FC2ブログ
 8月上旬に西高森山へ出かけた。春日井市にある標高215mの山で、今はこのくらいが丁度いい。
どうせ行くなら築水池から宮滝大池に出て尾根を西高森山へ、帰りは築水池へ下るコースを計画してみよう。野草園を通って宮滝大池の方へ歩いていたら突然アオサギが飛び立って行った。池にカイツブリが来ていてエサは相当多いみたいだ。
尾根は傾斜も緩くてあんがい順調に上がって行く。そのうち標高の割にはキツイ上りが続いていたが、頂上の東屋が見えてきた。
ソーシャルディスタンスのことは考えなくてもいいし、名駅やナゴヤドーム、小牧山方面が広がっていた。眺めは素晴らしい。東屋の近くに三角点があった。
帰りは林道をトボトボ下って築水池に出る。湿地もあるようなので今度行ってみようか。

P8010224.jpg
築水池から弥勒山、右に大谷山

P8010168.jpg
野草園

DSCN5170.jpg
アオサギ

P8010183.jpg
宮滝大池

DSCN5432.jpg
カイツブリ

P8010189.jpg
登山口

P8010190.jpg
尾根を上がって行く

P8010196.jpg
頂上の東屋

P8010211.jpg
西高森山から名駅方面

P8010207.jpg
名駅ビル群

P8010210.jpg
ナゴヤドーム

P8010206.jpg
小牧山

P8010200.jpg
三角点
2020.09.12 Sat l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
竜吟の森へ入って行ったら上の方から「自然ふれあい館にオオルリが来とったよー」
元気なオジサン達で、枯れ木を伐採したり登山道を整備したりご苦労さんです。
自然ふれあい館の軒下にオオルリが巣をかけていたのでしばらく待ってみることにしたが、そうタイミング良く来てくれるわけがない。

今年に入ってたいしたこともやってなくて、膝痛なんかになるとは思ったもいなかった。
4月に入った頃からおかしくなってしまったようで、こんなことは生まれて初めて。
いつか足が動かなくなって山へ行けなくなる日が来るかもしれないが、まだまだ山から足を洗うつもりはないし、何とか元に戻ってくれないと困る。
急な階段はやりたくないので鳥屋尾根をテクテクやって頂上へ来た。
案外回復しているような気がしてこれならと思ったが、明日はどうなっているのか
なんて思いながら戻った。

_5270788.jpg
自然ふれあい館にオオルリの巣

_5270751.jpg
ミカワバイケイソウ

P5270782.jpg
コアジサイ

P5270781.jpg
タツナミソウ

P5270772.jpg
カザグルマ

_5270792.jpg
水晶山

_5270793.jpg
鳥屋尾根を上がる

_5270803.jpg
東屋が見えて来た

_5270805.jpg
水晶山

P5270806.jpg
釜戸の集落

DSCN3309.jpg
名古屋行の列車がやって来た

P5270807.jpg
恵那山

2020.06.01 Mon l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
洗車をしていたら、ご近所のウォーキング好きオジサンが「これから笠置山へ行かないか」ガイドブックに載っている山は一部の山の話で、探せば他にいくらでもある。
リハビリ中なので長い距離はムリだが、それより関市の城山を見たかったので
「どうですか?」「よしそこへ行こう」
上之保小学校の校歌にも歌われている462mの山。
中国が大好きな人で、夫婦そろって毎年出かけているらしい、今年は行けないよ。
ペットボトルをぶら下げているだけの軽装だが、小1時間もかければ着いてしまうだろうからまあいいだろうと出発。
斜面を上がって尾根を行くとちょっとした岩場もあって、御嶽山の展望台で小休止。
シジュウカラが鳴いていて、山は逃げないし追いかけなくていいし精神的には楽だ
なんて思いながら上がって行く。
ゆるい尾根が続いていたが、ピークに出てここから一旦下って行くのは面倒だ。
徐々に傾斜がきつくなってきた。
頂上標識の下に三角点があって、白山の眺めは素晴らしい所だった。
白山も良いが城山だっていい山だよ、来たルートを下った。

_5140524.jpg
城山

_5140526.jpg

松本地区登山口

_5140530.jpg
倒木をくぐり上がって行く

_5140531.jpg
峠の分岐に出る

_5140532.jpg
峠の石仏

_5140542.jpg
岩場が出てきた

_5140544.jpg
岩場を上がると

_5140555.jpg
御嶽山展望台

_5140549.jpg
御嶽山が霞んで見える

P5140551.jpg
東の山並み

_5140587.jpg
登山道を上がって行く

_5140565.jpg
頂上は近い

_5140567.jpg
三角点

_5140574.jpg
白山

_5140579.jpg
上之保集落
2020.05.21 Thu l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
どこか山へ行きたくなって探していたら見行山があるじゃないか。
八百津町、白川町、恵那市にまたがっている905mの山で八百津町の最高峰。
あまりキツイ山はやりたくないが「福地いろどりむら」から新しい登山道が整備されて
いるようで、標高差で言うと275mですんでしまう。これなら楽に行けるだろうと出発。

八百津からR402を福地の集落に入ってしばらく行くと見落としてしまいそうな小さな
案内板があって一安心。
第一展望台に出るとシロモジ、タムシバが沢山咲いていて、30分も上がって行って
見行山へやって来た。
360度の展望で左から白山、御嶽山、中央アルプスなど見渡す限り広がっている。
登山者は少なくて先客が1人いただけ。
ベンチに腰を下ろし景色を眺めながら昼食、ここでビールが飲めたらなあ。
帰りはほとんど下りだから時間も少なくてすんだし、戻って来たら13時半だった。
この山は登りたくなったら又来るかもしれない。

_4110266.jpg
「福地いろどりむら」の登山道入口

_4110270.jpg
傾斜はかなりキツイ

_4110277.jpg
第一展望台

P4110280.jpg
シロモジ、タムシバ

_4110283.jpg
尾根を上がる

_4110287.jpg
見行山

_4110285.jpg
三角点

_4110302.jpg
方位テーブル

_4110310.jpg
小学校の登頂記念が残っていた

P4110308.jpg
白山

_4110289.jpg
御嶽山

P4110305.jpg
中央アルプス

_4110294.jpg
笠置山の向こうに恵那山

_4110298.jpg
白川町蘇原集落

2020.04.26 Sun l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
明智の森へ行った帰りに「すわがね登山道マップ」の案内板を見ていたら、なんと
信長の砦があった所だった。
武田勝頼の東濃侵攻に備えて築かれたもので、明知城が落城して撤退している。
周回コースが造られていて登山の装備でもなかったが、1時間もみておけば着くだろうからこれは一応見ておかないと気がすまない。
役場で資料を頼んだら親切に探してくれた。
ありがとうございました、お礼を言って出発。
八幡神社を過ぎたら沢に沿って道が続いている。しばらく上がって行くと大舟からの
登山路が出てきて平坦な所に出た。
織田勢もこの道を歩いたのだろうなんて想像しながら上がってみると、頂上の三角点の
近くに諏訪大明神、諏訪明神が祀られていて、尾根の南端だけに見晴らしのいい所だった。
縄張り図を見ながら歩き回っていたら山頂一帯が砦跡で堡、堀切、切岸など良く残っている。小さな砦だったがけっこう面白い。帰りは大舟コースを下った。

_2193679.jpg
諏訪ヶ峰

_2193683.jpg
八幡神社

_2193720.jpg
沢を渡る

_2193689.jpg
長持石

_2193690.jpg
斜面を上がる

_2193695.jpg
初めて平坦な所に出る

_2193697.jpg
切岸

_2193707.jpg
頂上標識732m

_2193708.jpg
三角点

P2193717.jpg
山頂からの眺め

_2193705.jpg
諏訪明神

_2173631.jpg
諏訪大明神


_2193710.jpg
堀切

P2193724.jpg
縄張り図

_2193723.jpg
すわがね登山道マップ

2020.03.15 Sun l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
愛岐三山に初めて登ったのは大分前のことで何度も行っている。
人にあまり出会わないコースがいいだろうと初めて廿原から出発。
人気の山だが駐車場に車は1台もなくて、40分も上がって行くと弥勒菩薩が祀られている山頂が見えてきた。
あい変らず先客たちでにぎやかなこと。最初から大谷山、道樹山まで行くつもりは
なくて、内津峠方面へ下った所にたしか案内板があったと思うが、探してみても
見つからなくてそんなバカな。
少し手間どったが、弥勒休憩小屋の看板の手前に平坦な所があるので、多分この辺りだろうと谷筋を下りて行くとかなり荒れた道だったが踏跡が出てきてホットする。
廿原⇒の案内板がある所に出て、あとはドンドン下って沢の方へ下りると「金神」と
彫られた碑があってお神酒がお供えしてある。
沢を渡り林道に出て戻った。
他にだあれも出会わなくて静かな山歩きだった。

_2013488.jpg
廿原町の登山口

_1293450.jpg
薄暗い登山道を上がって行くと

_2013492.jpg
明るい尾根に出る

P1293466.jpg
シキミ

_1293470.jpg
弥勒菩薩の祠が見えてくると山頂

_1293472.jpg
弥勒山

P2013510.jpg
尾張富士と入鹿池の向こうに金華山

_2013512.jpg
内津峠方面へ下る

_2013515.jpg
この辺りから下りて行く

_2013517.jpg
谷筋を下る

P2013523.jpg
ヤブツバキ

_2013526.jpg
このコースは巨木が多い

_2013527.jpg
これで帰れる

_2013531.jpg
金神様

_2013536.jpg
廿原の集落

2020.02.10 Mon l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
百々ヶ峰に行ってみようと思ってからもう5、6年になる。狭い道を入って行って
松尾池に出たら、なんとカルガモ達と一緒にオシドリが1羽来ている。
ちょうど溜池の調査で水を抜いていた時だったので近くで見られた。
オシドリが来るのはこの辺りでは松尾池だけらしくて、ここが好きな場所なんだろう。
しばらく見ていたので出発が遅くなってしまった。

山道を上がって行くとちょっとした岩場があって、急な登りがそんなに長く続くわけがないとがんばって上がって行ったが、傾斜がキツイ所ではまいった。
百々ヶ峰は金華山より少し高い所にあって岐阜市の最高峰、頂上に出たら急に腹が減ってきて景色を眺めながらサンドイッチで腹ごしらえ。帰りに権現山へ行ってもいいが、見晴らしはなさそうなので林道を下ることにした。
白山展望地から右の山道を下ると松尾池に出られる。萩の滝を見ながらのんびり下った。

DSCN5646.jpg
オシドリ

DSCN5808.jpg
オスは艶やかでハデな感じ

DSCN5813.jpg


_1063070.jpg
松尾池

_1063073.jpg
野鳥観察小屋

_1063074.jpg
しばらく山道を上がって行くと

_1063078.jpg
岩場に出る

_1063086.jpg
長良川

_1063097.jpg
松尾池が小さく見える

_1063110.jpg
百々ヶ峰山頂

_1063111.jpg
先客たちがくつろいでいる

_1063109.jpg
三角点

_1063112.jpg
金華山

P1063108.jpg
乗鞍岳の左に笠ヶ岳、槍ヶ岳が遠くに見える

_1063132.jpg
萩の滝
2020.01.15 Wed l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Oさんは足首を痛めているらしいので1人ブラッと大井平公園から林道を
上がった。しばらく行くと大井平登山口があって山側へ入って行く。
二人ずれが駆け足で下りてきて「こんにちは」あっという間に見えなくなってしまった。
尾根が終わった辺りから傾斜がキツクなってくるが、山頂まで500mの案内板を
過ぎてそろそろじゃないかと先の方を見ると展望台が見えてきた。
新しい展望台が出来ていて御嶽山、恵那山は雲にかくされて残念だったけれど
まあ仕方がないだろう。
蛇峠山、大川入山が近くに見え、中央アルプスもチラッと見えるが風が冷たくて
寒すぎる。
こういう失敗を時々やってしまう、シマッタと思ったがもうだめだ。早々に下山、あとは温泉へ向かうだけで、帰りは馬野登山口へ下り林道をグルッと廻ってもと来た道を戻った。

_1012993.jpg
大井平登山口

_1013001.jpg
尾根を上がって行く

_1013002.jpg
斜面を上がる

_1013006.jpg


_1013008.jpg
この辺りから傾斜がきつくなる

_1013011.jpg
頂上は近い

_1013012.jpg
三角点

_1013015.jpg
山名案内板

_1013039.jpg
展望台

_1013022.jpg
稲武の町並み

_1013035.jpg
蛇峠山

_1013036.jpg
大川入山

_1013041.jpg
馬野コースを下る

_1013050.jpg
馬野の巨石

_1013061.jpg
稲武の町から夏焼城ヶ山

_1013063.jpg
展望台が見える

キャプチャnatuyaki
2020.01.11 Sat l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
近所にけっこうウォーキング好きのオジサンがいて「本城山へ行かないか」
と誘ってくれたのですぐOK。関市と美濃加茂市にまたがる423mの山で
軽い半日コース。
最初から道を間違え、どうもおかしいと引き返して大分時間を損した。
しばらく斜面を上がって行くと平坦な尾根が出て来てヤレヤレと思ったら
今度は何段かの曲輪跡があってかなり急だったが、石垣や井戸跡が残っていて
面白い所だ。
小1時間も登りをやって頂上に出たら見晴らしは良くて、森の中にハゲみたいに
ゴルフ場が見え中濃地方最大級の山城だった。
西の見張台まで行ってみたらヤブで白山がチラッと見えただけ、霞んで見えるのは
金華山だろう。
帰りに神滝不動に寄り道して、神滝も見たかったので奥の方へ入って行ったが、
落ち葉で道が消滅していた。
後は来た道を戻るだけで、近くに城山もあるのでいつか行こうということになって
下山。

_C252884.jpg
本城山

_C252897.jpg
この山には①から⑪まで道標があって分りやすい

_C252901.jpg
生木に仏様が彫られている

_C252906.jpg
登山道

_C252909.jpg
落ち葉で滑りやすい

_C252911.jpg
明るい曲輪に出る

_C252915.jpg
傾斜がキツイ

_C212858.jpg
石垣跡

_C212864.jpg
井戸跡

_C212867.jpg
石垣跡

_C252920.jpg
曲輪跡

_C252928.jpg
本城山頂上

_C252930.jpg
頂上標識

_C212875.jpg
頂上からゴルフ場

PC252937.jpg
関市の町並み

PC252951.jpg
白山

PC252939.jpg
金華山

_C252970.jpg
神滝不動
2019.12.29 Sun l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
三国山といえば登山口の近くに温泉もあるし頂上までは距離2.7キロ、傾斜も
ゆるくてちょうどいいコースだ。林道を上がって行くと野鳥の鳴き声が聞こえてきて
シジュウカラ、エナガなど来ている。
展望台に上がってしばらく景色を楽しんでいたら下から自転車乗りの二人ずれが
上がって来た。
三角点が歌碑の土台石に埋まっているのは知っていたが、考えてみれば三角点は正確で大事なものだからどうなっているのかサッパリ分からない、もうムチャクチャだ。
キャンプ場の広場に下田歌子の歌碑があって隣りが日の出ポイント、三国山から
初日の出を見ようと思ってからもう10年以上になる。
豚汁のサービスや餅投げもあるので来年こそはなんて思いながら戻ったが、
出発は5時45分なのでどうするか、多分行かないと思うよ。
温泉にドップリ浸かって帰った。


PC132700.jpg
三国山

_C132709.jpg
展望台

_C132710.jpg
三角点

_C132715.jpg
鉄塔群

PC132720.jpg
名駅方面

PC132721.jpg
屏風山方面

PC132724.jpg
御嶽山

_C132705.jpg
下田歌子歌碑

_C132707.jpg
日の出ポイント

DSCN3757.jpg
エナガ

DSCN3785.jpg
シジュウカラ

DSCN4480.jpg
ジョウビタキ
2019.12.22 Sun l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top