今年も残り少なくなってボヤボヤしていられないぞという気分だが、とりあえず行先は郡上温泉。

食事、カラオケ、温泉に入って一条洋子一座の大衆演劇も見られるというから、これは面白そうでいいチャンスだからと、町内の一日旅行に参加しました。

この時期、途中の景色もいい。真っ盛りの季節で紅葉が美しい。「ドライブイン大滝苑」に隣接したホテルがあって、どんな湯か時間があったらドップリ浸かりたい。

熱燗で乾杯!サシミ、天ぷらの定番料理に郡上名物のケイチャン、ソバ、煮物などなど、そして各種の漬物。これにはダイコン、野沢菜など、これに好物の鮎の塩焼きが付く。
最後に主食のゴハンと味噌汁。飲み放題にまかせてスッカリいい気分になっていよいよ初めての大衆演劇を見物しました。

50畳ぐらいの広さだろうか?想像していたより狭く感じたが、テレビや映画と違って役者さんと直接触れ合えるのが人気の秘密かもしれない。

おひねりを渡す熟女までとびだして、笑いもありのおよそ2時間、ケッコウ楽しみました。


一条洋子一座 


IMG_4981.jpg 


IMG_4986.jpg 


IMG_4989.jpg 


IMG_4991.jpg 


IMG_4992.jpg 


IMG_4993.jpg 


IMG_4995.jpg 


IMG_4998.jpg 
2013.11.29 Fri l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
曾木公園のもみじのライトアップが始まり、だいぶ前からどんな所か気になってご近所さんを誘い出かけました。公園へ入って行ってイベント会場に出ると「五平もち」「自然薯とろろ飯」など屋台が並んで「とん汁」には行列ができていた。

これは帰りがけの楽しみにとっておいて一つ目の池に出る。スッキリとした星空というわけにはいかないが、撮影ポイントとしては最高の「場所だ。パンフレットにあったのと同じ見事な逆さもみじだった。

コンデジだが、一応手持ち夜景モードで撮ってみてそれなりにキレイに写っていたらもうけものだ。まあ一度やってみよう。二つ目の池からの眺めも素晴らしい。

ライトアップ終了まで時間はタップリあるからこの際見飽きるまで見ておこうとブラブラ歩いて三つ目の池から四つ目の池とひととおり雰囲気を味わい大満足。

ジャンパー、フリースの装備はしてきたが、夜になると冷えてきてかなり寒い。入口の先に「バーデンパークSOGI」がある。

「どうします?」「やっぱりひとっ風呂あびてから帰ろう」ちょうど適温なところもあるし、ちょっと温めの露店風呂もある。何回も出たり入ったりして長湯してしまった。

モミジ1 


モミジ2 


モミジ3 


モミジ4 

モミジ5 
2013.11.23 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
二人供しばらく山へ行っていないからどこかへ行こうという話になった。バカとケムリは高い所へ上がりたがるが、とりあえずK氏の自宅に近いコンビニで待ち合わせた。

地図を見ると八百津町の久田見に標高は686mと低いが一等三角点がある山を見つけた。久田見に入り、しばらく車一台がやっと通れるくらいの狭い道を進むと長者屋敷という集落に出た。周囲に人影は全くなくどうやら廃屋らしい。

昔は人が住んで賑わっていただろうが。ほんの十数分も上がって行って電波塔の前から左の山道に入る。頂上の一角に石碑が置かれていたが古いものらしく文字は読めない。
三角点の奥に先客が残した砥山の看板が木にかけられていた。少し戻った林道から白い中央アルプスがチラッと見えただけで全体としては見晴らしは良くなかった。

八百津といえば松茸の産地だ。帰りがけに後藤商店に寄り道して「先輩、お値打ちなマツタケがあります」「酒のツマミもあります。マグロなんかどうでしょうか」来たついでだ。思い切ってマツタケを購入、これを土産としました。

案内板
久田見集落入口の案内板

久田見
先客が残した砥山の看板

三角点
一等三角点

看板
山頂の石碑

中央アルプス
中央アルプス

砥山
長者屋敷から砥山

長者屋敷
長者屋敷、今は柿、柚子、果林の木に実が付いているだけだ
2013.11.17 Sun l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
楽だからとダラダラ歩きでは山歩きした気分になれないと思ったが、気の置けない友人とのんびり歩くのもわるくない。普段ろくな物は食っていないが、このところ体重が少し多くなった。

この際バッサリ落としてしまおうと、参加費200円を支払い距離およそ8キロ、小里川ダム湖をグルッと廻るコースに参加しました。パンフレットを見ると、募集人員は180名と大変な人数だ。

予想通り同年輩の人が圧倒的に多い。朝から雲が多かったが、天気予報では雨の心配もなさそうで準備して出発。北方5キロ先の「あじさい小屋」で昼食を摂って順ぐりに歩いて行こう。

「さとやま庵」を過ぎたら右手の遊歩道へ向かう。正面に「おりがわ湖」が見え、意外といい景色だ。地元のガイドから今まで知らなかった木や草の名前を教えてもらいながら歩いて行くのは楽しいものだ。

途中お茶のおもてなしを受け、戻ってきたら熱いトン汁と漬物を御馳走になった。山の中で食べる食事はおいしくつい食べ過ぎてしまう。おかわりまでしてしまった。

万歩計を見ると11282歩とかなり歩いた。体重は1kgばかり減っていたようだが、それもすぐ元に戻ってしまうだろう。

芝生広場 
出発・ゴール地点の芝生広場

自然薯の葉 
ハート形をした自然薯の葉

遊歩道
遊歩道

タカノツメ 
タカノツメ

シロモジ
シロモジ

おもてなし
お茶とお菓子のおもてなしを受ける

いくち 
いくち

マムシグサ
マムシグサ

ツタウルシ 
ツタウルシ

ガマズミ
ガマズミ

おりがわ湖 
おりがわ湖

ダンコウバイ
ダンコウバイ

ゲンノショウコ 
ゲンノショウコ

やまなし
ヤマナシ
2013.11.04 Mon l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top