そろそろ今年の目標を立て訓練しようというわけで、とりあえずまた屏風山だ。
深田久弥の百名山を目標にしている人が多いが、自分がかってに選んだ百山でも
いいじゃないかと。
たまには大草からのルートを選んで出発。笹平からの登山路が出てきて展望所が
あるので寄り道するとタムシバは良く目立つ花でいっぱい咲いている。
頂上で山開きのお祭りがあったようで4月7日だった。

胸突八丁は急だが、下りだからそれ程でもなくて寿老の滝で昼食を摂って小休止。
足元を見るとこれはカヤランじゃないか、ツボミを付けていて大きさは2mmくらいで小さい。カヤランもここが好きなようで、Oさん「滝の飛沫がきているからだろう」
そうですか。
屏風岩林道を上がって湿地に出たらハルリンドウが咲いていただけで、まだまだ
殺風景。万歩計を見ると2万3千歩、かなりバテた。


_4091081.jpg
今日は大草ルート

_4091082.jpg
鉄塔を過ぎて上がって行く

P4091089.jpg
展望所から瑞浪市街

P4091088.jpg
タムシバ

_4091095.jpg
今年は4月7日が山開き

_4091100.jpg
胸突八丁を下る

_4091114.jpg
寿老の滝

P4091128.jpg
カヤラン

P4091113.jpg
スミレの種類は難しい

_4091122.jpg
黒の田東湿地

_4091121.jpg
ハルリンドウ
2018.04.19 Thu l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
長山城へ行くにはリフレ芥見からのルートが近いようだが、芥見権現山から
西の尾根上にあるのでせっかく来たのだから権現山も見ておこう。
この城は土岐一族長山氏の居城だったが、船田合戦で敗れ廃城となった所だ。

伊吹の滝から上がって行くと能郷白山が見えてきてまず各務原権現山に来た。360度の展望で、乗鞍岳の左に槍ヶ岳、笠ヶ岳の頭がチラッと見える。ギフチョウだろうかヒラヒラ飛んでいた。
急な坂を下ると各務原権現山と芥見権現山の間に東海自然歩道が通っていて正面に登山口があった。この辺りコシアブラが多い所で、この新芽を沢山採ってきて
テンプラにするとウマイ。
もう一度上がるのはめんどうだが、しばらく登りをやって三叉路から右の芥見権現山へ向かう。思ったより狭い所で三角点を確認したら西の尾根を下り長山城址へ。

本丸跡に芳野神社が祀られていて、資料を見ると南北35m、東西23m、斜面を下りた曲輪に井戸が残っていた。覗いてみたら今でも水が湧き出ている。
来た道をバックして帰りは巻道を上がる。あとは下りだから楽なはずだったが思ったより時間がかかってしまった。


_3300873.jpg
伊吹の滝登山口

P3300895.jpg
能郷白山が見え始めた

_3300906.jpg
各務原権現山

_3300983.jpg


P3300937.jpg
乗鞍岳,御嶽山

_3300922.jpg
一旦下ると東海自然歩道

P3300980.jpg
芥見権現山から長山城址へ

_3300971.jpg
芥見権現山へ

P3300934.jpg
低山とは思えない岩場がある

P3300940.jpg
金華山と長良川

P3300939.jpg
芥見権現山の三角点

_3300948.jpg
長山城址

_3300957.jpg
本丸から下りた曲輪に井戸があった
 
権現山2
2018.04.11 Wed l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大手道を上がって行くと尾根上に幾つも曲輪が築かれていて、それを過ぎたら
小谷城本丸跡に出る。
番所跡まで車が入るので本丸跡までは簡単に来れるようで2,3人のグループと
出会ったが、観光客はここまでで山王丸跡から一旦清水谷へ下りて行く。

小谷山への道は傾斜がキツクて一汗かいてしまった。頂上はすぐ先でガンバッテ
上がって行くはずだったが、手前に展望所があるのでここで小休止して水分を補給。
正面に伊吹山が見え、谷筋にはまだ残雪があって見晴らしのいい所だ。

頂上に出たらスペースは相当広い、三角点の側で先客がくつろいでいた。
「こんにちは、次は安土城が見たいですね」「それならついでに観音寺城も行くといいですよ、岐阜城はきつかった」河毛駅からレンタサイクルでやってきた城好きオジサンだ。
「ごくろうさんでした」と言って別れ、帰りは織田信長が攻め上がったという清水谷
を下る。谷が終わって少し広くなった所に出たら浅井長政、お市の方と子供たちが
暮らしていたお屋敷跡や重臣たちの屋敷跡がある。
小谷城歴史資料館が見えてきて、下りは1時間ですんでしまった。


_3140597.jpg
河毛駅前に浅井長政とお市の方の銅像、奥に小谷山が見える

_3140607.jpg
竹生島が見え始めた

_3140621.jpg_3140628.jpg
信長が砦を築いた虎御前山           御馬屋敷跡

_3140647.jpg
本丸へ上がって行く

_3140644.jpg
城址碑

_3140652_1.jpg
本丸跡

_3140650.jpg
本丸の下には大広間

_3140681.jpg
展望所から伊吹山

_3140682.jpg
山王丸跡から清水谷へ

_3140691.jpg
大嶽城址

_3140689.jpg_3140693.jpg
三角点                         大嶽復元図

_3140700.jpg
浅井長政、お市の方が暮していた御屋敷跡

_3140701.jpg
復元図
2018.03.25 Sun l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
近場でも楽しめる所がいくらでもある。猿投神社から東の宮入口に出て、頂上
まではゆっくり歩いても2時間半もみておけば着いてしまう。
来た道をそのまま戻るのはもったいない気がするので帰りは赤猿峠に出て戻るつもり。トレーニングで歩いている人もいて登山者は相当多い、さすがに人気の山だ。

これで天気が良かったらオーッと言いたいところだが「次はどこにしようか」
「人が行かない山にしよう」赤猿峠に出て南の山道を下りて行くとシキミの木が
沢山生えていて周りはうっそうとした薄暗い感じになってくる。

ドンドン下って行くと広沢川に沿って猿投七滝というのが出てきてその先に武田道
登山口があった。このルートを歩くような人はほとんどいなくてトレランの若者たちと出会っただけ。
あとは猿投神社まで歩いて行くだけだが、これがケッコウ長く感じて戻って来たら
コースタイムの2割増しだ。猿投神社に参拝して帰った。
先輩達が山から足を洗って1人ポツンと残されてしまったが、屏風山で出会った
Oさんはペースもそれ程速くもないし、遅くもないしちょうど良い仲間だ。

_3020506.jpg
御門杉を見て上がって行く

_3020509.jpg
展望所で一休み

_3020514.jpg
東の宮へ

_3020516.jpg
東の宮入口

_3020517.jpg
東の宮が見えてくる

_3020523.jpg
猿投山

_3020525.jpg
赤猿峠から猿投神社へ下って行く

_3020532.jpg
広沢川

_3020533.jpg
血洗いの滝

_3020535.jpg
二ツ釜滝

_3020538.jpg
猿投七滝遊歩道の入口に出る

_3020539.jpg_3020540.jpg
武田道登山口 広沢神社

猿投山
2018.03.15 Thu l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
局ヶ岳は写真を見ていると行ってみたいなあと思っていた山で、ちょうどツアーを見つけたのでこれを利用して出かけた。
料金もそれほどバカ高くもないし、人の後をついていくだけだから気楽なものだ。
日程表を見ると距離5.5キロ、時間4時間、標高差700mの軽い一日コース。

東名阪・伊勢道で松阪市に入り局ヶ岳神社へ。旧登山口から上がって行くと思っていたより
傾斜がキツイ所で、ようやく小峠に来た。風が強くて寒かったが、ここで小休止して緩くなった尾根を上がって行く。それにしても急な登りだった。

三峰山方面も伊勢湾もガスッていてガッカリだったがやっと局ヶ岳に行けた。三角点を確認して
帰りは新道を下る。こちらも初めは急斜面だが、下りならそれ程でもなくて旧小峠から
新登山口に出る。後は香肌峡温泉「いいたかの湯」に向かいドップリ浸かった。
登山口まで3時間とかなり遠かったが十分山を楽しんだ。

_2240453.jpg
車窓から局ヶ岳が見え始めた

_2240459.jpg
道の駅飯高駅から局ヶ岳

_2240464.jpg
旧登山道へ入って行く

_2240467.jpg
傾斜はかなりキツイ

_2240478.jpg
ちょっとした難所もある

_2240479.jpg
小峠へやって来た

_2240482.jpg
小峠を過ぎて頂上へ

_2240487.jpg
局ヶ岳 標高は低いが伊勢の槍ヶ岳

_2240486.jpg
三等三角点

_2240491.jpg
天気は良かったハズだったが

_2240496.jpg
旧小峠へ下る

_2240497.jpg
旧小峠

_2240500.jpg
新登山口
2018.03.04 Sun l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
猿啄城は一度来たことがあって、どうせ行くなら迫間城も見ておこう。展望台に
上がると見晴らしの良い所で、高い所から見下ろすのは気分のいいものだ。

西に続いている尾根を進むと快適な尾根で、ヒカゲシャクナゲが蕾を付けていた。
本当は花が咲いている頃に行きたかったが。
明王山で昼食を摂って食後にコーヒーをいれる。カロリーは300kcal、ビタミン、
カルシュウムも含んで熱湯3分間待つだけで食べれる。山の食料としては便利。

しばらく休んでいたら1人上がって来た。63歳から夫婦で百名山、二百名山に登り、今はノンビリ低山を楽しんでいる人で、我々の半分くらいの時間でやって来たらしい。
昭和10年の生まれというから登山者としてはかなり高年齢、たいした人だと感心
する。「もう行く山はないでしょう」「何回行ってもいいもんだよ」
その足がうらやましいなあなんて言いながら分かれた。迫間城を見て帰りは北尾根を下った。

_2140379.jpg
猿啄城登山口

_2140385.jpg
北尾根が見えてきた

_2140394.jpg
曲輪跡らしい広場

_2140397.jpg
猿啄城展望台

_2140400.jpg
猿啄城址碑

P2140402.jpg
木曽川と国道21号

P2140408.jpg
JR高山本線、列車がやって来た

_2140415.jpg
振り返ると猿啄城展望台

P2140416.jpg
ヒカゲシャクナゲが沢山生えている

_2140422.jpg
明王山

_2140436.jpg
迫間城へ

_2140439.jpg
迫間城址

_2140440.jpg
迫間城址からの眺め
2018.02.28 Wed l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
あけましておめでとうございます

屏風山で訓練しようということになってすぐOK。登山口までは30分くらいの便利な山で、
誘われればどこでも行く。
あい変らず月山から湿地に出て寿老の滝がある林道を下って行く予定だったが、少し楽しようと尾根コースを上がって行くことにした。湿地に入るとシーンとして今頃人がいるはずもないが、「登山の思い記」を見ると最近ここへ来た登山者がいたようだ。

動物の足跡がついていて、この辺りをナワバリにしているハクビシンかアライグマだろう
と教えてくれた。Oさんは柿を食べられて困ると今まで15匹を捕獲した人で、方法は簡単で
ネズミ捕り器の大きな罠に餌を入れておくだけ。中には頭のいいヤツがいて逃げられてしまったこともあるらしい。
1時間半も登りをやると頂上、恵那山は山の上半分に雲がかかっていてハッキリしない。
その右は大川入山だろう「あんがい近くに見える感じだなあ」「そんなに遠い山じゃあないよ」
帰りがけに笹神山の大栂にも寄ってみたが、風が冷たくて早々に下山。
そろそろ今年の目標をたてよう、ボヤボヤしていられない。

_C280461.jpg
最初は月山へ

_C280477.jpg
今の黒の田湿地

PC280506.jpg
黒の田湿地

_C280466.jpg
登山道に足跡がついている

_C280483.jpg
この辺りの最高峰 田代山

_C280486.jpg
尾根を上がって行く

_C280491.jpg
霧氷が見られた

_C280498.jpg
屏風山の一等三角点

_C280501.jpg
恵那山

_C280497.jpg
大川入山

PC280493.jpg
瑞浪市街

_C280515.jpg
笹神山の大栂
2018.01.04 Thu l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
富士山に新雪がきているから見に行こうと誘ってくれたので「よし行こう」初めから頂上まで行くつもりもなくて南アルプスの展望台まで行く予定。

紅葉が真っ盛りで素晴らしい。しばらく本谷川に沿って上がって行くと、ぎゃあぎゃあという鳴き声が聞こえてきて山側から下りてきた20匹くらいのサルの群れに出くわした。
さすがに身の軽い連中で、川を渡って対岸の木にぶら下がっているのや、河原で
ノンビリ日向ぼっこをしている親子連れもいる。この辺りはサルだらけかもしれない。もう少し見ていたかったがまあ元気でやってくれ。

紅葉を眺めながら上がって行く。恵那山まで1.6キロ地点を過ぎると南アルプスが
見える所に出て、3000m級の山がズラリと並んでいる。とんがっているのは北岳に間違いない、その左は仙丈ヶ岳、甲斐駒だろう。富士山は見えなかったが、これだけ見えれば十分だ。
頂上まで行ってもたいした景色はないだろうからここで昼食を摂って食後にコーヒー、しばらく眺めていたが20分もおれば満足する。

下って行くと、行く時には分からなかったが御嶽山が煙を噴いているのがチラッと
見えた。あれから行ってないがどうなっているのか気になる。いつか行ってみよう。


PA270513.jpg
本谷川

PA270515.jpg
紅葉を眺めながら上がって行く

PA270585.jpg


PA270524.jpg
サルの群れに出くわした

PA270578.jpg
トンネルをくぐると

PA270531.jpg
恵那山登山口

PA270536.jpg
急な斜面が続いている

PA270546.jpg
カラマツの紅葉も始まっていた

PA270573.jpg
紅葉眺めながら上がる

PA270559.jpg
恵那山まで1.6キロの指導標を過ぎると

PA270565.jpg
南アルプスの展望地

PA270558.jpg
北岳の左に仙丈ヶ岳と甲斐駒

PA270568.jpg
下山中、御嶽山が見えた 

PA270582.jpg
峰越林道を下る
2017.11.06 Mon l 登山 l コメント (0) トラックバック (0) l top
翌朝、暗いうちから起きて御前峰へ向かう。
たいしてキツイ登りでもないが空腹と睡眠不足だろうか、調子が出ないがとにかく
頂上へ来た。雲海からの御来光を眺めバンザーイ。

温度計はマイナス2度だが寒さもそれ程感じなかった。帰りの時間を考えるとノンビリしていられない。黒ボコ岩から観光新道に入ると、このコースは尾根歩きなので眺めは素晴らしい。
下って行くうちになぜか登山者はどこにもいなかった。天気は良かったハズだが
雲が多くて、太陽よどうか出てくれと思いながら小尾根を越えて下って行くと
殿ヶ池避難小屋が見えてくる。オヤマリンドウがそこらじゅうに咲いていた。

ゆるい尾根が続いていたが、別当坂分岐から下りて行くと徐々に傾斜がキツクなって慎重に下る。下山後、町の駅という所で昼食をとってそれでも戻ったのは18時だった。

PA050194.jpg
御来光になんとか間にあった

PA050197.jpg
白山最高峰・御前峰

PA050204.jpg
剣ヶ峰・大汝峰

PA050211.jpg
室堂ビジターセンターで朝食を済ませ下山

PA050218.jpg
黒ボコ岩の分岐から観光新道へ

PA050221.jpg
別山が美しい

PA050236.jpg
観光新道を下る

PA050241.jpg
小尾根を越えて下る

PA050246.jpg
殿ヶ池避難小屋

PA050249.jpg
別当出合4キロ

PA050268.jpg
オヤマリンドウ

PA050269.jpg
ちょっとした尾根で一休み

PA050280.jpg
ナナカマドがキレイ

PA050283.jpg
仙人窟をくぐると後3キロ

PA050285.jpg
のんびり下って行くと

PA050292.jpg
手取川だろうか別当出合へドンドン下る
2017.10.16 Mon l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
紅葉を見に行こうと誘ってくれたが、登山口まではかなり遠い。今回の予定は砂防新道を行って白山室堂に泊り御前峰へ、そして観光新道を下る。

小屋じまいは15日なのでボヤボヤしていられない。甚之助避難小屋で一休み、ここから別山が見えるハズだったが、雲に隠されてハッキリしなかった。

しばらく上がって行くと、良く見ないと通り過ぎてしまうくらい小さな池があって、覗くと
クロサンショウウオがわんさといた。2,3センチくらいの大きさでまだ子供だ。

別当覗は転落した登山者が出たそうで立入り禁止、覗くのは止めておく。この辺りから紅葉が真っ盛りで美しい。延命水をペットボトルに汲んで十二曲りを上がっていくと黒ボコ岩の分岐に出る。
その先はだだっ広い原が広がっていて、ナナカマドの紅葉は終わって赤い実だけが残っていた。夕食後、夕陽を眺め山の中ではゼイタクなど言っていられないが、風呂でもあれば最高
なのだが。持ってきたウィスキーをチビチビなめて就寝。

PA040001.jpg
今年は白山開山1300年

PA040022.jpg
別当覗 

PA040048.jpg
順調に上がって行く

PA040058.jpg
甚之助避難小屋から別山方面

PA040063.jpgPA040073.jpg
甚之助避難小屋でひと休み

PA040065.jpg
甚之助避難小屋から上がって行く

PA040046.jpg
クロサンショウウオの池

PA040082.jpg
クロサンショウウオがうようよいた

PA040096.jpg
別当崩れの紅葉

PA040097.jpg
別山を眺めながら上がって行くと

PA040102.jpg
紅葉が素晴らしい

PA040109.jpgPA040101.jpg
延命水 マツムシソウがまだ咲いていた

PA040115.jpg
黒ボコ岩が見えてきた

PA040120.jpg
黒ボコ岩分岐

PA040124.jpg
弥陀ヶ原

PA040129.jpg
ナナカマドの紅葉は終わっていた

PA040135.jpg
弥陀ヶ原を抜けて五葉坂を上がる

PA040140.jpg
御前峰が見え始めた

PA040163.jpg
室堂ビジターセンターに到着

PA040170.jpg
室堂ビジターセンターからの夕陽

PA040179.jpg
東の空には名月
2日目
2017.10.14 Sat l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top