酒肴は何にしようかと探していたら「ハマグリの串焼き」が載っていた。
これは旨いに違いない、作ってみよう。

蛤と言えば桑名「その手は桑名の焼き蛤」とむかしから焼きハマグリが名物だった。弥次さん喜多さんも食べたかもしれない。

ハマグリを茹でて殻から外し串に刺す。フライパンに水、砂糖、醤油、酒、ミリンを
入れて煮詰め、泡が立ってきたらハマグリを入れる。
仕上げにオロシショウガを加えさっと焼く。うんなかなか美味しい。

とにかく何でも美味ければいいだけのことでこれは簡単だった。考えてみれば
わざわざ串に刺さなくても味は変わらない。

P3280316.jpg  
2017.05.24 Wed l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
道の駅に寄ったら満車で車が入らないので小里川小橋を渡って遊歩道へ入って行く。丁度シャクナゲが咲いていて、その先にだだっ広い所がある。案内板を見ると
ダム建設用の岩を砕いた原石山跡地だった。

これだけ広いとヘリポート基地にはピッタリ。昔は人が住んでいたそうだがダム湖に沈んだ家屋も何軒かあった所だ。

山側に上がるとチゴユリの群生地があって、ゲンノショウコも一株見つけた。ダラッとした峠みたいな所から下って行くとダム湖管理道路の工事現場に出て、カンカンと
いう音が聞こえてくる。オジサン連中も何人かいた。

道の駅まで遊歩道が続いているのでもう少し先まで行ってみる。帰りの急な階段を
上がるのはキツそうなので右の斜面を上がることにした。少し遠回りになるが、
この道の方が楽に峠に出られカンは鈍っていないようだ。

道の駅では観光客がのんびりくつろいでいるだけで、遊歩道を歩くような人は誰も
いない。おかげで静かな山歩きを楽しめた。


P5100313.jpg
小里川小橋

P5100301.jpg
西洋シャクナゲ①

P5100306.jpg
西洋シャクナゲ②

P5100310.jpg
西洋シャクナゲ③

P5100299.jpg
カメムシの種類だろうか

P5110320.jpg
ヘリポート基地を過ぎると

P5100288.jpg
旧水力発電水路が残っていた

P5110322.jpg
チゴユリの群生地

P5100282.jpg
チゴユリ

P5110328.jpg
ゲンノショウコ

P5110324.jpg
峠を越えて下って行く
2017.05.20 Sat l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
そろそろミカワバイケイソウが咲いているんじゃないかと竜吟の森へ見に行った。駐車場まで通行止めだったので古墳に寄り道しながらトコトコ歩いて、森へ入って
すぐの所にクリンソウが十数本咲いていた。あい変らずの姿だ。

クリンソウがそこら一面に咲いていたのは北沢峠だったが、辺りを良く見ないで歩き始めたようで、山から下りてきて初めて気がついた。

高山植物のイメージだからこんな近くで見られるとは思ってもいなくて高山へ
行った気分になれる。頂上まで行くのはめんどうになってミカワバイケイソウの
群生地まで行くことにした。

コバイケイソウに似ているが、環境省レッドリストに指定されていて東海地方の湿地で見られる。足もとに気をつけて歩かないと。

不動川に下って行くとヤマブキ、フジの花が咲いていて見て廻る。管理人さんから
オオルリやカワセミが見られると聞いていたが、収穫はコゲラだけだ。

P5120329.jpg
クリンソウ①

P5120330.jpg
クリンソウ②

P5120334.jpg
ミカワバイケイソウ

P5120338.jpg
ミカワバイケイソウ

P5060211.jpg
不動川へ下りると

P5060212.jpg
シロヤマブキ

P5060225.jpg
フジの花が満開

P5060230.jpg
大柄なネコがこっちをニラんでおった

DSCN5988.jpg
本日はコゲラ
2017.05.16 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小秀山は御嶽山に近い山で、一度見たいと思っていたけれどなかなか行けなかった。乙女渓谷キャンプ場から入って二の谷ルートを上がって行く。

シャクナゲは期待ハズレだったがアカヤシオ、バイカオウレン、タムシバが咲いていて、落差80mの夫婦滝は見ごたえがあった。やや急だが2キロくらいで遊歩道が
終わる。
コースタイムの2割増しとしても6時間もみておけば着くだろうが、出発が遅くなって
登山口に着いたのは8時と遅すぎる。
まだ歩きはじめだから疲れは感じないし順調に進んだが、夫婦滝から先はいきなり急な登りになって第一級の傾斜だ。

全部の登山者に追い抜かれながら、このペースだと頂上まで行くのは難しそうだ
なんて考えながら上がって行く。標高は1500mを超えたろうか、展望台が見えてきてここで昼食を摂って出直した方が良さそうだということになった。

「カモシカ渡りまで行って戻ろう」「またいつかこよう」下って行く途中で避難小屋で
一泊する登山者に出会った。名古屋の夜景まで見えるらしい。

最初からムリしないで小屋泊りにする計画を立てれば良かったのだが。登山口まで戻って来たら15時、かなり体力が落ちている。バテた。帰りに道の駅で赤カブ漬けを買って帰る。

P5020189.jpg
小秀山登山口

P5020186.jpg
二の谷ルートを行って三の谷ルートを下る予定

P5020184.jpg
乙女渓谷遊歩道

P5020095.jpg
渓谷沿いに上がって行く

P5020181.jpg
通称めんぱ淵

P5020099.jpg
名前の通りのねじれ滝

P5020101.jpg
和合の滝

P5020112.jpg
最初の避難小屋で一休み

P5020171.jpg
アカヤシオ

P5020144.jpg
バイカオウレン

P5020179.jpgP5020159.jpg
アカヤシオ  タムシバも咲いていた

P5020162.jpg
見上げると烏帽子岩

P5020148.jpg
夫婦滝

P5020126.jpg
遊歩道の終点から上がって行く

P5020133.jpg
傾斜がキツイ

P5020136.jpg
白山を眺めながら昼食

P5020137.jpg
小秀山まで2.8キロ地点 ほとんど垂直の難所だ が足場はある
2017.05.12 Fri l 登山 l コメント (2) トラックバック (0) l top
朝から上天気で、あい変らずあやめ池の方へブラブラ歩いて園戸池を一周する。
山道を見つけたので上がって行くと来たことがあるキャンプ場跡だった。

園戸池まで戻ってきたら、ギフチョウが羽を広げて止まっていた。途中で何匹も
みかけた、ここはギフチョウが多い所のようだ。

チョウもトンボも出てきていい季節になったが、ブヨも出てきて困る。
顔にまとわりついて手でバタバタやって歩く。水後山で一休みしていたら、たまに
眼の中へ飛び込んできたのもいた。まったくイヤな虫だ。

三国山、愛岐三山を眺めながら下って行くと御嶽山が噴煙を上げているのが見える。あれからどのくらい経ったろうか、どんな花がさいているか。

そうだコマクサが咲いていたなぁ。五の池小屋で一泊するのも悪くないし、そろそろ
出かけたい。


P4280029.jpg
あやめ池

P4280008.jpg
園戸池に出て一周する

P4280017.jpg
途中で山道を上がって行く

P4280021.jpg
左に行くと鬼岩公園・松の湖に出られる

P4280023.jpg
キャンプ場跡から

P4280024.jpg
林の斜面を下る

P4280027.jpg
ギフチョウがミツバツツジの蜜を吸いに来ていた

DSCN5966.jpg
変わった姿のキバネツノトンボ

P4300090.jpg
イトトンボ
2017.05.09 Tue l 散歩 l コメント (0) トラックバック (0) l top