林道山添線を歩いてみたいから行こうを誘ってくれた。イノシシらしい足跡が残っていて
三叉路から左に山道へ入って行く。倒木が多い荒れた道で、これをヨイショとまたいだり
くぐったりしておかしいなという所が出てくる。
1万1千分の1の地図はデタラメではないが、ほとんど廃道だ。あと何年かすれば元の山に戻ってしまいそう。そろそろ県境を越えたろうか、地図か役にたたないとなると後はカンが
頼りで今どこにいるのか見当がつかない。

尾根に上がってみても見通しはきかないが、沢が出てきて「オーイこっち」うまくいった時は
楽しい。カンは鈍っていないようでドンドン下りて行ったら林道終点、R13に出てホットする。

豊田市藤岡地区から峠を越えてR363に出たら三国山が近くに見える。次は三国山にしようと決まった。地図を確認して最後の目的地・カラフト池を見に行く。
長く感じたが3時間半くらいですんでしまった。後は温泉へ向かうだけで、コラーゲン入りの
初春のぽかぽか大根の湯だ。

_2030247.jpg_2030249.jpg
林道山添線へ入って行く

_2030260.jpg
倒木を越えて奥へ進む

_2030268.jpg
イノシシの足跡だろうかそこらじゅうに残っていた

_2030262.jpg
天然の池で人臭さはまったくない

_2030267.jpg
沢沿いに林道を下ると

_2030269.jpg
林道終点

_2030270.jpg
林道終点の馬頭観音

_2030271.jpg
豊田市藤岡町に出る

_2030279.jpg
三国山が近い

_2030281_1.jpg
カラフト池
2018.02.18 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2月の観察調査会に同行させてもらった。面白い名前で、これがどこにあるのか名前も聞いたこともなくて後をついて行く。ここへ来た人はほとんどいないだろうというくらいの場所で、周りを笹薮や林に囲まれたちょっとした湿地だ。

道路からヤブの道を通って下りて行って湿地にでたら凍りついているからあまり
水びたしにならなくて助かる。2時間ばかり草を刈ったりしてスッカリ綺麗になって
皆さん楽しそうだ。タコノアシを見られる所は県下でも少なくてこれは貴重な植物
だと分かった。
湿地のすぐ上に遊歩道が通じていて、タコノアシ湿地とはまったく関係ない人達が
ノンビリ散歩していた。桜が咲く頃にこの道を歩いてみたいものだ。
ありがとうございました。

_2080288.jpg
準備して湿地に向かう

_2080290.jpg
タコノアシ湿地へ入って行く

_2080294.jpg
今のタコノアシ湿地

_2080295.jpg
整備中の皆さん

_2080298.jpg
タコノアシ湿地

P2080304.jpg
凍りついた湿地のタコノアシ

_2080306.jpg
ネコヤナギが膨らんでいた

_2080287.jpg
遊歩道を散歩中
2018.02.15 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
嵐山は収穫ゼロという日がなくて楽しい所だ。こんな近い所にクマなんかおるはずがないと思うが、チリチリと音がして鈴をブラ下げて散歩している人がいる。
「おはようございます」
何年か前に白山白川郷ホワイトロードを走っていたら子供のクマに出くわしたことがあって、相手も驚いたらしく道路を横切って山の中へ逃げて行ってしまった。
シャッターを押す間も無いくらいの速さで、後ろ姿を見ただけ。

歩いていたらちょっと大きめの鳥が来ていた。覗いてみたらシロハラだ。同じ所で良く似た鳥を見つけたことがあったが、名前が分からなくてその後調べたらイソヒヨドリだと分かった。
今日はベニマシコが相当多い。いったん川を離れて少し山側の道を上がってみた。下りて来る途中でカワセミが飛んできて対岸の枝に止まった。
そうしょっちゅう出会える鳥でもないし、これはもうけものだと思ったがすぐ飛んで
行ってしまって証拠写真程度で惜しかった。


DSCN4011.jpg
シロハラ

DSCN3551.jpg
ベニマシコ♀

DSCN4278.jpg
ベニマシコ♂

DSCN4086.jpg
カワセミ

DSCN4113.jpg
ジョウビタキ

DSCN3945.jpg
チュウサギ

DSCN3899.jpg
チュウサギ トリミング処理
2018.02.11 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
清州城の次は信行の末森城を計画してみよう。信長に謀殺されたと云われ、
その後廃城となったが行ってみないとどんな所か分らない。

鳥居をくぐり上がって行く。もとは本丸だった広い駐車場に日の出遥拝所があって
東山スカイタワーが見える。北側の城山八幡宮がⅡ郭だった所で、ケッコウ参拝者が多かった。水みくじの恋占い、縁結びのパワースポット。境内にロウバイが咲いていてキレイ。
左の道を通って下りて行くと深さ7mもあるという横堀が残っていて入って行ける。
人が来るような所でもないし、他にだあれもいない。Ⅱ郭の横堀も見たかったが、
金網で囲まれ神域なので立ち入ることは出来なかった。

西の二の丸跡に来たら昭和4年に建てられた「旧昭和塾堂」というのがあって、ここも立入り禁止となっている。むかしの城跡には末森城址碑があるだけだ。2時間ばかり歩き廻ってから下りる。
平成28年に「東海百城」が決まったが、こんなペースではとても廻りきれない。

_1300234.jpg
場所は名古屋市千種区城山町 

_1300187_1.jpg
境内案内図

_1300188.jpg
末森城址碑
_1300240.jpg
本丸跡から東山スカイタワー



_1300199.jpg
本丸跡

_1300246.jpg
城山八幡宮

P1300211_1.jpg
ロウバイ

_1300198.jpg
本丸跡の横堀

_1300222_1.jpg
二の丸跡の旧昭和塾堂
2018.02.07 Wed l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
1万1千分の1の地図があるので、これを見ながらこの林道を行ってその先を
右へとワイワイ言いながら3,4時間くらいのコースを適当に考えて、時どきこっちの方が面白そうだ。
正福寺から入って細野城址を見たら後は県境まで1.5キロばかり上がって行って
豊田市小原地区に入る予定だったが、現場に行ってみたら雨や雪で崩れて道が消えて無くなって新しい林道が出来ている。
出発前に地元の人が昔は行けたらしいと言っていたのを期待していたが、まったく
わからない。昔の道がそのまま残っているはずがないよなあ。
おかしいと思いながらしばらく道を探して歩き廻ったが、どこも行き止まりだ。

こんな所でモタついていたらいつまでたっても小原地区に入れない。もう先へ行けないし、その気も無くなってついに諦めるが、どう考えてもおかしい。細野城址を見た
だけで終わった。
_1280151.jpg
正福寺の手前に武者塚

_1280155.jpg
肥田川源流に寄り道して

_1280159.jpg
尾根を上がって行く

_1280161.jpg
岩にタガネ痕が残っている

_1280165.jpg
細野城へ下りて行く

_1280169.jpg
搦手曲輪が出てくると

_1280172.jpg
細野城址

_1280176.jpg
細野城址から三国山

_1280182.jpg
馬頭観音
2018.02.04 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
登山口で待合わせていたら、天気もいいから屏風山はやめて茶臼山高原へ
行こうと言う。よし行こう。
R46を茶臼山高原へ向かうと雪がベッタリ積もっていて慎重に進む。
案内板から右へ行くのだが、手前で通行止だ。ここからほんの1キロ、展望所まで
上がって行く途中、アイゼンの用意が無かったので一度ツルリとやってしまった。

恵那山、大川入山そして北岳から聖岳と南アルプスがズラリと並んで眺めは素晴らしい。これだけ見えれば大満足で正解だった。しばらく飽きるくらい眺めていた。

茶臼山は気が向いたら登ってもいいが初めから目的でもないし、風が出てきて冷たくてそろそろ帰ろう。南アの山は登りがキツイので問題は体力、頂上に立てるかどうかわからないが今年こそ聖岳に行きたいなあ。
下りて行くと親子ずれのジムニーが上がって来た。どうなっているのか、通行止の
脇を強引に入って来たらしい。そこまでは考えなかったと笑う。


_1270149.jpg
R46を茶臼山高原へ

_1270100.jpg
茶臼山高原の手前で通行止め

_1270099.jpg
ここから歩いて行く

_1270105.jpg
風もなくて上天気

_1270104.jpg
冬眠中のハズだが、熊の足跡だろうか

_1270117.jpg
全面凍結した茶臼湖

_1270138.jpg
展望所にやって来た

_1270139.jpg
恵那山、大川入山

_1270130.jpg
荒川岳、赤石岳、兎岳、聖岳

_1270128.jpg
左から北岳、間の岳、農鳥岳、塩見岳

_1270135_1.jpg
茶臼山
2018.02.01 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年になって初めて2時間くらい下石地区まで歩いた。堤防道路は高校生が
通学路で使っているので平日は止めておいた方が良さそう。

10分程行った所でイソシギ、エナガが来ていた。ついでにカワセミも来てくれたら
いいのだが、なんて思いながら歩いて行く。
野鳥探しはずい分やってだんだん見慣れてきた。3羽見つけた。今日はいい日
だった。
この辺りはツグミも沢山来ていた所だったが、ヒヨドリばっかり目立ってオーイあっちへ行けと言いたくなる。今年はどうしたんだろう。
帰りに床屋へ行ったら店主が撮った山の写真が飾ってあって、山好きの人には
こんな所へ行きたいなあというくらいいい写真だった。店名が変わって1人でやって
いるので大分待たされたがスッキリして帰宅。

DSCN3763.jpg
丸山、妻木川

DSCN3630.jpg
イソシギ

DSCN2670.jpg
エナガ

DSCN2299.jpg
カワセミ

DSCN3704.jpg
民家の塀にイソヒヨドリ 
2018.01.28 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
なかなか行ってみようという気にならなかったが、こんなことではダメで場所は
愛知県清須市、1時間半くらいドライブする。
当時の清州城は南北2.7キロ、東西1.5キロという広さだったらしいが東海道線、新幹線で寸断されてしまって今は線路の脇の小さな公園に城址碑が置かれている
だけで信長公もお濃の方もビックリ。

しばらく公園をうろついて天守閣へ入って行く。入場料は大人300円/子供150円。高島礼子や石坂浩二などの有名人も訪れていて思っていたより楽しめる。

大河ドラマ「おんな城主直虎」にも登場した市川海老蔵の信長は何とも云えないくらいの迫力でさすが、安部サダヲの家康も良かった。
お濃の方も出ていた?と思うが、どんな女性だったのか興味深いが資料が少ない
ので想像するのは難しい。ますます知りたくなる。
そんなに大げさなことでもないが、やっと清州城へ行った。帰りがけに弟・信行の
末森城にも寄ってみた。いつかゆっくり見物しよう。

P1240030.jpg
城内に入って行くと早咲きの桜

_1240020.jpg
現在の天守閣は平成元年に建てられたもの

_1240022.jpg
信長公を祀るお社

_1240023.jpg_1240024.jpg 
城址碑と右大臣織田信長公古城跡之碑

_1240013.jpg
信長公の銅像の側には

_1240016.jpg
濃姫像

_1240033.jpg
復元された石垣

_1240057.jpg
城と城下町も含め堀で囲まれた惣構え

_1240066.jpg
天守から五条川

_1240067.jpg
御嶽山、乗鞍岳方面

P1240078.jpg
新幹線がすぐ前を通過して行く

P1240082.jpg
東海道線
2018.01.25 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
トレーニングにもなるし、天気も良くて若人の丘へ出かけた。芝生広場から下りて行ってあやめ池、園戸池に出る。
園戸池あたりから山側に踏み跡を見つけて面白そうだからこれを上へ。あまりきついのはやりたくないが、ヤブも無くて気持ちのいい尾根だ。

しばらく行くとゴルフ場が見える所に出て近くまで行ってみる。どうやらゴルフ場に
迷い込んだらしい、来た道を戻る気はないので少し気になるが次月峠に架かって
 いる橋を渡ってゴルフ場を通り抜けることにした。

白山が大きく見え綺麗で大モウケ。ここから駐車場まで戻るとかなり遠まわりになるので、道の駅から近道を通って行く方法を思い出した。
このルートは以前やったことがあって、強引に入って行けばいいだけのことで時間も稼げる。今日は見たことがない野鳥が来ていた。シロハラに似ているが全体が青っぽいから違うようだ。

DSCN2391.jpg
芝生広場から下りて行く

P1200001.jpg
湿地でモウセンゴケを発見

P1190165.jpg
園戸池北の造林地

P1190175.jpg
踏み跡がある

DSCN2397.jpg
明るい尾根を上がって行く

_1190172.jpg
国道21号を渡り

DSCN2409.jpg
ゴルフ場を見ながら通り抜ける

DSCN2430.jpg
白山

DSCN2835.jpg
ジョウビタキ

DSCN2920.jpg
名前が分からない野鳥さん

DSCN1732.jpg
アオゲラ
2018.01.21 Sun l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大須ヶ洞川に沿って2キロばかり遡るつもりで、どんな野鳥に出会えるか。
ジョギング中の人「カワセミが上へ行ったよ」「あーそうですか」よしカワセミを
ねらおう。初めからそんなに期待していなかったが、岩の上に止まっていた。
あまり突然だったのでモタモタしているうちに見失ってしまった。

ため池まで来たらホシハジロ、キンクロハジロがノンビリ休んでいる、チィッチィッと
いう鳴き声が聞こえてきて近くでエナガが飛び廻っていた。
急に下りてきて、小さくて落ち着きのない鳥でここかと思ったらもうあちらへ、
しばらくねばっていたがヤケクソでシャッターを押した。まあ良くやったよ。

水量が少ないので、上流では池まで下りられる。その上にも山道があって、ガサガサと音がするので見るとキジが歩いていた。気付かれると逃げられてしまうから
気をつけて後をつけて行く。
だんだん見慣れてきて又シジュウカラか。こんなことではいつまで経っても帰れないし、腹も減ってきて探してみようという気にならない。いい加減にして引き返した。

_C210449.jpg
東海環状自動車道をくぐると

_C210457.jpg
ため池に出る

DSCN0968.jpg
キンクロハジロ

DSCN1401.jpg
ホシハジロ

DSCN3022.jpg
エナガ

シラン


DSCN1311.jpg
シジュウカラ
2018.01.18 Thu l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top