Tさんから「雪山を見に行きましょう」と誘ってくれた。久しぶりに南アルプスを見たいと思い、もう1人のTさんを誘ってこの際、清内路峠を越えて、昼神温泉の朝市に寄り道しながらのんびりと「遠山郷」に入って行こうということになった。

腹が減っては動けなくなるから、中津川市に入るとすぐコンビニでお茶とオニギリを購入。24時間営業しているコンビニは便利でありがたい。

荒川前岳、大沢岳、聖岳と3000m級の高山が見え、やっぱり雪山は景色を引き締めるからいい。赤石岳は手前の大沢岳に隠れてハッキリしない。雲が少し多かったがこれだけ見えれば大満足だ、

せっかく来たんだから「下栗の里」も見ておこう。50世帯ぐらいだろうか?あの有名な集落を見物。この辺り標高は800m~1000mと夏でも涼しく、何ともうらやましい。

今年の夏はどうなることやら!今から想像するだけでゾッとするがどうしようもない。
日本のチロルなどど呼ばれているらしいから、わざわざヨーロッパまで行かなくてもここで十分だ。

今日はもう時間もあまりないだろうから、下栗の里の天然水をペットボトルに汲んでこれを土産として、「かぐらの湯」にも入らず帰宅しました。

しらびそ峠
しらびそ峠に出ると突然南アルプスが現れる

南アルプス 
ハイランドしらびそから南アルプス

聖岳 
聖岳

大沢岳、中盛円山 
大沢岳と中盛丸山

光岳 
光岳

下栗の里から南アルプス
下栗の里から南アルプス

下栗の里 
下栗の里
2014.04.28 Mon l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今年も残り少なくなってボヤボヤしていられないぞという気分だが、とりあえず行先は郡上温泉。

食事、カラオケ、温泉に入って一条洋子一座の大衆演劇も見られるというから、これは面白そうでいいチャンスだからと、町内の一日旅行に参加しました。

この時期、途中の景色もいい。真っ盛りの季節で紅葉が美しい。「ドライブイン大滝苑」に隣接したホテルがあって、どんな湯か時間があったらドップリ浸かりたい。

熱燗で乾杯!サシミ、天ぷらの定番料理に郡上名物のケイチャン、ソバ、煮物などなど、そして各種の漬物。これにはダイコン、野沢菜など、これに好物の鮎の塩焼きが付く。
最後に主食のゴハンと味噌汁。飲み放題にまかせてスッカリいい気分になっていよいよ初めての大衆演劇を見物しました。

50畳ぐらいの広さだろうか?想像していたより狭く感じたが、テレビや映画と違って役者さんと直接触れ合えるのが人気の秘密かもしれない。

おひねりを渡す熟女までとびだして、笑いもありのおよそ2時間、ケッコウ楽しみました。


一条洋子一座 


IMG_4981.jpg 


IMG_4986.jpg 


IMG_4989.jpg 


IMG_4991.jpg 


IMG_4992.jpg 


IMG_4993.jpg 


IMG_4995.jpg 


IMG_4998.jpg 
2013.11.29 Fri l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ヤナ場へ行くのは10年振りになるだろうか?鮎の味も思い出せないくらいだが、10月中旬に中津川市の友人から鮎料理を御馳走になった。

場所は木曽川の支流・付知川沿いのヤナ場で、福岡町に入り幟を目標に入って行くのだが、入口が分かりにくく一度道を間違え予約した時間に間に合わなかったが、たいした遅れでもない。

献立は「みそ田楽」、「塩焼き」、「フライ」最後に「鮎雑炊」と定番の鮎コースはどれも大きなサイズで、塩加減も丁度よく旨い。天然の鮎らしく第一級の味だ。

飲み物はノンアルコールのビールという便利なものがあってありがたい。かなり待たされ川を眺めていたら、若い家族連れが落ち鮎が跳ねるのを捕まえているのが楽しそうだった。

パンフレットを見ると8月から10月末日までの数ヶ月で維持費やら、人件費やらをまかなおうとするのだから経営は大変なことも分かるが・・・などとボヤクが美味しいからまあいいか。

来年は借金をしてでも彼を招待しよう。大満足でごちそうさまでした。やっぱり鮎料理はいいものだ。

やな場 
キャンプ場へ入ってしまい少し手間取ったが

ローマンやな 
広々としたヤナ場はよかった。とりあえずビールで乾杯

やな 
山の中で食事をするとつい余計に食べてしまう

みそ田楽 
まず味噌田楽

塩焼き 
鮎といえば塩焼きだろう

フライ 
食べ終わった頃にフライ

鮎雑炊 
最後に鮎雑炊
2013.10.18 Fri l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
予約して泊まれ食事ができて風呂に入れ、高い値段でなければどこでもよかったが、恵那山が近くに見える山の温泉へ山友達と出かけました。
 
チェックインすると他にすることもないから、早速ひとっ風呂浴びようとだあれもいない湯にアゴまでドップリ浸かり長湯してしまった。湯は少し温めだがまあ適温だろう。

ほんとうは源泉掛け流しでもなく、沸かし湯なのだがヌルヌルして湯冷めもしないいい湯だ。効能書を見ると神経痛、関節痛、そして持病の腰痛にも効くらしいから丁度よかった。

まずビールで乾杯、すっかりいい気分になる程飲んだが、それでも足らずに日本酒を注文。夕食のごちそうはどれも手が込んでいてうまい。周りの客も静かに食事を楽しんでいるように見えた。

夜 庭に出ると月明りで、月がキレイに見える。せっかくなのでコンデジではどうかと思ったがシャッターを押してみた。三脚もなくグラグラしたが、これだけ写れば上出来だろう。

一眼レフだが、金華山でものすごい一眼を構えてハヤブサを狙っていた連中に出会ったことがある。まだそれほどやってみたいとは思はないが、自分もそのうちやってみよう。

フロント  フロントで予約の確認

ロビー  チェックインにはまだ時間がある

風呂風呂場
浴場

山  部屋から湯舟沢川と恵那山

長月会席
長月会席

月  中秋の名月は「満月」だったが ・・・

イルミネーション  庭のイルミネーション
2013.09.26 Thu l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ワイドビューしなの1号でおよそ3時間。長野駅からバスで10分。何十年振りになるだろうかハッキリしないが長野の善光寺に出かけました。

松本駅まで来ると北アが近い。正面に見えるのは常念岳だ。そうなるとその右は大天井岳と燕岳だろう。槍、穂高は見えない。善光寺の大門をイメージした駅舎は建て替えられていて、どこにでもあるようなデザインに改築されている。

楽しみにしていたレストラン「五明館」のオムライス、エビフライだが、一昨年末に閉店し、今は善光寺郵便局になっていた。来るのが少し遅かったが、まあ仕方がない。

隣の「風月堂」で玉だれ杏を買い、ソバ処で腹ごしらえをして元気が出たところで、門前町の坂を上がって行くと、「中澤時計本店」「藤屋旅館」など等雰囲気ある建物が残っている。仁王門をくぐり境内に入って行って参拝をすませた。

かなり暑くなってきて温度計はないが35度くらいはあるだろうか?熱中症だけはまぬがれたようだが一汗かいてしまった。それにしてもこの暑さの中、老若男女で賑わっていた。 夏バテするには早すぎるが、年々夏が苦手になってくる。

今日はツアー旅行ではないから自分で探し、調べて歩いて、気に入った所ではのんびり出来るから良い。

藤屋旅館 
加賀前田家の御本陣だった藤屋旅館

中澤時計本店 
登録有形文化財・明治10年創業の中澤時計本店

旧五明館 
五明館 現在は善光寺郵便局

参道 
善光寺門前町

仁王門 
善光寺仁王門

参道1 
善光寺参道

おやき 
野沢菜おやきを食べる  うまい。

玉だれ杏 
「風月堂」銘菓 玉だれ杏

善光寺扁額 
善光寺扁額

善光寺 
善光寺本殿

はす 
大勧進で見かけた大賀ハス
2013.07.14 Sun l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
まだ行ったことがない所を見たいと思い、~桃源台から箱根町へ東岸を歩く~コースに参加しました。
ツアーハイキングは人の後をワイワイ言いながついて行くだけだから気楽なもので、距離8km、およそ二時間半の軽い半日コースだ。定番の観光地を廻り、遊覧船にも乗ったりしてけっこう楽しんだ。

箱根園と箱根神社の間にある「山のホテル」は昭和23年にオープンしたクラシカルな建物で、庭園から芦ノ湖一帯の眺めは素晴らしかったが、朝から雲が多く富士山はハッキリしない。

箱根神社まで来ると、富士山の世界文化遺産登録のせいだろうか、外国人の姿がめだつ。参拝をすませ、旧東海道の杉並木入口から終点に出て恩賜箱根公園に入って行くと唱歌「箱根八里」の歌碑を見かけた。

伊豆、箱根と云えば大河ドラマ「平清盛」にも登場した源頼朝ゆかりの地でもあり、頼朝役に抜てきされたのは岡田将生だった。雰囲気のある俳優でよかった。

今日はもうバスの出発まで時間もあまりないだろうから、ソバも食わず温泉にも入らず帰った。

IMG_3448.jpg 
新東名走行中の車内から富士山

ツアー参加者 
ツアーハイキング

山のホテルから芦ノ湖 
山のホテル庭園から芦ノ湖方面

箱根神社 
箱根神社境内

杉並木 
旧東海道杉並木

箱根八里歌碑 
箱根八里の歌碑 作曲滝廉太郎 作詞鳥居忱

山のホテル 
遊覧船から山のホテル

遊覧船 
遊覧船
2013.06.29 Sat l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top