大きな地図で見る
一度見たいと思っていた桶狭間へ行ってきました。途中鳴海温泉があるが、これは帰りの楽しみにとっておいた。

まず行きがけのついでに、名古屋市緑区の名前の由来になったという芭蕉句碑を見ておこうと成海神社の境内へ入って行くとずいぶん広い。茶室の庭に「初秋や海も青田の一みどり」の文字が残っていた。

桶狭間古戦場公園は周囲を住宅に囲まれた小さな公園になっている。今川義元と織田信長の像が並んで置かれていた。高徳院には義元本陣跡の碑があった。

今川義元と云えば誰でも知っている武将だが、今まで大河ドラマの主人公として登場したことがない。地元では桶狭間古戦場まつりが開かれ、ケッコウ人気があるようだが。

死地之地碑など等眺めながら公園をうろついて、史跡マップを見ると東側に「おけはざま山」というのがあって、行ってみると山というよりはちょっとした凸地で、今川義元も歩いたかもしれない頂上付近から住宅街を見下ろせた。ここにも本陣j跡の碑がある。

来たついでに長福寺から桶狭間神明社まで行ってみた。後は温泉へ向かうだけだ。



鳴海神社 
成海神社

芭蕉句碑 
茶室・遊心席亭の庭で芭蕉句碑を見つけた

今川義元本陣跡碑 
高徳寺境内の今川義元公本陣跡碑

今川義元死地之碑 
今川義元死地之地碑

義元と信長像 
公園内の織田信長と今川義元像

桶狭間古戦場公園
桶狭間古戦場公園

大池
長福寺前の大池

おけはざま山 
大池から住宅地になっていた「おけはざま山」 

IMG_3731.jpg
おけはざま山の住宅の前に本陣跡の碑があった
2013.07.31 Wed l 街道 l コメント (0) トラックバック (0) l top
郡上まで来たついでに、有名な郡上おどりにも歌われている東殿山がどんな所か見たいと思い寄り道しました。郡上市役所の受付でガイドマップをもらい、見るとすぐ裏の山だった。

愛宕公園からジグザグの道を上がって行くと、曲がり角に石仏が置かれている。傾斜もゆるくてありがたい。10分も行った先の平坦地に出ると「八幡町赤谷山城跡」の標柱と祠があったが全くの勘違いで、ここが登山口となっている。

始めから頂上まで行く気もなかったが、これでは運動としてはキツクなさすぎる。しばらく南に続いている山道を上がり、見晴らしの良い所を探して昼食にした。

食料はコンビニで買った定番のオニギリとお茶。質素なものだが、金もかからず気に入っている。普段から食べなれているものが一番良い。

お茶だけでは足らずにナマ水も飲んだが、その後身体の調子も良く、下痢もしなかった。登り始めた頃は気が付かなかったが、下山中、右手に郡上八幡城の天守閣が見えた。さすが日本一美しい山城だ。

愛宕公園登山口 
愛宕公園の登山口

石仏 
曲り角には石仏が安置されている

祠 
平坦地に出ると小さな祠があった。

赤坂山城標柱 
東氏ゆかりの赤谷山城跡標柱

遊歩道 
遊歩道を下山中のパートナーK氏

郡上八幡城 
郡上八幡城の天守閣がチラリと見えた
2013.07.23 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
梅雨が明けてからドット暑くなった。毎日30度以上の日が続いてうんざりしてしまうが、このところ身体が慣れてきた。クーラーにあったってばかりいられない。

屏風山の西に入った凹地の湿地があって、どんな花が咲いているか楽しみで入ってみた。大草登山口から山道へ入って行くと、傾斜がキツイので休み休み進み、尾根に出ると山頂20分、湿地20分と書かれた道標があった。

屏風山は794mと標高は低いが、この山には一等三角点がある。ここまで1時間、登りは汗まみれになった。水分を補給して、馬の背山の方へ下りて行って湿地に出るとかなり広い。ハッチョウトンボが飛んでいる。

カメラのシャッターを押しながら木道を渡り反対側まで行ってみた。帰りはほとんど下りだから気楽なもので、帰宅してから万歩計を見ると13208歩と3時間ばかり歩いた。体重は1kgばかり減っていた。

分岐
尾根を登りきると、山頂20分、湿地20分の道標があった。

屏風山
標高794mの屏風山山頂 先客がいた

三角点
一等三角点

モウセンゴケ
モウセンゴケを見つけた

木道
木道

ノカンゾウ
ノカンゾウ

ノカンゾウ1
ノカンゾウ

湿原
ノカンゾウの群生

ハチョウトンボ
ハッチョウトンボ
2013.07.20 Sat l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ワイドビューしなの1号でおよそ3時間。長野駅からバスで10分。何十年振りになるだろうかハッキリしないが長野の善光寺に出かけました。

松本駅まで来ると北アが近い。正面に見えるのは常念岳だ。そうなるとその右は大天井岳と燕岳だろう。槍、穂高は見えない。善光寺の大門をイメージした駅舎は建て替えられていて、どこにでもあるようなデザインに改築されている。

楽しみにしていたレストラン「五明館」のオムライス、エビフライだが、一昨年末に閉店し、今は善光寺郵便局になっていた。来るのが少し遅かったが、まあ仕方がない。

隣の「風月堂」で玉だれ杏を買い、ソバ処で腹ごしらえをして元気が出たところで、門前町の坂を上がって行くと、「中澤時計本店」「藤屋旅館」など等雰囲気ある建物が残っている。仁王門をくぐり境内に入って行って参拝をすませた。

かなり暑くなってきて温度計はないが35度くらいはあるだろうか?熱中症だけはまぬがれたようだが一汗かいてしまった。それにしてもこの暑さの中、老若男女で賑わっていた。 夏バテするには早すぎるが、年々夏が苦手になってくる。

今日はツアー旅行ではないから自分で探し、調べて歩いて、気に入った所ではのんびり出来るから良い。

藤屋旅館 
加賀前田家の御本陣だった藤屋旅館

中澤時計本店 
登録有形文化財・明治10年創業の中澤時計本店

旧五明館 
五明館 現在は善光寺郵便局

参道 
善光寺門前町

仁王門 
善光寺仁王門

参道1 
善光寺参道

おやき 
野沢菜おやきを食べる  うまい。

玉だれ杏 
「風月堂」銘菓 玉だれ杏

善光寺扁額 
善光寺扁額

善光寺 
善光寺本殿

はす 
大勧進で見かけた大賀ハス
2013.07.14 Sun l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 東海地方が梅雨明けしてから今日は特に暑い日だったから、どこか涼しい所へ出かけようという話になって、K氏の自宅で待ち合わせ、とりあえず高山方面へ向かった。

美濃と飛騨の境まで来たが、高山まではまだ100km以上もあって時間が大分かかる。関市上之保の袋坂峠がどんな所か気になっていて、途中から平成こぶし街道に入り坂を上って行くのだが、どうも分からない。

そろそろこの辺りだと見当をつけ、右の山道へ入って行くとそこが袋坂峠だった。見事にカンが当たった。昭和初期まであったという茶屋跡は探してみてもどこにあるか分からない。当時の遺構のようなものは全くなかった。

峠から下りて行った先に「行合」の集落があってアジサイの花が美しい。鳥屋市、小樽などという巡回バス亭がある。

付近をうろついてこの後、倉洞地区へ入って行くと、農作業をしている老女を見かけた。来たついでに方丈峠へ行く道を親切に教えてもらったが、地図を見てもわからなかった。

金山町袋坂峠 
下呂市金山町袋坂峠

袋坂 
袋坂

行合集落 
麓の行合集落

アジサイ 
行合集落で見かけた紫陽花

向日葵畑 
平成こぶし街道脇の向日葵畑

2013.07.11 Thu l 街道 l コメント (0) トラックバック (0) l top

大きな地図で見る
根尾川筋を遡り、馬坂峠を越えて旧徳山村に入り福井県境の高倉峠へ行ってきました。近頃はよっぽど辺鄙な所へ行かない限り周辺にコンビニがあって便利だが、今日は最後のコンビニを通り過ぎてしまった。

おかげで昼食抜きで参ったが仕方がない。それでもせめて自販機でもと探し、ペットボトルを買いホットした。馬坂トンネル入口に弘法の清水が流れ落ちている。冷たくて旨い。この際ペットボトルに汲んでおこう。

徳山ダムの湖畔を行って塚林道付近まで来ると「冠山」が大きく見え始めた。遠くからでも良く目立ち、山友達三人で登ったなつかしい山だ。高倉峠の標高は960mあってダダッ広い。

ここから福井県側の眺めは実に素晴らしく、快晴ならば若狭湾まで見渡せるらしい。風が涼しく気分のいい所だった。この先は通行止めとなっている。

しばらく景色を楽しんで帰り道、山菜取りに来たという夫婦に出会っただけで、他に人影は全くない。フキを見せてもらった。峠から下りてきてコンビニに入りヤレヤレ。

馬坂トンネル 
馬坂峠の馬坂トンネル 竣工は昭和8年とあった

冠山 
塚林道から冠山(1257m)

高倉峠 
高倉峠記念碑

峠頂上部 
ダダッ広い高倉峠の頂上部

福井県の山並み 
高倉峠から福井県側の山並み

通行止め 
福井県側は通行止め
2013.07.08 Mon l 街道 l コメント (0) トラックバック (0) l top

大きな地図で見る
山友達・K氏だが、最近山から足を洗ってしまったらしい。ブナオ峠に続いて今度は火打峠へ行きましょうと誘ってくれた。

JR高山線・飛騨金山駅に出ると雑貨店に入り、老夫婦に道を教えてもらった。高山線沿いの道を下呂方面へ向かえばいいらしい。

峠まで来ると2体の石仏が安置されており、文化文政の文字がかすかに残っていた。むかしは荷馬が鈴を鳴らしながら行き来した峠だったろうが、今では火打峠の石碑が建っているだけだ。

このところ運動不足で体重が少し重くなった。峠から続いている高天良林道に入り、1時間ばかり歩いて一汗かいた。

ヤマメの稚魚が養殖されている池の水の冷たいこと。帰りがけに県の棚田21選にも選ばれている長瀬家の棚田を見せてもらった。

飛騨金山駅 
JR高山線・飛騨金山駅

火打峠 
当時の県知事、上松陽介氏の筆による石碑

高天良林道 
高天良林道入り口

火打峠石仏 
火打峠の石仏

福来の棚田 
長瀬家先祖代々の棚田

棚田21選 
福来棚田の道標
2013.07.04 Thu l 街道 l コメント (0) トラックバック (0) l top