゴかな 実は充分食べられる
2014.05.03 Sat l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top