中山道・津橋の近くに美佐野 津橋林道が通じていたのを思い出して、ブラブラ
歩いて行くと若者たちと出会った。「クリンソウが見られるのはここですか」知らなかったが個人の所有地にクリンソウが咲いているそうだ。

「よし一緒にいって見よう」林道から斜面を下って行くと白、ピンク、赤色のクリンソウが咲いていて、ようこそ地蔵洞園へ・・・の案内板がある。クリンソウが一面に咲いているのに誰もいなくてシーンとして静かすぎる。

「ありがとうございました 失礼します」若者たちと別れ峠に出たらドンドン下って行く。久しぶりに人家が見えてきて林道終点に出た。

距離3.1キロ、花は少なかったがマタタビの白い葉が目立つ所で、先輩がこの実を採って来てショウチュウに漬けておいたのを手土産にくれたことがあった。

また旅に出るくらい元気が出るらしいが、飲む気になれなくてそのうち捨ててしまった。今頃になってシマッタことをした。


P6040399.jpgP6040401.jpg
クリンソウ①

P6040400.jpg
クリンソウ②

P6040404.jpg
知る人ぞ知る地蔵洞園

P6040419.jpg
林道に戻るとマタタビの木が沢山生えている

P6040438.jpg
トキワツユクサ

P6040421.jpg
林道を下って行くと

P6040433.jpg
民家が見えてくる

P6040425.jpg
橋を渡ると林道の起点
2017.06.15 Thu l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
開山祭には参加できなかったがツアーを利用して上高地へ、天気も良かったからホットした。
フリータイムが4時間半あるので大正池で下車し、明神まで行ったらいちおう
上條嘉門次に敬意を表してイワナの塩焼きを注文しようと計画を立てる。

河童橋まで来たら昔は上高地をブラブラしている人は少なかっただろうが、観光客がドッと来ていて河童橋から見る穂高が定番の撮影ポイント、いつ見ても素晴らしい。

高山植物や野鳥を探しながら歩いて行く。嘉門次小屋で腹ごしらえするハズだったが、20分以上の待ち時間だったので先へ行く。バスターミナルへ戻り、まだ時間が
あれば食べるし、なければ食べないだけのことだ。

まだやりたい事があって、探してみてもなかなか見つからなかったが、ついに
ミドリニリンソウを見つける。たった2輪咲いていた。見つかって良かった。ピンクが入ったニリンソウやサンカヨウも咲いている。もっと見て廻りたかったが、バスの出発まで時間が無かった。
ゴールデンウイーク中、北アでも遭難者が出た。原因は何だったのか、やっぱり山は恐いのかなあ。

P5210001.jpg
大正池から焼岳

P5210016.jpg
田代湿原

P5210032.jpg
ウエストン碑を過ぎると六百山、三本槍、霞沢岳

P5210045.jpg
河童橋が見えてきた

P5210051.jpg
河童橋から穂高方面 

P5210054.jpg
左からジャンダルム、ロバの耳、奥穂高岳

P5210055.jpg
梓川右岸から岳沢

P5210092.jpgP5210100.jpg
嘉門次の碑   生け簀を覗くとイワナ

P5210104.jpg
嘉門次小屋

P5210102.jpg
囲炉裏部屋にウエストンから贈られたピッケルと嘉門次の猟銃

P5210113.jpg
明神橋から明神岳

P5210122.jpg
ミドリニリンソウを見つけた

P5210127.jpg
ピンクが入ったニリンソウ

P5210139.jpg
明神館

P5210145.jpg
サンカヨウ

P5210154.jpg
西穂高岳だろうか、梓川左岸を歩く

P5210163.jpg
サルの親子が楽しそうだった
2017.06.08 Thu l 散歩 l コメント (4) トラックバック (0) l top
定林寺湖へ下りて行くと「ペトログラフ」の看板があってどんな所か見に行く。
何やら不思議な形をした岩だった。
モウセンゴケが花をつけていたり、同じ所にヤマトキソウも咲いている。どちらも小さくて1センチもないくらい。

芝生広場に出ると東屋もあるので休憩するのにピッタリの場所で、周りに
ナンジャモンジャの木が沢山生えている。(花は終わっていた)ここからコースを外れ南の山道を下って行くとちょっとしたヤブで、あやめ池とつながっていた。

見慣れた景色だから飽きてくるかもしれないが、ギフチョウがフワフワ飛んでいる。
もう少し先に頂上に出られる道があって三角点もあるが、登山口を見ただけで登ってやろうという気力がなかった。
上がって行くと駐車場、傾斜もゆるくて軽い3時間のウォーキングコースだ。歩くなら
まだ知らない道を歩いた方が面白そう。

P5290197.jpg
ペトログラフを見に行く

P5290196.jpg
大きな岩がゴロゴロしていた

P5290275.jpg
モウセンゴケに花が咲いている

P5290200.jpg
モウセンゴケ

P5310288.jpg
ヤマトキソウ

P5290225.jpg
芝生広場で一休み

P5290230.jpg
芝生広場から下って行くと

P5290216.jpg
アヤメ池

P5150382.jpg
ギフチョウ

P5290264.jpg
タツナミソウ
2017.06.04 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
去年は見逃がしてしまったので今年こそはと根ノ上高原へ出かけた。
シロヤシオの白い花が咲いていてキレイだったが、来るのが少し遅かったかな。
内親王愛子様のお印になっている花だ。

時間はまだ早いので保古の湖周回コースを歩いて元の場所に戻る。ついでに湿地も見てみよう。ミズバショウの群生地を通り抜けて根ノ上湖まで行ってみたが何もない。

この後シロヤシオ渓谷も気になってしかたがないので、下って行くとゴウゴウという沢の音が聞こえてきて涼しい。しばらくの間は道が通じていたが徐々にあやしくなって
くる。
木の太いのがある所では腐っていてズブッとはまってしまった。この渓谷には
シロヤシオの名前が付いているが、周りにはシロヤシオは無くて薄暗い所だった。

保古の湖に貸ボート屋さんがあったが係の少年を見かけただけで、だあれもいなくてケッコウ高い。他にすることも無くなったので戻ることにした。


P5180398.jpg
シロヤシオの群生地へ入って行く

P5180396.jpg
シロヤシオがチラホラ咲いていた

P5180408.jpg
保古の湖周回コースを歩く

P5180417.jpg
保古の湖の貸ボート屋さん

P5180425.jpg
湿地へ入って行くと

P5180421.jpg
ミズバショウが群生していたが花は終わっていた

P5220184.jpg
シロヤシオ渓谷を下る

P5220183.jpg
対岸へ渡る

P5220178.jpg
シロヤシオ渓谷

P5220179.jpg
シロヤシオ渓谷  
2017.05.28 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
道の駅に寄ったら満車で車が入らないので小里川小橋を渡って遊歩道へ入って行く。丁度シャクナゲが咲いていて、その先にだだっ広い所がある。案内板を見ると
ダム建設用の岩を砕いた原石山跡地だった。

これだけ広いとヘリポート基地にはピッタリ。昔は人が住んでいたそうだがダム湖に沈んだ家屋も何軒かあった所だ。

山側に上がるとチゴユリの群生地があって、ゲンノショウコも一株見つけた。ダラッとした峠みたいな所から下って行くとダム湖管理道路の工事現場に出て、カンカンと
いう音が聞こえてくる。オジサン連中も何人かいた。

道の駅まで遊歩道が続いているのでもう少し先まで行ってみる。帰りの急な階段を
上がるのはキツそうなので右の斜面を上がることにした。少し遠回りになるが、
この道の方が楽に峠に出られカンは鈍っていないようだ。

道の駅では観光客がのんびりくつろいでいるだけで、遊歩道を歩くような人は誰も
いない。おかげで静かな山歩きを楽しめた。


P5100313.jpg
小里川小橋

P5100301.jpg
西洋シャクナゲ①

P5100306.jpg
西洋シャクナゲ②

P5100310.jpg
西洋シャクナゲ③

P5100299.jpg
カメムシの種類だろうか

P5110320.jpg
ヘリポート基地を過ぎると

P5100288.jpg
旧水力発電水路が残っていた

P5110322.jpg
チゴユリの群生地

P5100282.jpg
チゴユリ

P5110328.jpg
ゲンノショウコ

P5110324.jpg
峠を越えて下って行く
2017.05.20 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
そろそろミカワバイケイソウが咲いているんじゃないかと竜吟の森へ見に行った。駐車場まで通行止めだったので古墳に寄り道しながらトコトコ歩いて、森へ入って
すぐの所にクリンソウが十数本咲いていた。あい変らずの姿だ。

クリンソウがそこら一面に咲いていたのは北沢峠だったが、辺りを良く見ないで歩き始めたようで、山から下りてきて初めて気がついた。

高山植物のイメージだからこんな近くで見られるとは思ってもいなくて高山へ
行った気分になれる。頂上まで行くのはめんどうになってミカワバイケイソウの
群生地まで行くことにした。

コバイケイソウに似ているが、環境省レッドリストに指定されていて東海地方の湿地で見られる。足もとに気をつけて歩かないと。

不動川に下って行くとヤマブキ、フジの花が咲いていて見て廻る。管理人さんから
オオルリやカワセミが見られると聞いていたが、収穫はコゲラだけだ。

P5120329.jpg
クリンソウ①

P5120330.jpg
クリンソウ②

P5120334.jpg
ミカワバイケイソウ

P5120338.jpg
ミカワバイケイソウ

P5060211.jpg
不動川へ下りると

P5060212.jpg
シロヤマブキ

P5060225.jpg
フジの花が満開

P5060230.jpg
大柄なネコがこっちをニラんでおった

DSCN5988.jpg
本日はコゲラ
2017.05.16 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝から上天気で、あい変らずあやめ池の方へブラブラ歩いて園戸池を一周する。
山道を見つけたので上がって行くと来たことがあるキャンプ場跡だった。

園戸池まで戻ってきたら、ギフチョウが羽を広げて止まっていた。途中で何匹も
みかけた、ここはギフチョウが多い所のようだ。

チョウもトンボも出てきていい季節になったが、ブヨも出てきて困る。
顔にまとわりついて手でバタバタやって歩く。水後山で一休みしていたら、たまに
眼の中へ飛び込んできたのもいた。まったくイヤな虫だ。

三国山、愛岐三山を眺めながら下って行くと御嶽山が噴煙を上げているのが見える。あれからどのくらい経ったろうか、どんな花がさいているか。

そうだコマクサが咲いていたなぁ。五の池小屋で一泊するのも悪くないし、そろそろ
出かけたい。


P4280029.jpg
あやめ池

P4280008.jpg
園戸池に出て一周する

P4280017.jpg
途中で山道を上がって行く

P4280021.jpg
左に行くと鬼岩公園・松の湖に出られる

P4280023.jpg
キャンプ場跡から

P4280024.jpg
林の斜面を下る

P4280027.jpg
ギフチョウがミツバツツジの蜜を吸いに来ていた

DSCN5966.jpg
変わった姿のキバネツノトンボ

P4300090.jpg
イトトンボ
2017.05.09 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 陶史の森へ行ってみたらミツガシワ、ハルリンドウが咲いていたくらいで期待ハズレ。
展望台へ上がったら御嶽山、白山が良く見えるだろうと中電の巡視路を上がり、鉄塔の下に出たらギフチョウがフワフワ飛んできて止まってくれた。

小さなのも一緒で子供かな?近くで見るのは初めてのことで、この道で良かったなぁと。まだその辺にいるんじゃないかとギフチョウ探しをしばらくやったが、チャンスは
一度だけだった。上がって行く途中でチゴユリを見つけた。

あきらめて展望台まで上がって来たら中アは雲に隠されて見えなかったが白山、
御嶽山にはまだ残雪がタップリあって、コウヤミズキが咲いていたり、ヤブの中ではホーホケキョと賑やかな鳴き声が聞こえてくるが、どこにいるのか。

やっと見つけたがかなり遠くてハッキリしない。山から下りてきて沢を覗くと
オタマジャクシが動いている。ツメくらいの大きさで小さい。元気で大人になってくれよ。


P4200866.jpg
ミツガシワ

P4270964.jpg
中電の巡視路を上がり鉄塔に出ると

DSCN5894.jpg
ギフチョウ

DSCN5895.jpg
ギフチョウ

P4270966.jpg
チゴユリが沢山咲いていた

P4270970.jpg
展望台へ上がって行く

P4200792.jpg
コウヤミズキ

P4270979.jpg
屏風連山の向こうに恵那山の山頂部

DSCN5930.jpg
白山

DSCN5932.jpg
御嶽山

hokekyo.jpg
ウグイス トリミング処理
2017.04.28 Fri l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ニリンソウが咲いていたのは上高地だったが、鳩吹山の近くにも群生地がある。小雨が降っていたけれどボヤボヤしていられないと出かけた。

遊歩道へ入って行くとシキミが花をつけていたり、カタクリも咲いている。ニリンソウの原が
見えてきてお久しぶり、明るい感じの白だ。キクザキイチゲも咲いている。

これだけ見えれば十分で、そろそろ終わりにして川中美幸を聞きながら一杯やろうか。
戻って来たら今ごろ雨があがってきた。

初めて来たオバサマ方と出会って「こんにちは いっぱい咲いてて綺麗だったよ」「どうもご親切にありがとうございました」
わざわざ上高地まで行かなくても楽しめるが、今ごろ穂高はどうなっているか気になる、行ってみようか。

P4090562.jpg
キクザキイチゲ

P4080544.jpg
ニリンソウの群落

P4080547.jpg
ニリンソウ①

P4090563.jpg
ニリンソウ②

P4090582.jpg
可児川左岸の遊歩道

P4090583.jpgP4090556.jpg
カタクリとシキミの花
P4090576.jpg
ヤマブキ
2017.04.16 Sun l 散歩 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ブラッと黒岩林道を上がってみたら、ショウジョウバカマがそこらじゅうに咲いている。ほとんどピンク色だが中には白い色もあって、普通のショウジョウバカマより花もキレイな感じだ。
5月にはワラビ採りに行く人がいるが今はだあれもいない。以前来たことがある
三角点まで行ってみた。東南方向が開けているが、木が育ってしまって見通しはきかなかった。
先を見ると頂上から南へ踏み跡がハッキリついている。尾根を外さなければ問題
ないだろう。
ズンズン下りて行くとそのうち踏み跡も無くなって、いくら下ってもヤブばかりで何も無いが、誰か来たことがあるようで捨てて行ったビンが散らかっている。

やめてもらいたいが、せめて人目につかない藪のかげにお願いしたい。広い道に
出て下った所で、沢沿いにまっすぐ進むと来たことがある林道に出た。これが
東谷林道だな。分かったと納得する。

P3230259.jpg
ショウジョウバカマ

P3230260.jpg
蕾も色づいている

P3230262.jpg
白いショウジョウバカマも咲いている

P3240291.jpg
アセビ

P3220244.jpg
山道を上がると頂上への指導票

P3220248.jpg
三角点に来た

P3220250.jpg
頂上から踏み跡がつけられている

P3220251.jpg
しばらく歩けそうな尾根を下った
2017.04.12 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top