グズグズした天気だったが土岐川を歩いていたらカルガモがノンビリ泳いでいた。1時間
くらい遡ってみよう。
堤防道路の近くでスズメバチが巣から頭を出していて、知らずにいたら刺されることもあるから注意しながら行く。こちらから手を出さなけば心配ないだろう、刺されたことはないが近くで見るとでかいヤツだった。

もう少し先まで行っても野鳥もいなかったし、この辺りまでかなと来た道を戻る。
帰りがけにシジュウカラが4,5羽きていた。近くまで行ったら逃げられてしまうだろうなぁと
そっと近づいて行く。
覗いてみたら1羽が何かくわえている、アオムシらしい。ジッとしていてくれないから困るが、
こんなチャンスはもうないだろうとあわてないで待つことにした。
ブレたのも多かったがケッコウ面白い。また出かけよう。

004.jpg
カルガモ

011.jpg
ダイサギ

三角点
アオサギ

DSCN6376.jpg
カワウ

DSCN6331.jpg
シジュウカラ

DSCN6382.jpg
スズメバチ
2017.10.22 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ツルリンドウが広報に載っていたのでよし見つけに行こう。陶史の森にミズギクがそこらじゅうに咲いている。
ツルリンドウを探して、どこに咲いているのか見当も付かないから適当に上がって
行くと小さな湿地があってサワヒヨドリ、ホザキノミミカキグサやウメバチソウも咲いていた。
もし咲いているとすれば人があまり来ない所じゃないかと思ったが、いくら探しても
見つからなくて歩き廻った。そしてついにツルリンドウを見つける。たった一輪咲いていてツボミもつけていた。

他にまだ咲いているんじゃないかと探してみたが見つからなかった。あまり陽が当たらないような所が好きなようで、長いツルが伸びていて普通のリンドウよりうんと小さくて花も地味な感じ。秋には赤い実を付けるらしい。
時間はまだ早いので案内板にあった東屋に出たら展望台方面が遠くに見えた。

PA100365.jpg
ミズギク

PA090323.jpg
サワヒヨドリ

PA090325.jpg
ホザキノミミカキグサ

PA100340.jpg
ウメバチソウ

PA090327.jpg
ツルリンドウ

PA090329.jpg
ツボミもつけている

PA100376.jpg
東屋から展望台方面
2017.10.20 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
地図を見て今回は恵那市串原にある大平城へ行った。串原といえば「ささゆりの湯」もあるのでちょうど良い。
この城は地元では城山と呼ばれていて標高は530m、武田勝頼の東濃侵攻により落城したとされている。探してみても登城口が分からなかったが、多分この辺りだろうと見当をつけて山道を上がって行く。

尾根が出てきてこれを上がって行くと3つ4つばかり小曲輪があって、石垣も
残っていた。足元を見るとこんな山の中にサワガニがおった。

30分も適当に上がって行くと頂上だが、城跡だけに傾斜はかなりキツイ。むかしは見晴らしが良かったのだろうが、木が育っていて見通しはきかなかった。

西側に細長い曲輪や北側の堀切の先にも曲輪があってこれが「雪隠屋敷」
「人きり場」「勝負沢」らしい所もあったが分からなかった。
縄張図を見ると現地でどのくらい変わっているのか分かる。もう少し行くことも出来るが、これでどうやら終わりだなぁという感じだ。山から下りて来たら後は温泉に向かうだけ。

P9302154.jpg
北側から大平城址

P9302112.jpg
石垣沿いに上がって行く

P9302118.jpg
小曲輪に出ると

P9302114.jpg
サワガニがおった

P9302119.jpg
石垣が残っている

P9302120.jpg
尾根を上がる

P9302123.jpg
尾根を上がる

P9302125.jpg
頂上へ

P9302129.jpg
本丸①

P9302130.jpg
本丸②

P9302133.jpg
西の曲輪

P9302134.jpg
堀切

P9302136.jpg
雪隠屋敷

P9302138.jpg
雪隠屋敷から下って行く

PA012155.jpg
縄張図
2017.10.10 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ちょっと前に野鳥の下見に来ていたオジサンに出会ったことがあった。
ひょっとしたらと思い出かけたが林道が崩れて通行止め、仕方がない迂回路を進むと車一台がやっと通れるくらいの狭い道ですれちがいは出来ない。

たまたま対向車と出くわしてしまったが何とか乗り切った。野鳥を探してブラブラ行くと食料に
なる柿、栗、銀杏や丁度食べごろのアケビがまだ野鳥に食べられないで残っていた。
これを採って土産としよう。

他にもまだあるかもしれないと探しながら先へ行く。野鳥はどうなったかといえば、カラスが
カァカァ鳴いていただけで水鳥もいなかったが、初めからそんなに期待もしていなかったからガッカリもしない。
松野湖から恵那山を眺めて帰る。

PA012197.jpg
松野湖一周7.4キロ

PA012160.jpg
ツマグロヒョウモン

PA012200.jpg
トンボ①

PA012175.jpg
トンボ②

PA012180.jpg
アケビ

P9292059.jpg
ギンナン

PA012196.jpg
草紅葉が始まっていた

PA012176.jpg
松野湖は渇水状態
2017.10.07 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鬼岩公園から水路を遡って松野湖まで行ってみよう。紅葉の季節でもないので
観光客も来ないようで廃屋を解体中の関係者がいただけ。

広さ30畳くらいの展望岩に出ると鬼岩温泉が小さく見えてくる。高い所から見下ろすのは気分の良いもので休憩するにはピッタリの場所だ。

臼岩、蓮華岩など眺めながら上がって行って岩の中を覗くと何やら黒い物が見える。薄暗くて分からなかったがコウモリが一匹ブラ下がっていてこれは珍しい。
モタついているうちにシャッターチャンスを逃がしてしまった。

水路に出た所から川沿いに上がって行くと放水設備の建物から水が勢いよく流れ落ちていた。すぐ上が松野湖、今はシーンとして静か。

野鳥の下見に来ていたオジサンと出会って「ベニマシコを見たことがありますよ」
「今年はまだ早いようで」いい撮影機材だなぁ、なんて思いながら戻った。
鬼岩温泉ではマツタケ料理が食べれるし、日帰り入浴もできるがこれは今度の
楽しみにとっておこう。


P9041524.jpg
放水水路に沿って上がって行く

P9041533.jpg
展望岩から鬼岩温泉

P9041549.jpg
臼岩

P9041548.jpg
臼岩の裏に廻りこむ

P9041552.jpg
蓮華岩

P9041556.jpg
階段を下りて行くと

P9041558.jpg
水路に出る

P9041563.jpg
川沿いに上流へ

P9041569.jpg
勢いよく水が流れ落ちていた

P9292106.jpg
終点の松野湖
2017.10.03 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
馬籠宿は観光客で大変だろうと思い、南木曽駅に出ると人も少なくてこれなら
のんびり歩ける。中山道に出たらすぐ先にSLが見える。

南木曽駅にはSLが通っていたが、中央線が電化されて使われなくなったデゴイチが保存されていた。これが昭和48年の話。この際、機関室まで上がり黒光りした機械をすみからすみまで飽きるくらい眺める。

線路の先がどうなっているのか、しばらく線路跡を探してみたが何十年かでほとんどヤブだ。一旦国道に出てみたがどうも分からない、線路の跡には民家が建っていたり、畑になっていた所もある。

こんなことをしていたらもう妻籠宿まで何キロか歩く気もなくなって中山道の方へ
上がって行くと南木曽岳がデカイ。
かぶと観音という所に出て「巴御前の袖振りの松」「義仲腰掛石」などを見物した
だけでSL公園へ戻った。

P9011414.jpg
南木曽町

P9011454.jpg
D51型蒸気機関車が保存されていた

P9011386.jpg
D51型蒸気機関車

P9011397.jpg
動輪

P9011391.jpg
機関室①

P9011389.jpg
機関室②

P9011451.jpg
今にも動き出しそう

P9011435.jpg
妻籠宿へは2.5キロ

P9011438.jpg
木曽義仲公ゆかりの「かぶと観音」

P9011447.jpg
SL公園へ戻って行く

P9011427.jpg
南木曽岳
2017.09.29 Fri l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
オオキツネノカミソリを見に行った帰りに「武田勝頼ゆかりの武節城址」の看板を見ていつか歩いてみようと思いながら帰った。
道の駅「どんぐりの湯いなぶ」で腹ごしらえをして、もしかすると武田勝頼もこの道を歩いたかもしれないなんて思いながら上がって行くと凹地に外曲輪らしい所がある
ので下って行って見に行く。

空堀、蔵屋敷跡を過ぎると本丸だ。たいして歩かなくても着いてしまう。反対側から
車道が通じていて楽に来れるが、上がって来た道は昔の雰囲気が残っていて地形も分かってこっちの道でよかったなあと。

構造はいくつもの外曲輪に囲まれた本丸、二の丸、三の丸。本丸の上の小高い所は物見台や狼煙台があったところで見晴らしの良い所だ。今は八幡神社が祀られていた。
長篠の合戦で織田、徳川連合軍に敗れた武田勝頼が段戸山を越えて武節城に
入り、一泊して信濃へ向かったと云われている。
次は長篠城へ行かなくては、こう考えてくるとケッコウ楽しい。


P9031519.jpg
黒田川から武節城址

P8271288.jpg
武節城址へ

P9031507.jpg
外曲輪

P9031510.jpg
本丸へ上がって行く

P9031496.jpg
空堀を上がると蔵屋敷跡

P9031493.jpg
武節城址碑

P8271309.jpg
物見台から本丸跡

P8271312.jpg
八幡神社

P8271313.jpg
稲武の町並み

P9031489.jpg
夏焼城ヶ山が近い
2017.09.16 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
陶史の森に寄ったらシラタマホシグサがそこら一面に咲いていて、これだけ見えれば大満足だ。
展望台で景色を眺めようとジュンサイの池から上がって行ったが方向を間違え、県道に出てしまって車がビュンビュン走っている。かなり遠回りになって大分時間を損したがまあいいか、たいしたことでもない。

展望台の手前に三角点があるので一応ここも見ておく。戻って山道を登り始めたころオジサンが下りて来て「大きなマムシがおったがいらんかね、三角形の頭をしたヤツ」

「どうするんですか」と聞くとこれがなんと「捕まえて飼っておく」「そうですか気をつけて下さいよ」と言って別れた。ショウチュウに漬けておいてグイッと飲むと体に効くそうだ。
マムシを捕まえたかどうかその後その人とは会ってないのでわからないが、
何時だったか三角形の頭をしたヤツを見かけたことがあった。
展望台の望遠鏡を覗くと霞んで岐阜城の天守も見える。これはその気になって見ないと分からないくらいだった。


P9081670.jpg
シラタマホシグサ

P9081689.jpg
ジュンサイの池に出ると

P9081691.jpg
サワギキョウ

P9081675.jpg
ショウジョウトンボ♂

P9081679.jpg
ショウジョトンボ♀

P9071642.jpg
三角点

P9081710.jpg
名駅方面

P9081712.jpg
白山

P9081714.jpg
屏風山

P9081705.jpg
どういうわけか展望台カマキリ
2017.09.12 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
観音堂から上がってみるとやや急な所もあるが、開けた所に出て下を覗くと
あれが夢窓国師が境内を眺めていたという座禅岩だろう、永保寺の境内が箱庭の
ようで絶景だ。
しばらく楽しんでもう少し上がって行くと修行道の看板があって、谷に向かって木に
トラロープが付けられている。初めから来た道を戻る気もないのでこれを下りて
行けば何とかなるだろうとドンドン下って行く。

途中オカシイナと思う所もあったが、この辺りだろうと見当をつけて斜面を上がると
三角点があった。
あとは明治古道を下りるだけで、ゴーという音が聞こえてきて虎渓トンネルから電車が飛び出してきた。あわててシャッターを押す。

茶店に出た所で散歩中の陶器屋さんと出会って「昔の雲水は野菜を積むリヤカーを引きながら歩いておったが今は現金だけで・・・・」一緒にビールを飲みたいのをグットこらえて帰る。

P7081317.jpg
虎渓山永保寺から長瀬山

P7081321.jpg
観音堂から上がって行く

P7081336.jpg
座禅岩から永保寺

P7081276.jpg
修行道の看板

P7081279.jpg
修行道を下って行くと

P7081285.jpg
虎渓トンネルの上あたりに出る

P7091376.jpgP7091378.jpg
三角点とお地蔵様

P7081298.jpg
明治古道を下る

P7081305.jpg
明治古道

P7081300.jpg
電車がやって来た

P7081373.jpg
茶店で五平餅を注文
2017.09.10 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
足もとが気になるが、湿地を覗いてみたらサギソウがいっぱいでサワヒヨドリも
咲いている。市の沢池ではチョウトンボがヒラヒラ飛んできて近くに止まってくれた。

運動としては少し物足らないし帰るには時間が大分ある、別に急ぐこともない。
以前来た時は山頂まで上がったので左の山道を行くことにしたが、クモの巣が多くてガマンだ。
三叉路から松野湖、鬼岩公園の方へ下るとプラスチック類や電化製品などが
そこらじゅうに散らかっている。ほとんど誰も来ないような所で、マナーを守るのは
誰が考えても分かりそうなものだが・・・。

鬼岩公園入口から高みに出ると「神の森」という所があって、蓮華岩の撮影ポイントに出た所で来た道を戻る。キャンプ場分岐から下って行くとその下に尾根が出てきて「分かった」キャンプ場跡に出てもいいし、出なくても一緒の所へ出るからどうってこともない。4時間かけて駐車場まで戻ってきた。


P8251283.jpg
オミナエシ

P8281339.jpg
サワヒヨドリ

P8281337.jpg
ワレモコウ

P8281347.jpg
サギソウ

P8251245.jpg
市の沢池に出ると

P8251259.jpg
チョウトンボ

P8251243.jpg
トンボの共食いだった

P8251272.jpg
鬼岩公園、松野湖へ通じている

P8281355.jpg
ノリウツギにチョウが来ていた

P8281366.jpg
神の森

P8281371.jpg
蓮華岩の撮影ポイント

P9041610.jpg
道の駅に住み着いているノラネコさん
2017.09.06 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top