かさはら潮見の森の南に「深山」というのがあって地図にも載っている。一度行ってみよう。
深山砂防ダム湖から深山谷の奥に向かって上がって行って、石積みを目標に山道へ入って行くのだが、徐々に踏み跡もろくに無くなって心細くなってくる。

辺りをよく見ると左手に山道らしい所を見つけホットした。まあまあ順調に進み、そろそろこの辺りだという頃三叉路に出て右の尾根を上がって行くと、前方に何やら紅白の幕みたいなものが木に架けられている目立つ所にやってきた。

頂上の標識はなかったが、ここより高い所は見当たらないから「深山」なのだろう。
ルートを外さないように慎重に登ってきたはずだったが、一度ルートを外してしまった。

しばらく山へ行かないとカンが鈍ってしまう。訪れる人も少ないせいかどうも分かりにくい山だった。暫定多治見市最高峰は「深山」の南にある。

そこへも立寄り、北山平三角点も見てみたかったが、途中で諦め引き返しました。あとは「天光の湯」へ向かうだけだ。


深山砂防ダム 
少し楽しようと思い、深山砂防ダムの手前まで車で乗りつけました

深山谷登山口 
案内板からいよいよ深山谷へ入って行く

沢を渡る 
沢を渡り返す

滝1 
右手に滝を見ながらのんびり進む

石積み 
石積みから右の山道を上がる

大岩 
大岩の前を通る

尾根 
ようやく尾根に出て上がって行く

深山 
深山山頂 目立つ幕の下にタイヤが二つ置かれていた。見晴らしは無い

ショウジョウバカマ 
この時期おなじみのショウジョウバカマ

ホトケノザ 
 いままで全く興味もなかったがホトケノザ

map
2014.03.31 Mon l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
寒い冬だったが、中旬に入るとドット暖かくなってありがたい。紀伊長島から帰ってきてまだ大分疲れている感じだが、恵那市上矢作のフクジュソウの自生地が一般公開されている。
一度見たいと思っていました。花の見頃をねらって上矢作の集落を通り抜け、上村川沿いに5キロばかり行った先に「達原大平地区」がある。戸数わずか三戸の小さな集落だった。
道の駅「上矢作ラ・フォーレ福寿の里」の案内板にも紹介されていたが、真っ盛りの季節なのに駐車場に車は少なく、これならゆっくり楽しめそうだ。環境保護協力金をいう負担がある。

300円也を支払い、この辺り一軒しかない民家の方へ上がって行くと棚田のあぜ道や斜面にフクジュソウが咲いている。休憩所でお茶のおもてなしを受け、ドンドン下って行くと、そこにもフクジュソウが一面咲いていた。

貴重で美しい花だ。これだけあると反って有難味が薄れてしまうのは仕方がないが、大満足だ。
この際見飽きるまで見ておこう。棚田をブラブラ歩いて1時間半ばかりかけて楽しみました。静かなところだったよ。ホント。

群生地 
フクジュソウが群生していた

福寿草1 

福寿草3 

福寿草4 

福寿草2 

大平棚田 
達原大平地区の棚田風景

蕗の薹 
フキノトウ  田部井さんのレシピで作るフキ味噌はうまい

オオイヌノフグリ 
オオイヌノフグリとは妙な名前だが、よく見ると可憐で上品な花だ

達原渓谷 
達原渓谷 いかだ橋を渡っていよいよ達原地区に入って行く

不動の滝 
帰りがけに不動の滝を見物しました
2014.03.25 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりに中山道を歩きました。今の伏見宿は妻籠、馬篭宿と違い旧中山道を国道21号線が通り、当時の雰囲気はほとんど残っていなく訪れる人も見当らないが、むかしは年貢米などの船積み港として賑わった所だ。

国道沿いに「伏見宿本陣跡之碑」と「右御嵩 左兼山、八百津」の道標がある。伏見交差点まで来ると、一軒だけだが旧旅籠「松屋」が残っていた。千本格子の立派な商家だ。
隣のお休み処で熱いお茶とお菓子を御馳走になって、中山道ゆったり伏見宿の代表からいろいろ貴重な話を聞かせていただいた。

正岡子規が新村湊から船で松山へ向かい、あの有名な弥次さん喜多さんも泊まった伏見宿などなど。新村湊が見たくなって北へ向かうのだが探してみてもどこにあるか分からない。

あきらめて洞興寺の境内の入って行くと、塚のうえに沢山の石仏が祀られている。石碑を見ると「伏見宿で働いて哀れな死をとげた身寄りのない女達を葬った」とあった。

荷揚げ人夫などを相手にした飯盛り女が大勢いたのだろう。この辺りを美しい遊女達がそぞろ歩いたかもしれないが、今は「女郎塚」が残っているだけだ。


本陣之碑 
伏見公民館に本陣之跡碑


松屋 
旅籠だった松屋が残っていた 

 お雛様
寄贈された明治時代のお雛様


駱駝
幕府へ献上されるはずだった駱駝の画を見せてもらいました   


IMG_5778.jpg 
右御嵩 左兼山 八百津と刻まれた道標


  行灯 一本松茶屋
伏見宿の行灯と一本松公園


洞興寺 
洞興寺


女郎塚 
女郎塚
2014.03.18 Tue l 街道 l コメント (0) トラックバック (0) l top
犬山まで来たついでだ、新聞に載っていた「各務野自然遺産の森」をのぞいてみよう。フクジュソウに会えるかもしれないし、セツブンソウも美しく咲いているかもしれない。
人が集まっているあたりに見当をつけて、ついに管理棟の裏で福寿草を見つけました。節分草は小さな種が残っていただけで、来るのが少し遅かった。

鉢植えで園芸店でも売られているが、やっぱり自然の中で見たかったが・・・。

気を取り直して案内板をみると、管理棟から北に「健康の森」が続いている。初めから頂上まで行くつもりはなく、付近をブラブラしていたらチィチィと鳴き声が聞こえてきた。ホオジロを見つけました。


※もう大分古い車だが気に入っている。いよいよあっちこっちがダメになったとしても、カネのことは気にしないでこれからもやっていくつもりだったが、とうとう油漏れが見つかった。見積書をみると、覚悟はしていたけれどかなりの負担になる。どうにも仕方がない。

管理棟 
管理棟 

 
フクジュソウ 
福寿草の群落

024.jpg 
フクジュソウの黄色の花は一番親しみがある

セツブンソウ 
春の花の中でも会いたかったセツブンソウだったが・・・

020.jpg 
天ぷらやフキ味噌など食料になる

016.jpg 
各務原アルプスハイキングコースが作られていた

ホウジロ 
ホオジロ

2014.03.12 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
寒い日が続いていてなかなか外を歩く気にもならないが、そんなことばかり言っていられない。中電の巡視路を見つけ、この先に何かいい所があるような気がして山道に入り、斜面を上がって行く。

すぐ開けた明るい場所に出て、無名の山かと思ったが、頂上の三角点の脇に「大富255.5m」の看板が残っていた。秋葉神社の参道だったらしい尾根道を歩いて行くと西側が拡けた所がある。

側を道路が通じていて犬を散歩させている老婦人が見え、大きな団地だ。前方に山の中には不自然な建物がある。

この辺りむかしは豊かな自然の森だったろう。何もないのが一番の環境保全になるとすごく気になったが、まあ仕方がないか。

団地の森も何年か経つと徐々に自然が回復しているらしく、3,4種類の野鳥を見かけた。あちこち移動するからその気になって見ないと初心者にはなかなかむつかしい。  


 

三角点 
無名峰だが三等三角点があった


頂上 
山頂からの見晴らしは良い


大富 
最近先客が来たらしい


秋葉神社 
今では訪れる人も少なくなってしまったのだろう秋葉神社      

 工場
目の前に突然巨大な工場


野鳥1 
団地の森でシジュウカラ


野鳥2 
トリミングしてみました


溜池 
溜池で楽しそうに釣りをしている人の側に池の住人 


 

2014.03.04 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top